« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

優しい色合いの花

75yabutsuruazuki
背の高い草にツタを絡ませて、黄色い花が風に揺れていました。
よく見ると、花びらはクリッと巻いていて、とてもかわいい姿をしています。
まるで、ひとの耳のように思われ、つい顔がほころびました…^_^;
優しい色合いのヤブツルアズキの花です。
これの改良されたものが、小豆になったと言われているようです。

2007年9月29日 (土)

異様な花姿

74hototogisu
涼しくなったのに合わせるようにして、ホトトギスの花が咲き出しました。
花には紫色の斑点が散りばめられ、ちょっと異様にさえ感じられました。
花柱は上で大きく裂け、細かいガラス玉のようなものが輝いているよう
でした。
わずかに花芯が黄色く染まり、優しさを演出しているように思われました。

2007年9月28日 (金)

周りを明るく照らして

73akinokirinsou
里山のわきを通ると、キバナアキギリなどにまじって、アキノキリンソウが目に
つくようになりました。
黄色い小花をたくさんつけて、周りを明るく照らしているようでした。
近くに寄ってみると、楽しいことがいっぱいあったかのように、みんなそれぞれ
すてきな笑顔を作っていました。
「アキ」という名がついた花に出合うようになり、秋本番を迎えたようです。

2007年9月27日 (木)

鮮やかな色合い

71kibunegiku
72kibunegiku
凪々さんのとこで、この間すてきなシュウメイギクが見せていただきましたが
ウチの庭でも、ようやく八重咲きのが咲き出しました。
秋の日を浴びて、笑顔がとてもまぶしく感じられます。
あまりにも鮮やかな色合いには、心がドキドキしてきそうでした。
この濃い目のシュウメイギクは貴船菊とも言い、茶花としても使われるようです。
京都の貴船地方に多く見られるので、そのように呼ばれるのだそうです。

2007年9月26日 (水)

健気に咲くハギたち

69nantenhagi
70medohagi
山道ではヤマハギがのびやかに揺れ、公園わきではミヤギノハギがこぼれる
ように咲き誇っています。
草むらに目をやると、ナンテンハギが鮮やかな紫色を振りまき、メドハギの花が
麗しい姿を見せてくれました。
健気に咲くハギたちに出合うと、なぜかエールを送りたくなります。
いよいよ、ほんとうの秋が来たようです。

2007年9月25日 (火)

いじらしい花姿

68umebachisou
近くの高原に、秋の花探しに行ってきました。
帰り道、ウメバチソウの咲くところへ立ち寄ってみました。
そうしたら、草むらの中で、白い小花たちが明るく微笑んでいました。
透き通るようなシベは、丸みのある5枚の花びらに優しく抱かれて、宝石の
ようにキラキラ輝いていました。
いじらしい花姿に心が惹かれ、離れがたい気持ちになりました。

2007年9月24日 (月)

金の鈴のような花

67hanawarabi
近くの山道で、夏に刈り取られた草むらの中に、金色に輝く花のような
ものを見つけました。
そばに寄ってみると、丸い鈴のようなつぼみがたくさんついていました。
めずらしいので写真におさめ、帰宅してから検索してみると、シダ類の
フユノハナワラビというものでした。
つぼみに見えたは胞子のようですが、花のように見えることから、この
名が与えられたそうです。

2007年9月23日 (日)

不思議な花模様

66okera
里山のわきで、線香花火のような姿をした花に出合いました。
よく見ると、白い5枚の花びらから、それぞれ長いシベを突き出していました。
花の下には、細かく枝分かれしたカゴのようなものがあり、とても不思議な
花模様をしていました。
名前もたいへんユニークで、オケラという花でした。

2007年9月22日 (土)

お留守番

64nagakoganegumo
65kudamakimodoki
突然、お出かけすることになりました。
お留守番に、ナガコガネグモとクダマキモドキを置いていきます。
よろしくお願いします。
クモは、黒と黄色の紋様がきれいだと思いました。
ひたすら、獲物がくるのを待つ姿は、とうてい真似できませんね。
緑色をしたクダマキモドキは、スマートで涼しげな姿をしています。
どんな鳴き声をするのでしょうか…

2007年9月21日 (金)

さわやかな笑顔

62shion
63shion
しばらくつぼみのままでしたが、朝夕の涼しさに誘われるようにして、シオンの
花がようやく咲き出しました。
今朝も、うす紫色をした小花が風に揺られながら、さわやかな笑顔を振りまいて
いました。
漢字では、雅な感じのする「紫苑」と表記され、古来より多くの人々から愛され
続けてきた花のようです。
この花を見ると、秋の気配がいちだんと深まったような気がします。

2007年9月20日 (木)

燃えるような花姿

60higanbana
61higanbana
風の丘から、それほど遠くはないところに、ヒガンバナの咲く小高い公園が
あります。
みなさんのブログで、ヒガンバナが紹介されていましたので、この公園でも
咲いているだろうナ…、と思っていましたが、見に行けないでいました。
気がかりだったので、仕事帰りに立ち寄ってみると、すでに見ごろを迎えて
いました。
傾きかけた太陽の光に照らされて、燃えるような花姿を見せていました。

2007年9月19日 (水)

雅な風情さえ…

58miyaginohagi
59miyaginohagi
近くの公園のわきを通ったら、ハギの花が見ごろを迎えていました。
紫色の花をこぼれるばかりにつけて、ゆるやかに風に揺られていました。
枝垂れて咲く花姿には、雅な風情さえ感じられるミヤギノハギです。
大き目の花はチョウが舞っているようで、心が躍りました。
まだ、陽射しはつよいですが、秋の装いがすっかり整った感じです。

2007年9月18日 (火)

花のような美しさ

56tamagotake
57tamagotake
雑木林の縁を歩いていたら、真っ赤なキノコに出合いました。
その鮮やかな色合いは、ちょっと毒々しい感じもしますが
花ではないかと思うほどきれいでした。
毒キノコかと思われたので、手も触れずに写真だけにしました^_^;
図鑑を見たら、タマゴタケのようでしたが、自信はありません。
林の中にも、秋の気配が感じられるようになりました。

2007年9月17日 (月)

ひと口つまんでみたい

55umemodoki
葉の陰に隠れて、ひっそりとしていた実が真っ赤に染まり始めました。
たくさん隙間なくついていて、枝からこぼれるばかりです。
淋しくなってきた庭にひときわ彩りを添え、目を楽しませてくれそうな
ウメモドキの実です。
きれいな色合いには、ひと口つまんでみたい衝動に駆られました…^_^;
そのうち小鳥たちがやってきて、騒々しくなることでしょう…

2007年9月16日 (日)

小鳥が運んだ花

54yabumame
庭木に絡まり、葉をたくさん茂らせたツタがあったので、切り取ろうとしま
したが、花でもつけてくれるかも…と思い、そのままにしていました。
2、3日前に覗きに行ったら、やっぱりかわいい花をつけていました。
花びらの先にいくにしたがい、白から紫に変化しているきれいな花でした。
図鑑で調べてみたら、マメ科の植物で、ヤブマメのようでした。
たぶん、小鳥が運んできてくれた花なのでしょう…

2007年9月15日 (土)

秋色が濃くなって…

52komurasaki
53komurasaki
初夏の頃にかわいい花をつけていたコムラサキの実が、朝夕涼しくなって
きたのに合わせて、きれいに色づき始めました。
鮮やかな紫色に、心が弾みます。
ウチの庭にも、少しずつ秋色が濃くなってきたようです。
これから、いろいろな実が彩りを増して、寂しくなっていた庭をにぎやかに
してくれそうです。

2007年9月14日 (金)

名残り花

51asagao_2
夏を華やかに彩っていた花たちも、もう遠くへ行ってしまって、ウチの庭は
急に淋しくなってしまいました。
今朝起きてみると、玄関わきで朝顔の花がひとつ、過ぎ去った夏を惜しむ
かのように、ひっそりと咲いていました。
この色合いは涙色に見えて、なんか憂いを秘めているように思われました。
また会いましょうネ…と、思わず声をかけてしまいました。

2007年9月13日 (木)

お留守番

50kurinomi
今日は、お出かけすることになりました。
遠くまで行くので、帰りが遅くなります。
お留守番に、この栗の実を置いていきます。
お友だちから届けられた、秋の味覚便りです。
20個ほどいただきましたが、半分はお腹に消えてしまいました…^_^;
ご訪問が遅れますが、よろしくお願いしますm(__)m

2007年9月12日 (水)

いったい誰でしょう

48manryou
49shiromimanryou
このソバカスだらけの女の子たちは、いったい誰でしょうか…
茶目っ気たっぷりの明るい表情には、好感が持てますよね。
ヒント1、どちらも1cmほどのかわいい花です。
ヒント2、葉裏にきれいな丸い実をたくさんつけます。
ヒント3、上は赤い実に、下は白い実に染まります。

はい、この子たちは、正月の飾り花にも登場する万両の花でした。

2007年9月11日 (火)

麗しい花姿

47yaburan_2
ウチに引っ越してきてから、何年になるでしょうか…
ず~っと花をつけてくれなかったので、育てていることさえ忘れていました。
それが、今朝庭先に出たら、薄紫色の小花をつけていたのです。
7~8cmほどの花穂ですが、その麗しい花姿に心がとりこになってしまい
ました。
斑入りの葉に抱かれ、ますます美しく見えるヤブランの花です。

2007年9月10日 (月)

美しい花のよう

45tsuribana_4 初夏の頃に、かわいい小花
つけていたツリバナとマユミの
果実が色づき始めました。
涼しい秋風とともに、ツリバナ
の果実はマユミにさきがけて
五つに裂けた間からオレンジ
色のきれいな種子を覗かせる
ようになりました。
下の写真はマユミの果実です
が、ピンク色になって、中から
ツリバナと同じようにオレンジ
色の実を覗かせるのは、まだ
先になりそうです。









46mayumi_3

2007年9月 9日 (日)

まぶしく輝いて

44shyuhmeigiku
いつ咲いてくれるのかと心待ちにしていたピンクのシュウメイギクが、ようやく
笑顔を見せてくれました。
朝日をいっぱい浴びた顔は、まぶしく輝いて見えました。
真っ白い花は清純な感じでしたが、こちらは可憐な少女のように見えました。
風の丘は、日増しに秋色を濃くしているようです。

2007年9月 8日 (土)

田園地帯を走るD51

42d_51
43sl_fan
風の丘のふもとを通る鉄道で、開通90周年を記念してSLが走るということ
を聞き、興味半分、野次馬半分で出かけてみることにしました。
目当ての踏み切り付近は、すでに大勢のSLファンやカメラマン、見物客が
押し寄せていました。
黒い煙をはき、白い蒸気を出しながら、力強く走る姿を頭に描いていました
が、そのようなサービスはなく、期待はずれに終わりました…^_^;
撮ったというだけですが、秋晴れの田園地帯を走るD51というSLです。

2007年9月 7日 (金)

首筋に触れたりして

40enokorogusa
41murasakienokoro
今、どこへ行っても目につくのが、この秋の植物たちです。
仔犬のシッポのようなので「いぬころぐさ」、それがなまってエノコログサと
呼ばれるようです。ネコジャラシとも言われることがあるようです。
子どものころ、友だちにソ~ッと近づき、首筋に触れたりして遊んだことが
ありました…^_^;
下はムラサキエノコログサかと思いますが、はっきり分かりませんでした。

2007年9月 6日 (木)

ベルのような花

38tsuriganeninjin
39tsuriganeninjin
秋風が吹こうという今になって、ようやく咲き始めた花がありました。
木陰のためか、みんなから一歩遅れて咲くことになったようです。
ベルのような花をたくさん吊り下げ、きれいな音色を響かせていた
ツリガネニンジンの花です。
反り返した花びらが、とてもかわいらしく思われました。
この澄んだ音色が、しばらくは耳を楽しませてくれることでしょう…

2007年9月 5日 (水)

雪のように白い花

36shiumeigiku
37shiumeigiku_2 
厳しい暑さなど気にもとめず、真っ白い涼しげな花が咲き始めています。
初秋の庭を、明るく飾ってくれるシュウメイギクの花です。
この雪のような白い色には、心が透き通る思いがします。
花芯の黄色い輪は、子どもたちが円になってお遊戯をしているようで
キラキラと輝いて見えました。

2007年9月 4日 (火)

ソバカスだらけの女の子

35tsurifunesou
里山の縁の湿ったところで、うす紫色の花が風に揺れていました。
口を開けた不思議な生物を思い起こさせるツリフネソウの花です。
口の中には黄色い紋がならび、きれいな彩りを添えていました。
濃い斑点は、ソバカスだらけの女の子のようで、とてもかわいい
感じがしました。
igagurikun さんから見せていただいたキツリフネとそっくりですが
これはシッポ(距)が渦巻き状になっていました。

2007年9月 3日 (月)

独特の匂いがある花

34nira
畑のわきを通ったら、白い小花が空を仰ぎながらたくさん咲いていました。
何の花だろうか、一枚撮らせてもらおう…、と近くまで寄ったとき、誤って
根元を踏んでしまいました…^_^;
そうしたら、一瞬にして独特の匂いがサ~ッと広がりました。
図鑑で調べるまでもなく、何の花かいっぺんで理解できました。
中華料理などには欠かせないニラの花でした。

2007年9月 2日 (日)

何の花…

33nannohana
半透明のみずみずしい花びらの中から、しなやかなカーブを描きながら
黄色い花柱をヌ~ットと出している花が咲き出しました。
この異様な姿をしている花は、いったい何でしょう…
花はついていませんが、下の部分はスーパーの棚にも並んでいます。
食べすぎには、注意した方がいいと言われています…^_^;

2007年9月 1日 (土)

お留守番

31tonbo
32namiageha
今日は、現在開催している油絵グループ展の合評会があります。
合評会の後には懇親会が予定されていて、帰りは最終電車になるかも
知れません。
お留守番に、ウチの庭で撮ったトンボ(名前は分かりません)とナミアゲハ
を置いておきます。
ご訪問が遅れると思いますが、よろしくお願いいたします。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »