« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

微笑ましいカモたち

89kamo
90kamo
ふもとの川に白鳥を訪ねたとき、カモたちの群れにも出合いました。
カモたちはきれいな波紋を描きながら、自由に泳ぎ回っているようでした。
下の写真はカップルのようで、少し離れたところでのんびりと愛をささやき
合っていました。
カモたちの動きには微笑ましいところがあり、いつまでも立ち去りがたい
気がしました。
こんど行ったときには、キンクロやホシハジロなどにも合いたいです。

2007年11月29日 (木)

頬を染めた椿たち

87
88tamanoura
「世界の椿館」の花たちで、第3回目になります。
これは、絞初嵐という椿で、かわいい女の子が恥ずかしさのあまり、頬を
ポ~ッと染めたような花姿をしていました。
下の椿は、赤い花びらが縁に向かって白くかすみ、うっすらと雪がふり
かかったように見えました。
なんか日本的な風情を感じる、玉之浦という椿でした。

2007年11月28日 (水)

冬枯れの花に来たアブたち

85hanaabu
86hirataabu
日の傾くのが、たいへん早くなりましたね。
その短くなった日差しの中で、せっせと蜜を吸うアブたちの姿がありました。
吸っては離れ、離れては吸うという、ひたむきな姿には、心を打たれるもの
があります。
寒さになんか負けないで…、とエールを送りたくなりました。
上の写真は、冬枯れ寸前のツワブキにやってきたハナアブで、下は小菊の
蜜を吸うヤマトヒラタアブです。

2007年11月27日 (火)

初冬を彩る実たち

83sarutoriibara
84hekusokazura
里山では、茂った葉の陰で気づかなかった実などが、冬枯れが進んだため
よく目につくようになりました。
鮮やかな赤い実を見つけたので、枝を手ぐり寄せようとしたら、チクリとトゲに
噛まれてしまいました…^_^;
口に含んだら、甘い果汁がじわ~っと広がりそうなサルトリイバラの実です。
その道をしばらく行くと、今度は鈴なりになった金色の実に出合いました。
まぶしく輝いているのに、変な名前をいただいているヘクソカズラの実です。
ひとつ手に取ってみようとしたら、中から黄色い汁が出てきて、悪臭が漂って
しまいました…(笑)

2007年11月26日 (月)

冬の使者

81hakuchou
82hakuchou
風の丘のふもとに、白鳥が飛来する川があります。
たくさんやって来ているというので、早速会いに行ってきました。
優雅な真っ白い影を水面に映しながら、きれいな波紋を描いていました。
下は親子のようで、子どもの動きを優しく見守る母親の姿に、とても心が
引きつけられました。
寒さも忘れ、ほのぼのとした気分で帰ることができました。

2007年11月25日 (日)

毛糸のぼんぼり…

79yatsude
80yatsude
温もりを感じる優しい乳白色の花が咲き始めました。
冷たい北風などには弱音をはきそうな花姿ですが、けっこう健気に咲いて
いて、いっぱい元気をいただける花です。
全体は繊細なシベに包まれ、毛糸で作ったぼんぼりのようで、頬を寄せて
みたくなりました。
暖かい日にはハナアブやヒラタアブがやってきて、にぎやかになるヤツデ
の花です。

2007年11月24日 (土)

お留守番

78azumarenpou
また、突然出かけることになりました。
遅く帰ることになりそうなので、留守番を置いていきますので
よろしくお願いします。
これは、先週プチ旅行に行ったとき、新幹線やまびこの車窓
から見えた、雪を頂いた吾妻連峰の姿です。
こんどの大雪で、裾野まで白くなったことでしょう。

2007年11月23日 (金)

灯かりが入ったよう

76hinodefuji
77hinodefuji
「世界の椿館」で出合った花で、日の出富士という椿です。
外側は甘いピンク色に染まり、先にいくにしたがって色が変化していました。
花の中は灯かりが入ったようで、その温もりのある花姿には癒されるような
感じがしました。
この花のように優しく麗しい人でありたい…などと、なれるはずもないことを
考えてしまいました…^_^;

2007年11月22日 (木)

旅の花

74bougainvillea
75kiminosenryou
こちらでは一日中雪が降り続き、白い世界に変わってしまいました。
プチ旅行で訪れた熱海の暖かさが、たいへん恋しくなります。
これは宿の庭に咲いていたブーゲンビリアで、温室でしか見たことが
なかったウチにとってはまぶしく見え、とても驚かされました。
下はキミノセンリョウで、赤い実は見慣れていましたが、黄色い実は
初めてお目にかかったような気がします。

2007年11月21日 (水)

何の花…

72cactus
73cactus
さて、この花は何でしょう…
上のピンク色に包まれた花は、今から開こうとしているところです。
優しい色合いには心が惹かれますが、花姿はいかにも不思議な表情を
しています。
下の花は同じ株に咲いたものですが、透明感に満ちた花びらは、まるで
シルクで出来た花のように見えました。
親指ほどのかわいい花をつけるサボテンで、ウチのお気に入りなんです。

2007年11月20日 (火)

魅了する椿たち

70yabutsubaki
71shiratama
先週、「世界の椿館」というところで、椿が咲いているということを知り、居ても
立ってもいられなくなり出かけてきました。
260種類ほどあるなかで咲いていたのはわずか20数種類でしたが、魅了
するような椿たちに出合うことができました。
椿というと、まず思い浮かぶのは、やっぱりこの赤いヤブツバキですよね。
気取るところが少しもなく、慎ましやかな花姿が、とても印象に残りました。
下の写真は白玉(初嵐)という椿ですが、つぼみがまん丸なのでついた名前と
いうことです。
楚々とした佇まいには、心が洗われるような思いがしました。

2007年11月19日 (月)

雪に震える花

68kogiku
69tsuwabuki
弟が町田市に新居を構えたので、お祝いをかねてプチ旅行をしてきました。
色づき始めたばかりの芦ノ湖を訪ねたとき、ちょっとだけ顔を見せてくれた
秀麗な富士山には、たいへん感動しました。
熱海に宿をとりましたが、庭にはブーゲンビリアが咲き乱れていて、その
暖かさには驚きました。
夜遅く帰宅しましたが、朝起きてみたら庭が雪で真っ白くなっており、また
びっくりしました。

2007年11月17日 (土)

お留守番

67toukaede
今日、明日とお出かけすることになりました。
お留守番に、茶菓子のトウカエデを置いていきますので、お出での節は
どうぞお召しあがりください…
先生が催されたお茶会のお手伝いのときに、いただいてきたものです。
月曜日まで、ご訪問できないかと思いますので、よろしくお願いします。

2007年11月16日 (金)

哀しすぎるような

65kawaranadeshiko
66sekichiku
ブログ仲間のオレンジさんから、季節はずれのホトケノザを、igagurikunさん
からはタツナミソウを見せていただき、たいへんびっくりしました。
ところが、ウチの花壇の片隅で、初夏の花、カワラナデシコが咲いていたので
またまた驚いています。
雪が舞うこの季節に、夏の花とはあまりにも哀しすぎるような気がしました。
下の花は、年賀状を買ったときにいただいてきたセキチクです。
同じナデシコの仲間ですが、明るく微笑んでいる姿にホッとしました。

2007年11月15日 (木)

優しい色合い

64wabisuke
ウチの庭で、今、西王母と競演するように咲いているのが、この椿です。
品種名は不明ですが、慎ましやかな佇まいをしている侘助系の花です。
ピンク色をした優しい色合いには、心が温まる思いがしました。
すっかり淋しくなった庭先を、明るく彩ってくれています。

2007年11月14日 (水)

健気に咲いて

63abelia
公園のわきを通ったら、淡いピンク色をした可憐な花が冷たい風に揺られて
いました。
春からず~っと咲き続けてきたようですが、鮮やかな他の花に目を奪われて
気づかないでいたようです。
周りに彩りが少なくなり、ようやく目にとまるようになったアベリアの花です。
寒い中を健気に咲く姿を目の前にして、そ~っと両手で抱えてあげたくなり
ました。

2007年11月13日 (火)

山茶花に急かされて…

61seioubo
62shirotsubaki
山茶花の花に急かされるようにして、早咲きの椿が咲き出しました。
上の写真は、数年前から育ててきた西王母という椿です。
全体が淡いピンク色に染まり、花芯に向かってしだいに赤みが増して
甘く優しい雰囲気を漂わせていました。
下の写真は、公園の片隅で出合った白い椿です。
真っ白ではなく、さ~っとオレンジがかっていて、ほのかな温もりが
感じられました。

2007年11月12日 (月)

ベランダに彩りを

59pansy
60pansy
これから早春にかけて、淋しくなったベランダに彩りを添えたいと思い
ようやく花苗を求めてきました。
品種名もついていない普通のパンジー苗ですが、五種類ほどを鉢に
植え付けました。
どれも根付いたようで、みんな元気に笑顔を振りまいています。
寒い季節に入りますが、温かく見守っていこうと思っています。

2007年11月11日 (日)

小鳥の好きな実

57pyracantha
58nanten

2007年11月10日 (土)

風に咲く花たち

55cha
56sazanka
白い器に黄色い粟菓子をのせたように見える、すてきな花に出合いました。
抹茶でいただいたなら、どんなにかおいしいことでしょう…
はい、この花は茶の花でした…^_^;
ピンクの花は、風の丘の近くの神社で咲いていた山茶花の花です。
はじけそうな色合いですが、なぜか優しく慎ましやかに見えてしまいます。
北風にも負けないで、元気に咲き続けてほしいと思いました。

2007年11月 9日 (金)

虹のような笑顔

54kogiku
イソギクに花びらのついた変種が生まれたのは、このコギクの影響では
ないかと思っています。
イソギクの鉢を、いつもこの花の側に置いて育てていたからです。
変種は、昆虫が運んだ花粉によって交配した種から育ったものでした。
でも、虹のようにすてきな笑顔のコギクが親だとしたら、これほど良いこと
はないと思いました。

2007年11月 8日 (木)

主役が交代

52kitateha
53hirata_abu
この間、イソギクをアップしましたが、ヒマワリのような花びらがあり、なんか
変だと思っていました。種がこぼれて育った株に咲いた花でした。
本来のイソギクが咲き出したので、改めてアップしようと思いました。
カメラを向けて撮ろうとしたら、ちょうどキタテハがやってきて止りました。
こちらはすぐ飛び立ってしまいましたが、しばらくして、今度はヒラタアブが
止り、密を吸うのに夢中になりました。
主役が、花から昆虫に変わってしまいました…^_^;

2007年11月 7日 (水)

温室の花たち-2

50hanakirin
51yatorofa
トゲをいっぱいつけた大きなサボテンが立ち並んでいた片隅で、ひっそりと
咲いている花がありました。
ピンク色をした真ん丸い花で、小さい女の子の髪に飾ってあげたらかわいい
だろうナ…と思われました。ハナキリンというサボテンの花です。
下の写真はヤトロファ・インテゲリマという花で、濃いピンク色の花模様は
まぶしく感じられました。
いつまでも、この輝きを失わないようにしてネ…、と願わずにはいられま
せんでした。

2007年11月 6日 (火)

花遊び-2

48kuroyuri
49shirorindou
アレンジメントで使った残り花で、お遊びをしたときのものです。
野に咲く花でもないので、バックを思いきって白抜きにしてみようと思い
窓にトレシングペーパーを張って撮ってみました。
これは黒薔薇ですが、光りに透けて赤くなってしまいました…^_^;
まるで、おいしそうなお菓子のようにも見えました。
下の写真は白竜胆ですが、中に光りが入り、かわいい照明器具を上に
向けたようでした。

2007年11月 5日 (月)

寂しく佇んで

46sazanka
47sazanka
慎ましやかに咲いている山茶花には、より心が惹かれます。
でも、こちらはあまりにも慎ましやかで、誰にも振り向いてはもらえず寂しそう
に佇んでいました。
哀れに思えて、カメラを向けたら、うっすらと微笑んでくれたようでした。
下の山茶花も、優しそうな色合いで親しみを感じますが、人知れずひっそりと
咲いていました。
柔らかい日差しだけが、温かい声をかけてくれているようでした。

2007年11月 4日 (日)

可憐な乙女

44sazanka
45sazanka
賑やかに色づいた紅葉に目がいきますが、公園などの片隅ではひっそりと
咲き出している花がありました。
それは、彩りの少なくなった初冬を優しく包んでくれる山茶花の花です。
山茶花にはいろいろな種類があるようですが、心が惹かれるのはやっぱり
慎ましやかに咲く基本種のような気がします。
上は咲き誇っているところですが、下は開き始めたばかりで、可憐な乙女と
いう感じがしました。

2007年11月 3日 (土)

秋色の装い

42ichou
43doudan
里でも、木々の葉っぱがすっかり色づいて、いよいよ秋が深まったという
感じがします。
上の写真は、風の丘のふもとにある神社のイチョウで、まぶしいほどに
黄色く染まり始めました。
このイチョウを横目で仰ぎながら、朝晩、仕事に通っています。
下はウチの庭のドウダンで、陽を浴びると燃えるような装いになります。
今は賑やかな庭ですが、間もなく冷たい風が吹きぬけて行くことでしょう。

2007年11月 2日 (金)

温室の花たち

40fuhrinbussouge_2
41pakisutakisu_2
ドテカボチャに出合った展示室のわきでは、熱帯性の花が咲いていました。
上の花は、いつかigagurikunさんのブログで見せていただいたような気が
するフウリンブッソウゲです。
吊り下がった花姿からは風鈴が思い起こさせられ、さわやかな音色が聞こ
えてきそうな感じがしました。
下はパキスタキスという花で、黄色と白の対比がとてもきれいでした。
撮って、撮って!、と強く呼び止められたような気がして、ついシャッターを
押しました…^_^;

2007年11月 1日 (木)

美しい黄色と朱色

38tsuru_umemodoki
39tsuru_umemodoki
黄色い果実が三つにさけて、朱色の鮮やかな実が顔を出しました。
このツルウメモドキは、ニシキギ科のツリバナやマユミと同じ仲間で
黄色と朱色の美しい対比には、心が躍らされるような気がします。
透明感のある瑞々しい実は、つまんだら甘い果汁が口いっぱいに
広がるような感じがしました。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »