« 微笑ましいカモたち | トップページ | 雪のような花たち »

2007年12月 1日 (土)

第二ステージ

91metasequoia
92metasequoia
白鳥が飛来するする川から、車で10分ほどのところに少し大きめの沼があって
そこにも白鳥がやってきます。
この沼のほとりには桜などの咲く公園が整備されていて、ときとどき訪ねては
写真を撮らせてもらっています。
その公園の一角に、赤茶色に染まった、とてもきれいな木がありました。
こちらでは、モミジなどの紅葉はお終いになったので、ことさら目を引きました。
メタセコイアという木のようでした。

« 微笑ましいカモたち | トップページ | 雪のような花たち »

」カテゴリの記事

コメント

もうそちらではモミジは終わってしまったのですね。
針葉樹でしょうか?針葉樹の紅葉はあまり見た記憶がありません。
モミジと比べると赤さにかけますが、これはこれできれいですね。自分も今度この木を探してみます。

こんばんは

メタセコイアの紅葉?ですか。
ここらでは見かけない木ですが、綺麗ですね。
葉の形に特徴があって、赤茶の色がよく似合っています。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 針葉樹の黄葉というと、カラマツを思い起こしますが
 これはメタセコイアのようです。
 モミジほどの華やかさはありませんが、冬枯れの中
 では、けっこう目をひきました。

☆ jun さん。こんばんは~♪
 針葉樹では、カラマツの黄葉もきれいですが、この
 メタセコイアの赤茶色も、周りが淋しくなったせいか
 たいへん目だっていました。
 寒さとともに、間もなく散ってしまうことでしょう…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 微笑ましいカモたち | トップページ | 雪のような花たち »