2017年6月24日 (土)

風情ある花

19kitsuribune

20kitsuribune

この花を見る度に、口を大きく開けた妖怪のように思ってしまうのです。
口の中には赤い斑点があり、後ろには尻尾が伸びていて、いっそう異様に
見えてしまいます…(笑)
細い花茎に吊り下がった花は、ちょっとの風にもゆらゆらと揺れて小舟にも
見えることからツリブネ(吊り舟)、黄色い花なのでキツリブネと名づけられた
そうです。
その風情ある花模様から、茶花としても使われるようです。

2017年6月20日 (火)

楚々として

17utsubogusa

18utsubogusa

ウツボグサというと、あの鮮やかな紫色の花を思い起こしますが、これは
白花のウツボグサです。
楚々としたした佇まいに魅せられています。
花姿や群れて咲くところは同じですが、花付きがイマイチって感じです。
だいぶ前に友だちから一株いただいてきたものです。
自然の中では見たことがないので、園芸種として育成されたのでしょう。

2017年6月16日 (金)

采配蘭

15saihairan

16saihairan

たくさんの花が吊り下がるように咲いていました。
見た目にはあまり冴えない灰茶色の花です。
でも、ひとつの花を見ると黄色と紫に彩られた花が覗いていました。
昔、武将が使った采配の形に似ているので、采配蘭(サイハイラン)と
名づけられたようです。
山野草愛好家の間では、けっこう人気の高い花なそうです。

2017年6月11日 (日)

雪の妖精…

13yukinoshita

14yukinoshita

人知れず、庭の片隅でひっそりと咲いています。
寂しくはないのか…、陽気に空を飛び跳ねているようでした。
5枚の花びらのうち、小さい花びらには顔形の斑点が入っています。
清楚で可憐な花姿にはたいへん愛しさを感じてしまいます。
暑い季節を迎え、ユキノシタという涼しげな名前には和む思いがします。

2017年6月 8日 (木)

幻想的な美しさ

11rose

12rose

さわやかな青空に誘われて、薔薇園に行ってきました。
色とりどりの薔薇が咲き誇り、甘い香りが漂っていました。
一番気に入ったのが、このダブルライトという薔薇です。
花の中心から縁に向かって、乳白色から赤へと変化しているのです。
まるで明かりが入ったようで、幻想的な美しさに包まれていました。
この優美な花姿に魅せられ、しばし立ち去るのを忘れてしまうほどでした。

«異様な姿