« 名残り花 | トップページ | 小鳥が運んだ花 »

2007年9月15日 (土)

秋色が濃くなって…

52komurasaki
53komurasaki
初夏の頃にかわいい花をつけていたコムラサキの実が、朝夕涼しくなって
きたのに合わせて、きれいに色づき始めました。
鮮やかな紫色に、心が弾みます。
ウチの庭にも、少しずつ秋色が濃くなってきたようです。
これから、いろいろな実が彩りを増して、寂しくなっていた庭をにぎやかに
してくれそうです。

« 名残り花 | トップページ | 小鳥が運んだ花 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
まあ!とってもかわいいですねー(*^^)紫色が本当に綺麗です。

こちらはまだまだ暑いですが、風恋さんのブログで秋を感じることが出来て嬉しいです(*^_^*)

コムラサキを見るといつも思う!

。。。

(⌒¬⌒*)んまそ・・・♪

こんばんは。
行儀良く並んでつくコムラサキの実、紫色が目を惹きます、
実をつばみにくる野鳥も楽しみにしてるでしょうね。

その名のとおりの色の実がなるのですね。
濃すぎず、薄すぎない色合いの紫色が美しいですね。
こんな微妙な色合いが出るところが自然の偉大さを感じます。

風恋さん、★こんばんわ~★

こちら、今日も暑い一日でしたよ~。
もう、、ほんとに、暑い日は、いらない
ですよね~。
コムラサキ、涼しげな実ですねぇ?
この前ね、ホームセンターのお花コーナーで
紫式部で売っていましたよ。
どこがどう違うのか、素人目には分らない
ですよねぇ?
ところでね、この式部のお花って、どのような
お花だったのでしょうね?
意外に素朴なお花かもしれないですね?♪

こんばんは。
コムラサキが可愛いです
紫のいろがいいですね。
秋が胸にしみます。

こんにちは。
うわ、可愛い。
お団子みたいですね。
色づいていく様が見れるなんていいですね。

風恋さん
今日は・・
紫式部の実がかがやいていますね。
秋の花で季節の移ろいを感じます・・
今日はとても残暑が厳しいですか、
ひんやりとした風も吹いて
秋の心地よさを感じています

こんにちは

コムラサキの実が、まるで宝石のように見えます。
綺麗な紫色ですね。
まだ暑いけれど、季節は確実に秋になってるんですね。

☆ あぶく さん。こんばんは~♪
 赤い実は多いですが、紫色に染まる実はあまり
 ないように思います。
 鮮やかな紫色の実は、とてもかわいい感じです。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 これが大きくてジューシイな実だったら…、ウチも
 そう思ってしまいました…^_^;
 紫色のかわいい実が、こぼれるように実りました。

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 長い枝に、紫色の小さな実が並ぶようにたくさん
 ついています。
 毎年、ジョウビタキがこの実をついばみにきます。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 コムラサキ、ほんとこの実にふさわしい名ですね。
 涼しくなるにしたがって、目にも鮮やかな紫色に
 染まっていきます…
 自然は偉大な芸術家…、って感じですね。

☆ オレンジ さん。こんばんは~♪
 今日は、こちらもたいへん暑い日でした…
 ふつうは、このコムラサキのことをムラサキシキブ
 と呼んでいるようですね。
 この花はうす紫色のかわいい花ですが、以前に
 アップしていましたので、記事の中にリンクを張り
 ましたので、よかったら見てくださいね。

☆ 舞のおかあさん 。こんばんは~♪
 紫色のまるい実が、顔を寄せ合ったようについて
 いて、とてもかわいい感じです…
 次第に、この紫色は鮮やかな色になりますよね。

☆ さちこ さん。こんばんは~♪
 丸くて、ほんとおいしいお団子に見えてきました…
 秋が深まるのにしたがい、緑色からきれいな紫へ
 と変化していくようです。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 朝夕の涼しさに合わせて、しだいに紫色を濃くして
 きたようです。
 色づき始めた木の実を見ると、秋がやってきた…
 とつよく感じてしまいます。

☆ jun さん。こんばんは~♪
 今日は30度にもなり、とても暑かったです。
 でも、コムラサキやウメモドキなどの実が色づき
 始めたのを見ると、もう秋なんだ…と実感します。

なんて綺麗で可愛らしいのかしらね。
思い出しました、お花の写真をみて。
シベがフラダンスしているようでしたね。
鉢植えが欲しくなりました~

☆ jun_ko さん。こんばんは~♪
 ほんと鮮やかな色合いをした、かわいい実です。
 シベが踊っているような姿をしていたうす紫色の
 花から、こんな実が結びました。
 挿し木で増やせるようですので、鉢植えにして
 楽しんでみてください…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名残り花 | トップページ | 小鳥が運んだ花 »