« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

花遊び

36gerbera
37ran
アレンジメントで使った残り花で、花遊びをしてみました。
窓にトレシングペーパーを張り、その前でポーズをとってもらいました。
上の花はガーベラで、よくもこんな色素が生成されたものと驚かされます。
この鮮やかさには、心が変になりそうな感じがしました…(爆)
下はデンファレの仲間ですが、正確な名前は分かりませんでした。
空を翔る天女のようにも見えますが、天女は白い衣をまとっているので
しょうから、これは地球を襲った謎の飛行物体というところでしょうか…^_^;

2007年10月30日 (火)

大きなドテカボチャ

34pumpkin
35pumpkin
先日、園芸センターに立ち寄ったら、ハロウィン祭りが開かれていました。
展示室には、かぼちゃを顔のようにくりぬいたものや、お面、人形などが
飾られていました。
その中で、やっぱり目を引いたのは、この大きなドテカボチャでした。
とうてい一人の力では、持ち上げられないような重量感がありました。
 *ココログのメンテナンスがあり、ご訪問が出来なくなりますので
  よろしくお願いします。

2007年10月29日 (月)

目をひくエンジ色の小菊

33kogiku
ドウダンなどの紅葉を追いかけるようにして、庭の小菊たちが咲き出しました。
そのなかでひときわ目をひくのが、このエンジ色の小菊です。
花びらの裏が白くなっていて、この花をより美しく演出しているようです。
左上の花からは、いち枚開くごとにきれいな音が流れているようで、そ~っと
耳を傾けてみたくなりました。
〔お知らせ〕
 明日20時から、ココログのメンテナンスがあり、閲覧、投稿ができなく
 なるようです。

2007年10月28日 (日)

まぶしいほどの笑顔

32isogiku
大きさが1cmにも満たないかわいい花が、顔を寄せ合うようにして
咲き出しました。
まぶしいほどの笑顔は、まるで無邪気な子どもたちのようです。
葉っぱの縁には銀色の線が走り、とてもおしゃれな感じがします。
花がなくなり淋しくなった花壇を、明るくしてくれたイソギクの花です。

2007年10月27日 (土)

目を惹く紫色

31streptocarpus
これも温室の花で、条件さえ整えば一年中咲き続ける花のようです。
少し前に、大柄のストレプトカーペラをアップしましたが、その仲間で
やはり挿し木で増やして育ててきました。
枝の脇から花茎を伸ばし、吊り下げるようにして咲くかわいい花です
が、冴えた紫色は目を惹くものがあります。
園芸コーナーにも並ぶ、ストレプトカーパスという花です。

2007年10月26日 (金)

おめでたい花

29kichijousou
30kichijousou_2 
庭隅の垣根の側で、ひっそりと咲き出していました。
葉の根元から、赤紫の花茎を伸ばし、白い小花をたくさんつけています。
この花が咲くと、その家に何か良いことが舞いこむということで、よく庭に
植えられるという、おめでたい花のようです。
ウチにも、宝くじでも当たってくれないかナ…、と期待しています…^_^;
花もかわいいですが、茎の美しさに心が惹かれるキチジョウソウです。

2007年10月25日 (木)

願いが届いた…

27tsuwabuki
28tsuwabuki
隣りのお宅では、すでに輝くような笑顔を振りまいていましたが、ウチのは
丸いつぼみのまま、なかなか顔を見せてはくれませんでした。
仕事に出かけるときには、「早く咲いてネ…」と声がけしていました。
ところが、きのう帰宅してみると、なんと願いが届いたのか、ふたつの花が
笑顔で出迎えてくれたのです。
踊るような心を抑えながら、今朝、カメラに収めたツワブキの花です。

2007年10月24日 (水)

女性らしい名前

25mayumi
26mayumi
しばらく前から、このピンク色に染まった実が風に揺れていました。
吊り下がった実を近くで見ると、まるでおいしそうな和菓子のようです。
いつになったら、真っ赤な種が顔を出すのか…、と心待ちにしていましたが
ついに数日前からその姿を見せ始めました。
女性らしい名前の、マユミという果実です。
花は、こちらにアップしていました。

2007年10月23日 (火)

あまりにも愛くるしい

23saintpaulia
24saintpaulia
冬の窓辺を飾る花というイメージがありますが、一年を通して咲き続ける花の
ようです。
春まで陽だまりを楽しんでいましたが、暑さがきらいだというので涼しい所へ
引越しさせてやりました。
凌ぎやすくなったので窓辺に戻してやったら、また花芽をつけ始め、かわいい
笑顔を見せてくれるようになりました。
頬ずりをしたくなるような、あまりにも愛くるしいセントポーリアの花です。

2007年10月22日 (月)

繊細な美しさ

22mikaerisou
庭のいちばん奥にあるため、咲き始めたことに気づいてもらえず、寂しく
していたことでしょう…
でも、会いに行ったときには、木漏れ日の下で明るくふるまっているよう
だったので、ホッと胸をなでおろしました。
うす紫色のシベが横に張り出し、とても繊細な美しさを描いていました。
また振り向いてみたくなるような気のする、ミカエリソウという花です

2007年10月21日 (日)

食べてみたい…

20benishitan
21nishikigi
わ~、真っ赤な実だ…!             「赤い鳥 小鳥」
 きれいでしょ…               北原白秋 作詞 成田為三 作曲
食べたいな~                   
 だめ、だめ、食べられないのよ。        赤い鳥 小鳥
 食べられるのは、小鳥さんだけよ。         なぜなぜ 赤い  
いいなあ…、小鳥さん。                  赤い実を食べた
 赤い実を食べると、小鳥さん、赤くなるんだって…

上はベニシタンで、下はニシキギの実です。

2007年10月20日 (土)

日本生まれのバラたち

18hatsukoi
19amatsuotome
秋バラの3回目は、日本で生まれたバラを取り上げることにしました。
バラと言うと、すぐ真っ赤で華やかなものをイメージしてしまいますが
優しさにあふれた花もたくさん見られました。
上のバラは花芯が淡いピンク色に染まっていて、初々しい女の子の
ような感じのする、初恋(日)<1984>と名づけられた花です。
下は天津乙女(日)<1961>というバラで、花の中心に向かって黄色く
彩られ、明るく清純な乙女のように思われました。
みんなから愛され信頼されるようになってネ…、とつぶやいてしまい
ました。

2007年10月19日 (金)

陽気な大道芸人

16daimonjisou
17daimonjisou
日が短くなってきたのに合わせるようにして、大文字草が咲き始めました。
ブログ仲間のigagurikunさんのところで、すてきな大文字草を見せていただき
ましたが、ウチのは楚々とした感じのする基本的なものだけです。
5枚の花びらのうち長いのが2枚あって、「大」の文字に似ていることから
名づけられたそうですが、下の写真のようにひっくり返っているのを見ると
陽気な大道芸人が飛び跳ねているようでもあり、つい顔がほころびました。

2007年10月18日 (木)

楽しそうに微笑んで

15storeptocarpella
暑い夏のうちは涼しいところで休んでいましたが、最近陽のあたるところへ
戻ってきてから花芽をつけ始め、今は7個の花が楽しそうに微笑んでいます。
大きさが6cmほどあって、冴えた紫色がとても印象的なストレプトカーペラと
いう花です。
白菜に似たような葉っぱで、室内の穏やかなところが好きな花のようです。
3年前に園芸センターの専門員から1枚の葉っぱをいただき、挿し葉をして
育てたものです。

2007年10月17日 (水)

秋のバラ-2

13shyakokku_2
14queen_elizabeth
東京に出かけたりして、しばらく花のアップがお留守になってしまいました。
花がないとやっぱり淋しい感じがしたので、再開の1ページ目は華やかな
秋バラということで始めたいと思います。
上の写真はシャコック(仏)<1984>というバラで、真っ赤な花びらが幾重にも
重なり、花の中心が黄色く染まって、とても華麗な感じがしました。
下はクィーンエリザベス(米)<1954>という名前で、ちょっと黄色味がかった
ピンクの色合い、穏やかな横顔には上品な雰囲気が漂っていました。

2007年10月15日 (月)

国立新美術館

10bijyutsukan
11syoumengenkan 12nyujyouken

審査が一段落した日の午後、お絵かき仲間と連れ立って、国立新美術館に
行って来ました。
上野から地下鉄を乗り継いで六本木の乃木坂で降りましたが、出口を間違
えてしまい、引き返すというハプニングもありました…(笑)
新美術館は、先日亡くなった建築デザイナー黒川紀章さんによるものですが
波のような斬新的なデザインとスケールの大きさにはびっくりしました。
公募展でも見ようと思ったのですが、ちょうどフェルメールの企画展があった
ので、それを観賞することにしました。
柔らかい光りが差しこむ穏やかですてきな作品に触れ、感激して帰りました。

2007年10月14日 (日)

審査風景

08museaum
09shinsafuhkei
東京での4日間はよい天気に恵まれ、ほんと半袖でもいい感じでした。
近くにとったホテルから、20分ほどかけて美術館へ通いました。
上の写真は、東京都美術館の入口付近ですが、まだ早い時間なので
入館しようとする方々はまばらです。
下は、運び込まれる作品を、番号札を上げて審査しているところです。
500点ほどの作品から入選作品を選び、さらに受賞作品や会員の推挙
などを決めたりしました。
ウチの会では、お年を召されたベテラン審査員が多いです…(笑)
ず~っとイスに座り通しだったなので、たいへん腰がいたくなりました。
審査の合間に六本木まで足を運びましたが、明日にしたいと思います。

2007年10月10日 (水)

お留守番

07senbonyari
これから4日間、留守にします。
都立美術館で公募展の審査があり、それに出かけることになりました。
訪問してくださる方々には失礼ですが、留守番に秋咲きのセンボンヤリ
置いていきます。
ブログは14日に再開する予定ですが、よろしくお願いします。

2007年10月 9日 (火)

甘く優雅な表情

05jyubiredyuprincedumonaco_1_1
06jyubiredyuprincedumonaco_1_1
秋バラが見ごろを迎えたというので、買い物をかねて出かけてみました。
たくさんのバラたちが、甘い香りを振りまきながら笑顔で迎えてくれました。
60枚ほどカメラに収めましたが、いちばん気に入ったのは、甘く優雅な
表情をしたジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ(仏)2000という花でした。
これから何回かに分けて、秋バラをアップしたいと思っています。

2007年10月 8日 (月)

とても鮮やか

04nanakamado
まだ暑さが残るころから色づき始めていましたが、涼しく
なったのに合わせるようにして、すっかり赤くなりました。
よく立ち寄る公園のナナカマドの実です。
緑の葉に映えて、とても鮮やかに見えました。
この葉っぱも、間もなくみごとに紅葉することでしょう。
ウチでは、朝晩ホットカーペットを使い始めました…^_^;

2007年10月 7日 (日)

うっとりするような香り

83kinmokusei
朝起きて窓を開けたら、なんとも言えないよい香りが漂ってきました。
匂いのする方向をたどると、奥まった方の木にオレンジ色の花が咲き
始めていました。
うっとりするような香りを放っていたのは、このキンモクセイの花でした。
ひと枝お借りしてきて玄関先に飾ったら、甘酸っぱい香りが部屋中に
みなぎり、とても幸せな気分になりました。

2007年10月 6日 (土)

鮮やかな紫色

82tamurasou
野辺では、濃い紫色のノハラアザミが秋風に揺れていますが、これに
よく似ているタムラソウの花が咲き出しています。
見た目はアザミにそっくりですが、こちらは茎や葉にトゲがなく、花姿も
いくらか優しそうに見えました。
紫色がひときわ鮮やかで、目にしみるような感じがしました。
キク科のタムラソウ属に分類され、アザミの仲間ではないようです。

2007年10月 5日 (金)

いつもより早い笑顔

81kongiku
野辺や山道を行くと、うす紫色のノコンギクが咲き乱れ、秋風に揺れています。
この写真の花はコンギクと呼ばれ、野生のノコンギクの改良種なそうです。
実際は濃い青紫色をしているのですが、朝日を浴びてノコンギクと変わらない
色合いに写ってしまったのが残念です…^_^;
いつもの年より早く笑顔を見せてくれたので、とてもうれしいです。

2007年10月 4日 (木)

気高ささえ感じられ

80shirohototogisu
igagurikunさんとこで、この間すてきなシロバナホトトギスの花を見せていた
だきましたが、ウチのもようやく咲き出しました。
日陰のせいか、草丈も低く、みなさんのところよりも遅咲きです。
でも、可憐で真っ白い花姿はいっしょのようでした。
一点の曇りもない白さには 気高ささえ感じられます。
いつまでも汚れることなく、清らかに咲き続けてほしいと願わずにはいられ
ませんでした。

2007年10月 3日 (水)

陽だまりが恋しそう

79koruchikam
葉っぱもない地面から花柄が伸びてきて、アッという間に咲いてくれました。
大きな花のわりには、優しそうな色合いや透き通る花びらをしていて、とても
可憐な感じがします。
すっかり涼しくなって、陽だまりが恋しそうに見えるコルチカムの花です。
早春に咲いてくれたクロッカスの、お姉さんみたいな花に思われました。

2007年10月 2日 (火)

気持ちよさそうに反り返して

77inuhouzuki
78inuhouzuki
里山の道ばたで、白い小花をたくさんつけた植物に出合いました。
黄色いシベを突き出し、気持ちよさそうに花びらを反り返しています。
初夏のころに咲くワルナスビにそっくりですが、ヒヨドリジョウゴにも
似ていると思いました。
花のそばには緑色の実がたくさん生っていて、イヌホウズキだという
ことが分かりました。

2007年10月 1日 (月)

おしゃれな感じ

76senburi
この季節になると、ぜひとも会いたくなる花があります。
高原へ通じる山道を探していたら、草むらの陰になってひっひりと咲いて
いるのに巡り合えました。
すっきりとしたした花姿は、茶目っ気たっぷりの女の子のようでした。
花びらには紫の線が入り、とてもおしゃれな感じのするセンブリの花です。
乾燥したものを煎じて飲むと苦いようですが、胃腸の薬になるそうです。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »