« お留守番 | トップページ | 金の鈴のような花 »

2007年9月23日 (日)

不思議な花模様

66okera
里山のわきで、線香花火のような姿をした花に出合いました。
よく見ると、白い5枚の花びらから、それぞれ長いシベを突き出していました。
花の下には、細かく枝分かれしたカゴのようなものがあり、とても不思議な
花模様をしていました。
名前もたいへんユニークで、オケラという花でした。

« お留守番 | トップページ | 金の鈴のような花 »

」カテゴリの記事

コメント

おけらという名前なのですか?風恋さんが感じた線香花火のほうが似合ってますよね....
ほんと線香花火がぱちぱちしているところみたいできれいです!なぜおけらになったのかはなにか理由があるんでしょうね!調べてみたらおおーーそうなのかということもありそうで、今度忘れなければ調べてみたいです。

こんばんは。
線香花火そっくり、名前もオケラなんて面白いです。
葉っぱは大きいのかしら
その中にすぽり入っている様に見えますね。
注意してみると素敵なお花がいっぱいありますね。

風恋さん、こんばんわ♪
蜘蛛さんにもこちらのお花にもどきっとさせられて、風恋さんの多彩な目線にまた学んでいます。美しいものとの出会いは井上陽水氏の「夢の中へ♪」のようなことかもとこの丘に来るといつも感じます。

こんばんは☆

初めて見ました。見れば見るほど不思議な花ですねー。

ホント線香花火のようで、火花が散ってるようですね(*^_^*)

こんばんは。
オケラ、初めて見ます、普通に山地で見られる花ですか?
筒状になって線香花火そっくりですね、今度探してみます。

オケラちゃん、本当面白い名前ですね。。。
花の形も変わっているかもぉ~
私もこの花はまだ見たこと無いんです。

こんばんは~

名前は聞いたことありますが、見たのは初めて。
変わった花姿ですね。
古名のウケラから変化したっていいますけど、オケラもウケラも意味不明ですね。

風恋さんおはようございます。
オケラノ花は初めて見せていただきました。
秋色の地味めの花ですが、
とても魅力的な花ですね。。(*^_^*)
この花につけられた名前が不思議・・

こんばんは。
いやぁ、これは初めてお目に掛かりましたよ。名前は聞いたことはありますが、こういう花だったんですか。星形の花が一杯集まってきれいですね。色んな山野草が身近に咲いていて羨ましいですよ。

☆ macky さん。こんばんは~♪
 線香花火のような花姿をしていて、華やかな感じが
 しますよね…
 オケラという名には、深い由来があるのでしょうね。

☆ 舞のおかあさん 。こんばんは~♪
 線香花火のような花姿、オケラという名前には不思
 議な印象を受けますね…
 網みたいなカゴに、スッポリ入っているようでした。

☆ blue camel さん。こんばんは~♪
 風の丘の周辺で目に入ったものを、ただ夢中で撮っ
 ているだけなんです…^_^;
 野に咲く花への想いが表わせたらと思っています。

☆ あぶく さん。こんばんは~♪
 山野に咲く花には、不思議なものがたくさんあって
 いつも驚かされています…
 この花も線香花火のような花姿をしていました。

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 この季節になると、里山の縁でよく目にします。
 草木性の枝先に、2~3cmほどの白花をつけている
 ので、すぐ見つかるかと思います。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 オケラというと、「手のひらを太陽に♪」に登場する
 昆虫を思い起こしますが、花にもあるということで
 驚きました…^_^;

☆ jun さん。こんばんは~♪
 花姿も、名前も不思議な印象をうけました…^_^;
 名づけ親さんは、深いワケがあってオケラ(ウケラ)
 としたのでしょうが、今となっては分かりませんね。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 里山の縁で、白い花を咲かせていましたが、よく
 見ると線香花火のような姿をしていました…
 色合いと言い、ほんと地味な感じの花でした。

☆ 霧の小次郎 さん。こんばんは~♪
 パッと開いた花びらは、ほんと星の形に見えて華や
 かな感じがしました。
 山に囲まれていますので、いろいろな花に出合え
 ますが、ほとんど名前が分かりません…(笑)

あら!偶然!
先日の川崎緑化センターの温室で撮ってきました。
でもこんなに綺麗ではなく、もっと全体が固まっている感じでした。
花の部分の下がニゲラのようだな~というので印象に残っています。

白朮、うちにもあるのですが、こんな花だとは今まで気がつきませんでした!
ただ、白い毛のようなものが出ているだけかと・・・(^_^;)
今年もひとつつぼみがついているので、咲いたらじっくり観察してみます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お留守番 | トップページ | 金の鈴のような花 »