« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

すてきな名前

29yuhzengiku
30yuhzengiku
朝夕涼しくなったのに合わせて、さわやかな色合いの花が咲き出しました。
3cmほどの小さな花ですが、なぜか心をひきつけるユウゼンギクの花です。
上のうす紫色の花は、ピ~ンと開いた花びらがとても印象に残ります。
下のピンク色をした花は、優雅で伸びやかな佇まいを見せていました。
名前の由来は分かりませんが、友禅の着物を思い起こさせてくれる、すて
きなネーミングだと思いました。

2007年8月30日 (木)

秋風のような花模様

27sawagikyou
28sawagikyou
涼しい秋風のように、さわやかな感じのする花が咲き出しました。
落ち着きのある色はキキョウにも似ていて、優雅な雰囲気を漂わせています。
動きのあるのびやかな花姿は、大空に向かって羽ばたきだした鳥のようにも
見えました。
秋を彩る花たちに出合うと、澄み渡った空が急に恋しくなりまりました。

2007年8月29日 (水)

哀愁を感じる花

26waremokou
いつも通る川岸の土手に、赤紫色をしたワレモコウが咲き出し、涼しげに
風に揺れています。
遠くからは黒いぼんぼりのようにしか見えませんが、近くで見ると小さな
かわいい花たちの集まりでした。
ワレモコウが風に揺れる姿を見ると、もう秋がやって来たんだ…、という
思いが深くなり、哀愁さえ感じてしまいます。

2007年8月28日 (火)

蝶が舞うような花姿

25daizu
春のスイートピイ、初夏に咲くフジの花、そして、秋のハギの花というように
マメ科と呼ばれる花をよく見かけます。
ヒラヒラとチョウが舞うような花姿が、どれにも共通しているようです。
これはダイズの花で、マメ科の名称を決めるときの参考にした花ではないか
と思われます。
勢よく茂った大豆の葉裏を覗いてみたら、うす紫色のかわいい花がたくさん
咲いていました。

2007年8月27日 (月)

見劣りしない花

23nannohana
24nannohana
きょうは身近に咲いているのですが、なかなか目には入らない花たちに
登場してもらいました。
黄色い花には緑の長い実が、紫色の花には紫のトックリ型の実が生り
ます。
どちらも食卓を飾ってくれるものですが、さて、この花は何でしょうか…
花壇で咲く花に、少しも見劣りしない美しさがあるように思われました。

2007年8月26日 (日)

かわいらしさを演出

22shyukaidou
朝夕涼しくなるのを待っていたかのように、シュウカイドウの花が咲き出し
ました。
ほんのりとピンク色に染まった花びらに、ぼんぼりのような黄色いシベが
彩りを添えて、かわいらしさを演出しています。
清々しい笑顔を振りまき、「おはよう…」とあいさつをしているようでした。
まだ、陽射しは強いですが、花壇では秋の花が顔を見せ始めました。

2007年8月25日 (土)

和紙のような花

20misohagi
21misohagi
農道を車で走っていたとき、草がきれいに刈られたあぜ道に、この花だけが
刈られずに残っているのを見つけました。
ピンク色の花を穂のようにたくさんつけて、みごとな花模様を見せていました。
igagurikun さんのとこで見せていただいてから、ぜひめぐり合いたいと思って
いたミソハギの花です。
花びらは開いたばかりなのに、どういうわけか柔らかい和紙で出来たように
シワだらけという感じでした…^_^;
出合えた喜びが、胸いっぱいに広がりました。

2007年8月24日 (金)

踊るようなシベ

19shikon_nobotan
つぼみが大きくふくらみ、いつ咲いてくれるのかと心待ちにしてましたが
今日ようやく笑顔を見せてくれました。
目にしみるほど鮮やかな色合いをしているシコンノボタンです。
早いところでは、初夏のころには咲き出すようですが、北国のこちらでは
いつも秋の花たちといっしょになるようです。
この紫紺の色には魅了させられてしまいますが、踊るような姿をしている
シベも不思議な魅力があり、心を惹きつけます。

2007年8月23日 (木)

憧れの花

17gennoshouko
18gennoshouko
夏から初秋にかけて、山野の道ばたに咲く可憐な花に、ゲンノショウコが
あります。
ゲンノショウコというと、こちらでは白い花だけですが、ブログを始めてから
西日本ではピンクの花が咲くということを知りました。
ぜひピンクの花を見たいと思っていましたが、昨年知り合いの方から1株
いただく機会がありました。
初夏の頃より葉は茂らせていましたが、つぼみも見えないのであきらめて
いました。
…が、この間、ついにピンクの花をつけてくれました。
園芸種かも知れませんが、憧れのピンクの花に出合えて、これほど嬉しい
ことはありませんでした。

2007年8月22日 (水)

さわやかな風をありがとう

16amerikagiku
ちょうど居間から見えるところで、涼しげな花姿を見せてきたアメリカギクです。
うす紫色の花模様をしていて、雅な風情を漂わせていますが、外国生まれの
花のようです。
5cmほどはある大きめの花で、この暑い夏を咲き続けてきた元気な花です。
間もなく秋の花たちにバトンを渡すことでしょうが、いつもさわやかな風を送り
届けてくれたこの花に、ありがとうと言いたいです。

2007年8月21日 (火)

「真実の愛」

15hiougi
この花も、太陽の照り返しに負けない花姿をしているように思われました。
黄色い花びらには朱色の斑点があり、燃えるような情念さえ感じられます。
平らな葉が折り重なるように生えていて、檜扇のように見えることから
ヒオウギという名が与えられたようです。(檜扇は使ったことがありません)
日のあるうちに燃えつきてしまい、夕方には儚くすぼんでしまう1日花です。
花言葉は「真実の愛」なそうですが、この花にぴったりのような気がしました

2007年8月19日 (日)

優雅な花姿

13amerikafuyou
14amerikafuyou
隣近所では、もう花盛りが終わろうとしていますが、ようやく3日ほど前から
優雅な花姿を見せてくれるようになりました。
周りの木々に映えて、ひときわ鮮やかに見えるアメリカフヨウの花です。
華麗さにワクワクさせられる花ですが、夕方には儚くつぼんでしまうことを
思うと、空しい風が心を吹きぬけます。

2007年8月18日 (土)

涼しげに揺れる日も間近

12kosumosu
お盆休みに、しばらくぶりで友だちのところを訪ねたら、ピンクの花が一輪
目にとまりました。
まだ暑い最中だというのに、それは秋の花、コスモスでした。
いくら北国とはいっても、その早さにはびっくりしました。
近くに、休耕田を利用してコスモスを植栽しているところがあるそうですが
そこでもチラホラと咲き始めているということです。
コスモスの花が、涼しげに風に揺れる日も、間近なようです。

2007年8月17日 (金)

星からの使者

10kikyo
11kikyo
秋の七草に数えられているキキョウの花です。
涼しげに風に揺れているこの青い花を見たとき、夜空から降ってきた星では
ないかと思ってしまいました。
星の世界から幸せを運んできてくれた使者のようにも思われました。
下の花は、八重咲きのキキョウです。
華麗な感じで見ごたえはありますが、いつまでも心に残るのは、やっぱり
さわやかな一重の方かナ…、と思われました。

2007年8月16日 (木)

踊るような花姿

09yamahagi
ススキの花とともに、秋の七草にも数えられているハギの花が、涼しげに
揺れています。
これは、目にも鮮やかな色合いをしたヤマハギの花です。
小さい花で、遠くからは見過ごしてしまいそうですが、近くに寄ってみると
踊るような花姿をしていて、心もはずんでくるような気がします。
したたるように咲いたハギが、風に揺れている姿は、日本的な風情を感じ
ますが、撮るとなるとたいへん苦労します。

2007年8月15日 (水)

何の花、何の実…

07suzumeuri
08suzumeuri
枝先まで蔦をからませ、かわいい花をたくさんつけているのを見つけました。
白い花びらの先がうす緑に染まり、とても涼しげな感じがしました。
何の花か分からなかったのですが、数日後にまた覗きにいったら、今度は
真ん丸い緑の実が吊り下がっていました…
いろいろ調べて、ようやくスズメウリということが分かりました。
早起きの苦手なウチにはカラスウリは無理ですが、スズメウリの花には間に
合いました…(笑)

2007年8月14日 (火)

すてきな方のよう…

06soutanmukuge
きびしい暑さにもかかわらず、ますます元気に咲き誇っている花があります。
枝の先まで、こぼれるように咲いているソウタンムクゲという花です。
花の真ん中が赤く染まっていて、この花をたいへん華麗なものにしています。
この花を見るたびに、すてきな方に出合ったときのように、心がはずみます。

2007年8月13日 (月)

自分のよさを誇りに…

04kawaranadeshiko1
05kawaranadeshiko2 ウチには、ピンクのカワラナデシコ
だけが咲いていたのですが、突然
白い花が咲いたので驚いています
とてもさわやかな感じがします。
でも、ピンクの花の隣では、どこか
淋しげな印象を受けました。
自分のよさに誇りをもち、元気に
咲き続けてほしい…と願わずには
いられませんでした。

2007年8月12日 (日)

ルンルンの女の子

83ukitsuriboku_2 一年を通して、ツートーンカラーのきれいな色合いで
かわいい花姿を見せるウキツリボクという花です。
黄色い花びらから、花柱が覗いたと思っていたら
2日ほどで、こんなに長く伸びました。
釣りに使うウキに見立てて名づけられたようですが
赤いドレスを着た少女がうれしさのあまり、スカート
をひるがえしてスピンしているように思われました。
どんな楽しいことがあったのでしょうね~

2007年8月11日 (土)

秋の花たち

81susuki
82gennoshouko
このところ、風の丘も猛暑に襲われていますが、山道に入ると秋の花たちが
出迎えてくれるようになりました。
涼しげな高原の風景を…、と思ったのですが、なかなかそういうところを探し
当てることができませんでした…^_^;
絵にもならないススキの花を収めて、秋の風の代わりにすることにしました。
足もとには、白いゲンノショウコが咲き乱れていて、秋が来たことを証明して
くれているようでした…(笑)

2007年8月10日 (金)

風船のような実

79fuhsenkazura
80fuhsenkazura
見落としてしまいそうな小花が、たくさん咲いています。
花の大きさが7、8ミリほどしかないフウセンカズラの花です。
涼しげな花姿で、風にそよいでいました。
下の写真が、その果実です。
葉っぱと同じ色なので、大きくなったのに気づかないでいました。
この風船のようなサク果を楽しむために育てられているようです。

2007年8月 9日 (木)

おやつの花

78sanjika
目に入れても痛くないほど、桜色のかわいい花です。
日中は、小さくつぼんでいるので、咲いているのを忘れています。
おやつのころにようやく笑顔を見せ、花のことを思い出します。
星型の花びらに黄色いシベが彩りを添えて、愛くるしい花姿のサンジカ
(三時花)です。

2007年8月 8日 (水)

何の花…

77basil
さて、この白く清々しい花はなんでしょう…
葉っぱに触れると、さわやかな香りがパッと漂います。
そう、これはバジルの花です。
パスタやトマト料理に使おうと思い、鉢植えにして育ててきましたが
最近、こんな花をつけてくれました。
香りにも増して、この清楚な花姿には、心が癒されるようです。

2007年8月 7日 (火)

まぶしいほど初々しい

76natsuzuisen
花壇の片隅で、知らない間にニョキニョキと花茎を伸ばし、紫色のつぼみを
つけ花がありました。
つぼみは少しずつ大きくなりましたが、なかなか開いてはくれませんでした。
ところが今朝起きてみたら、ついに一輪だけ笑顔を見せていました。
まぶしいほど初々しい感じのするナツズイセンの花です。
この花が咲くと、秋の風の音色が聞こえてくるような感じがします。

2007年8月 6日 (月)

繊細な花模様

75hiyodoribana
里山の林の縁には、初秋を彩る花たちが咲いています。
これは、秋の七草のひとつ、フジバカマと瓜ふたつのヒヨドリバナです。
うす紫色の小さな筒型の花がたくさん寄り集まって、ひとつの大きな花を
作っているように見えます。
長いヒゲのようなシベを出して、とても繊細な花模様を描いていました。
きれいな花ですが、あまり振り返ってはもらえないかわいそうな花です。

2007年8月 5日 (日)

花魁の匂い

74oiransou
今、暑さにもめげず元気に咲き誇っているのが、この花です。
濃いピンク色をしていて、かわいい花姿のオイランソウです。
近くに寄ると、甘い香りが漂っていて、うっとりさせられます。
花魁がつける白粉の匂いに似ていることから、この名がつけ
られたと聞いたことがあります。

2007年8月 4日 (土)

柔らかそうな花糸

72karaitosou
73karaitosou
ふさふさとした感じの花糸を房状につけ、伸びやかな姿で咲いています。
知人のところから引っ越してきた花で、日本原産の高山性植物なそうです。
ブログ仲間のjunさんに見せていただいたばかりのカライトソウです。
カライトソウ(唐糸草)という名は、花姿を中国の絹糸に見立ててつけられた
ということです。
柔らかそうな花糸や優しそうな色合いには、心が安らぐような気がしました。

2007年8月 3日 (金)

涼しげな白い花

71yuri
風の丘は、台風の影響か、昨日に引き続いて30度を越えるきびしい暑さに
見舞われました。
そんな暑さをよそに、育てていた白い百合が涼しげな姿を見せ始めました。
品種名は不明ですが、花びらに赤い斑点がないだけで、花姿は山百合と
そっくりです。
赤い葯が風に揺れて踊り、周りには甘い香りが漂っていました。

2007年8月 2日 (木)

太陽に負けない花

69himawari
70himawari
ようやく梅雨明けが出され、いよいよ北国にも夏がやってきました。
近くのヒマワリ畑に出かけてみたら、どの花たちも夏がきたよろこびを噛み
しめるかのように輝いていました。
真夏の太陽に負けない花と言ったら、やっぱり、このヒマワリにかなうもの
はないかも知れませんね…
輝く花たちに、心がワクワクする思いでした。

2007年8月 1日 (水)

明るく優しい姿なのに

68warunasubi
明るく優しい姿をしているのに、この花もかわいそうな名前をいただいて
しまいました。ワルナスビの花です。
ヘクソカズラが咲いていたところからしばらく行くと、道端の草が刈り取ら
れているところに出ました。
周りはきれいに刈り取られていたのに、この花だけが数株刈り取られず
に残っていました。
草刈をしたひとの優しい心にふれた思いがして、急に胸が熱くなりました。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »