« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

空よりも濃い花

27tsuyukusa_1_1
朝早く庭に出てみると、ひときわ鮮やかな青い花が目に入ってきました。
顔を寄せると、晴れ渡った空よりも濃い花びらに、雄しべの黄色い葯が
彩りを添えていて、よりいっそうすてきな花模様を描いていました。
はかなくも、昼過ぎにはつぼんでしまったツユクサの花です。
花言葉は「恋の心変わり」なそうですが、なんとも切なく思われました…

2007年6月29日 (金)

ほのかな明かりが

26ajisai
今日はしばらくぶりに雨となり、草木もようやく生気をとりもどしたように
感じられます。
くたびれていた紫陽花も、よりいっそう彩りを深めたようです。
この紫陽花に出合ったとき、うす紫色の花で飾られたカゴのなかに、灯かりを灯しているのではないか…と思われました。
花の間から、ほのかに明かりがもれているようでした。
北国でも、紫陽花のきれいな季節を迎えています。

2007年6月28日 (木)

夜に咲く花

25kujakusaboten
夕方になったら、今にもほころびそうだったので、玄関に入れてやりました。
夕食が終わってから覗きに行ってみたら、もうほとんど開いた状態になって
いました。
クジャクサボテンの花ですが、やっぱり夜に咲く花だったんですね…
サボテンの花らしく華麗をきわめていますが、白糸を流したようなシベの姿
には優美な趣きも感じられ、うっとりさせられました。

2007年6月27日 (水)

慎ましやかで、さわやか

24rose
北国のこちらでも、今日は真夏日を思わせるような暑い一日でした。
仕事先の窓に映る雲は、白く立ちあがる入道雲のように見えました。
いくらかでも心に涼しげな風を送ってくれる花を…と思い、前に撮って
いた「銀世界」という名の薔薇に会いたくなりました。
うす紫色の花は、華麗な薔薇が多いなかで、慎ましやかでさわやか
な印象を与えてくれます。
今から10年ほど前に、日本で育成されたものなそうです。

2007年6月26日 (火)

男性的なところが…

22hanashobu
しばらく続いた良い天気に、花菖蒲も少しお疲れモードに入ってきたよう
です。
この間は江戸系の花でしたが、今回は肥後系の大和姫という名が与え
られたものをアップしました。
6枚の花びらをもつ大輪で、堂々とした風格が感じられ、男性的なところ
が特徴…と言われています。
そんな花に魅了されながら、シャッターを押しました…^_^;

2007年6月25日 (月)

水流の音を聞きながら

23mogamigawa
今度のスケッチ旅行の目的地のひとつ、最上川です。
村山市の西の方で、藩政時代の水運が盛んであったころ、急流三難所の
ひとつであったと言われた「隼」という地点です。
前夜に降った雨で濁ってはいましたが、音を立てて流れる川面には涼しさ
を感じました。
心地よい水流の音を聞きながら、この近辺で一枚目のスケッチをしました。
写真はコントラストが強すぎて、難しいものになりました。

2007年6月24日 (日)

遅れていて、ごめんなさい

21kitsurifune
お絵かき仲間でのお出かけから、さきほど帰ってきました。
最上川の水辺風景や、茅葺家屋などのスケッチをしました。
このことについて、機会があったら後日ふれることにしたいと思います。
今日は、キツリフネが咲きだしましたので、とりあえずアップします。
花を船に、花柄を釣り糸に見立てて、この名がついたそうです。
コメントへの返事や、訪問が遅れていること、お許しくださいネ…

2007年6月23日 (土)

お留守番

20saboten_1
お絵かき仲間と、お泊りでスケッチに出かけることになりました。
行き先は、山形県の中央部を流れる最上川周辺です。
山形県というと、サクランボで有名ですが、「そば街道」も訪ねてみよう…
ということになっています。
「キンヒモ」というサボテンの花がさきましたので、この子をお留守番に
おいていきますので、よろしくお願いします。

2007年6月22日 (金)

庭の小花たち-2

18bluedaisy 今、玄関先を彩ってくれているのが
この小花たちです。
ウチにきて、3年ほどになりますが
元気に咲きつづけています。
これはブルーディジーという小花で
すっきりした青い花びらが心をひき
つけます。
花芯の色が、この花をますます
冴えた色合いにしているようです。

19genpeikogiku_1 こちらのかわいい小花は源平小菊
という花です。
初めは白い花ですが、しばらくする
と濃いピンク色に変化していきます。
一株に2色の花が咲いたようで
とてもきれいな小花です。

2007年6月21日 (木)

灯かりのような花

17rose
きのうまでいい天気が続いていたのに、北国にも、今日とうとう梅雨入りが
宣言されました。
カラ梅雨ではないかと予想されてはいますが、心はやっぱりブルーになって
しまいます。
パ~ッと気持ちが晴れそうな花が見たくなり、薔薇園に行ったときの写真を
開いてみました。
朱色の花びらのなかに、灯かりを灯したような温かい花がありました。
ドイツで育成された「アリンカ」という薔薇でした。

2007年6月20日 (水)

大判、小判

15ohbansou
楕円形の緑色をしたサヤのなかに、実が透けて見え隠れしています。
春に、鮮やかな紫色の花を咲かせていた、オオバンソウの実がこんなに
大きくなりました。
秋には、黄金色に輝く大判がたくさん吊り下がるのを夢見ています…^_^;
16kobansou こちらは、虫のようで気持ちが
悪い…という方もいるようです
が、縁起のいい名前をもらって
いるコバンソウです。
ピカピカの小判となって実った
なら、誰も嫌がるひとはいない
でしょう。
秋には、大判小判を背負って
世界一周の旅にでも出かけて
みましょうね(笑)

2007年6月19日 (火)

永遠にあなたのもの

73tamagawahototogisu
庭隅の湿っぽい木陰で、黄色い小花が咲き出しました。
京都の山吹の名所、玉川の名を借りて名づけられたタマガワホトトギスと
いう花です。
上向きに開いた花びらには小さな斑点が目立ち、個性的な花模様を演出
しています。
74tamagawahototogisu 花柱は上の方で3つに分かれ
さらに、その先が2つに裂けて
宝石のような玉をいっぱい散り
ばめて、キラキラと輝いていま
した。
「永遠にあなたのもの」が、花
言葉なそうですが、微笑みたく
なりますね…

2007年6月18日 (月)

粋な感じ

72hanashobu
このところの恵まれた天候により、こちらでも花菖蒲が見ごろを迎えました。
となり町の菖蒲園で、祭りが催されていると聞いたので、買い物に出かけた
ついでに、立ち寄ってみました。
色とりどりの花菖蒲が咲きそろい、笑顔で出迎えてくれました。
これは、菖蒲らしい紫色をしている新袂鏡(江戸系)と名づけられた花です。
花びらに濃い縞模様が入っていて、とても粋な感じがしました。

2007年6月17日 (日)

華麗で優美

71rose_1_1
風の丘からは少し遠いのですが、昨日、薔薇園に行ってきました。
きれいな姿に早く巡り合いたいと思いながらも、先週末には天候が悪く
出かけられないでいました。
北国とは言うものの、もう花盛りは過ぎていて、役目を終えた花たちが
多かったようです。
でも、20枚ほど撮りましたので、気に入った薔薇を、何回かに分けて
アップしたいと思います。
これはジュビレ デュ プリンスモナコという薔薇で、華麗で優美な姿が
目をひきました。
2000年にフランスで作出されたものなそうです。
少し前に、凪々さんに見せていただいたような気がします。

2007年6月16日 (土)

もう先客が…

70murasakitsuyukusa_1
風の丘では、梅雨入りを前にしてムラサキツユクサが花盛りを迎えて
います。
朝露があるうちにと思って、カメラを持って庭に出てみると、もう先客が
やってきていました。
小さなヒラタアブが開いたばかりの花に、ついたり離れたりしながら
せっせと黄色い花粉を食べていました。
朝食代わりにしていたのでしょうか…
全部食べつくされないうちに…、とあわててシャッターを押しました^_^;

2007年6月15日 (金)

口ずさみたくなります♪

69katatsumuri_1_1
もう梅雨入りしたところもあるようですが、この季節に元気な姿を見せて
くれるのが、このカタツムリです。
こちらでは梅雨入りは出されていませんが、雨上がりなどにカタツムリの
姿を見かけるようになりました。
きれいな螺旋模様を描いた殻を背負い、角のような長い目を伸ばして
のんびりと這う様子を見ていると、心が和んできます。
    でんでん むしむし  かたつむり
      おまえのあたまは  どこにある
        つのだせ  やりだせ  あたまだせ

2007年6月14日 (木)

華やいだ空気に

67niwafuji_1_1
68niwafuji_1_1 藤の季節から、しばらく経ちますが
ニワフジが満開になりました。
腰にも満たないツルに、房をつくり
こぼれるばかりに咲いています。
まるで、チョウが群がっているよう
な花模様です。
この花のために、周りは華やいで
明るい空気に包まれています。
心も、軽やかにはずんでくるような
気がしました。

2007年6月13日 (水)

物想う女の子

66hotarubukuro_1_1_1
いつもですと、ホタルが飛び交うころに咲き出すのですが、今年は早くも
しっとりとした姿を見せはじめました。
かわいらしく反りかえった花びらには、細かい斑点があって、おしゃれに
見えますが、慎ましやかにうつむいていて、物想う女の子という感じが
します。
梅雨のころ、雨にしっとりとぬれながら咲くのが似つかわしいように思わ
れるホタルブクロの花です。

2007年6月12日 (火)

庭の小花たち-1

64niwazekisho_1_1 花壇の縁で、咲き続けている
かわいい花たちがあります。

これは青く染まった色合いが
さわやかな気分にしてくれる
ニワゼキショウです。
心地よい風に揺られながら
軽やかに花びらを回している
ようでした。
とつぜんヒラタアブが現れた
ので、びっくりしたようです。


65niwazekisho_1_1
こちらはうす紫色の花びらに
濃い線が入った、おしゃれな
ニワゼキショウです。
太陽と大の仲良しで、明るい
うちは微笑んでいますが、日
が沈むころになると、眠りに
ついてしまいます。

2007年6月11日 (月)

いかにも初々しい

63shitidanka_1_1
庭先に、ツユクサを見に出ました。
そして引き返そうとしたとき、うっすらと青く染まり始めた花に気づきました。
まだ、花芯が柔らかな緑色をしていて、いかにも初々しい感じがしました。
そのうち、夜空の星屑のように、さわやかに彩ってくれることでしょう…
シチダンカという紫陽花で、茶花にも使われるそうです。

2007年6月10日 (日)

優しい花姿

61shakuyakuen_1_1
風の丘から目と鼻の先に、県内一を誇る芍薬園があります。
ちょうど見ごろを迎えたということを聞き、散歩がてら立ち寄ってみました。
1万株ほどの芍薬が満開となり、鮮やかに彩られた光景が広がっていま
した。

62shakuyaku_1_1
いちばん心をひかれた花は赤やピンクでもなく、このパステルカラーに
染まった花でした。
乳白色の変わり咲きの花びらは、ほのかにうす紅色に彩られ、優しい
花姿を見せていました。
顔を近づけると、なんとも言えない甘い香りに包まれました。

2007年6月 9日 (土)

かわいい小花たち

59maumi_1_1_1 うす紅色に染まった風車のような
小花が咲き乱れています。
あまりいい香りではありませんが
ハチやハエなどの昆虫が、羽音
せわしくやって来ては、蜜を吸う
のに夢中です。
秋風の吹くころには、ピンク色の
かわいい実をつけるマユミという
花です。



60tsuribana_1_1_1 こちらの花は、もう盛りがすぎて
しまいましたが、愛くるしいほど
かわいらしく映った花です。
うっすらと頬をそめて、無邪気な
女の子…という雰囲気がありま
した。
マユミと同じ仲間で、秋には赤い
実を軽やかに揺らすツリバナの
花です。

2007年6月 8日 (金)

チクリと噛まれて

58noazami_1_1
里山の道わきで、紫色の花がさわやかな風に首を揺すっていました。
草むらの中でいちだんと高く佇むこの花は、遠くからでもよく目だちます。
顔を近づけてみると、繊細な糸状の花をたくさんつけていて、みごとな
花模様を描いていました。
雅な花姿があまりにもすてきなので、そっと手を差しだしたら、チクリと
噛まれてしまいました…^_^;
茎や葉にトゲがあるノアザミの花です。

2007年6月 7日 (木)

ほんのりと頬を染めて

57momobanatsukimisou_1_1_1
この優しい女の子のような花が、たまらなく好きです。
ほんのりと頬を染めて、はにかんでいるようにも見えます。
ぜひとも育ててみたくて、友だちから分けていただいていたのですが、
数日前から、ようやくかわいい笑顔を見せてくれるようになりました。
おはよう…と声をかけたら、明るい声で、おはよう…と応えてくれました。
モモバナツキミソウという花です。

2007年6月 6日 (水)

白い翼

55shiran_1_1_1
56shiran_1_1
ピンクの花はお終いになりましたが、追いかけるように真っ白い花が咲き
出しました。
シランの花で、白い翼を広げた鳥のようにも見えます。
白い鳥と言うと、「翼をください」の歌を思い出してしまいます。

       いま わたしの願いごとが
           叶うならば 翼がほしい
          この背中に 鳥のように
             白い翼 つけてください
            この大空に 翼をひろげ
               飛んでゆきたいよ
              悲しみのない 自由な空へ
                 翼はためかせ ゆきたい

しばらく前ですが、風の丘の近くの学校で、ゆったりとした情感あふれる
この合唱を聞いて、たいへん感動したことがありました…

2007年6月 5日 (火)

星屑のような花たち

54hotarukazura_1_1
いつも通る里山の林の縁に、小さい青い花がたくさん咲いていました。
さわやかな色合いをした花たちは、夜空から降って来た星屑のように
思われました。
この花の色を、ホタルの光に見立てて、ホタルカズラと名づけられた
そうです。
花径が15ミリほどのかわいい花ですが、花心から盛りあがった白い
線がとても印象に残りました。

2007年6月 4日 (月)

はちきれそうな笑顔

53shakuyaku_1_1_1
赤いつぼみが大きくふくらんで、今にも咲きそうになっていましたが、なか
なか開いてはくれませんでした。
それが、このところの暖かい日に促されるようにして、ついに笑顔を見せて
くれました。
そのはちきれそうな笑顔は、まぶしいほどです。
踊るような花びらの重なりには、心もはずむ思いがしました。
風の丘にも、遅ればせながら、ようやく芍薬の花が咲き出しました。
花言葉は、「優美」なそうですが、ウチとは縁遠い感じがしました…^_^;

2007年6月 3日 (日)

まぶしく新鮮

52baikautsugi_1_1
衣替えの季節を迎えて、女子学生の白いブラウスがまぶしく映るころと
なりました。
微笑みながら楽しそうにお話をして歩く姿が、とても新鮮に感じられます。
そんな光景を思い起こさせてくれるような真っ白い花が、庭隅で咲いて
います。
バイカウツギという花です。
これは梅の花を思わせる楚々とした一重の花とはちがって、八重咲き
です。
心が洗われるような清楚な花で、茶花にも使われるそうです。

2007年6月 2日 (土)

地上に降りた太陽

51kinpouge_1_1_1
丸くふっくらとしたかわいい花が咲いています。
花径が1.5cmほどの小さな花ですが、花びらは幾重にも重なり合い
とても印象に残る花です。
まぶしいほど鮮やかな色合いに、心が浮き立つような思いがする
キンポウゲの花です。
花びらはツヤツヤと輝き、まるで地上に降りた太陽のような感じが
します。
花言葉はいろいろあるようですが、「楽しことがやってくる」が気に
入りました。

2007年6月 1日 (金)

妖精のささやき

まだ引っ越したばかりで、何も分かりません。
コメントへの返信や訪問が遅れがちになるかも知れませんが、
前と同じように、よろしくお願いいたしますm(__)m
50_1_1
前に訪れたことがある園芸センターで、挿し葉用にといただいてきた
葉の切り端が、根を張って新しい葉をたくさん広げてくれました。
そして、桜のころから花茎を伸ばし、一株に6つほど花をつけました。
大きさが7cmもある筒型の花で、紫色の花びらには、濃い線が走る
ストレプトカーペラという花です。
生き生きとした花姿には、心が躍るようです。
花言葉は、「ささやきに耳を傾けて」なそうですが、顔を寄せると、
かすかな音色と、妖精のささやきが聞こえてきそうです。
これからも、花と語り合っていきたいと思います。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »