2018年11月11日 (日)

椿の季節

13tsubaki

14tsubaki

赤い山茶花が咲いていた公園で、この白い椿にも出合いました。
小柄で花びらを半分開いた姿から、「白玉」のように見えました。
可憐で清楚な佇まいに、心が洗われる思いがしました。
お茶のお稽古に行ったとき、床には「白玉」が飾ってありました。

2018年11月 6日 (火)

吉祥草

11kichijousou

12kichijousou

紅紫色の花茎の周りに、淡い紅紫色の小花が咲き競うようになりました。
濃い色と花の淡い色との取り合わせの美しさに魅せられています。
顔を寄せてみると、厚めの花びらは反りかえり、その中から伸びた長い
シベはしなやかな踊り子の手のようにも見えます。
これが咲くと良いことが舞い込む…と言われるキチジョウソウ(吉祥草)と
いう花です。

2018年11月 3日 (土)

山茶花

09sazanka

10sazanka

公園の脇で、ピンクの山茶花が咲き誇っていました。
昼下がりの日差しの中で、まぶしげに微笑んでいました。
頬を横切る風は冷たく感じましたが、この笑顔に出合ったら
身体の奥まで温まる思いがしました。
山茶花は元気をいっぱいもらえる花ですね。

2018年10月29日 (月)

希望の空へ

07senbonyari

08senbonyari

日差しを浴びて銀白色に輝くセンボンヤリ(千本槍)の綿毛です。
ふわふわとした横顔にはすりすりしたい衝動に駆られます。
緑の苞に包まれていた閉鎖花ですが、晩秋を迎えて綿毛へと生まれ
変わり、いよいよ風に乗って未知の国へと旅立つときが来たようです。
大きな希望を抱いて、空高く飛んで行ってほしいです。

2018年10月26日 (金)

ツワブキ

05tsuwabuki

06tsuwabuki

晩秋を彩るツワブキの花が咲き出しました。
丸みのある花姿にはたいへん親しみを感じます。
彩りが少なくなった庭先に明かりを灯してくれています。
野生種は花びらが不ぞろいで、すこし見た目が悪い感じですが
これは園芸種で、葉に黄色い斑点があり、見栄えがしてお気に
入りの花です。

«マユミちゃん