« 思い出の木立 | トップページ | まぶしいほどの笑顔 »

2008年1月14日 (月)

ふわ~っと舞うよう…

90begonia
91begonia
もう、見飽きたかと思いますが、ベゴニアの5回目です。
この花たちは柔らかい和紙で出来たかのように、ふわ~っとした姿を
していました。
フウ~と息をかけると、花びらは優しく舞うようにも思われました。
花芯には灯かりが入ったように、ほのかに揺らめいているようでした。

« 思い出の木立 | トップページ | まぶしいほどの笑顔 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ふわっとしてきれいな色合いの花ですね。ベゴニアは種類が多いですね。
midiのBGMはタイトルも素敵なきれいな曲ですね。爽やかな感じで癒されます。

いやはや、飽きただなんて。。。
そんな事はないですよぉ~
ストレスがどうも溜まりがちなときに
ふんわり優しい花を見ると本当癒されるんです。
曲も素敵です。(*^-^)ニコ

BGMがかわりましたね。せつない曲ですね。
ベコニアはいろいろな色の花があるのですね。バラにも負けない優雅さとバリエーション豊富な色合いがこの花の奥深さを感じさせてくれました。

こんばんは。
柔らかな花びらのベコニアは本当に綺麗です。
さわったら壊れそうな感じで少しの風にも揺らいで
守ってあげなくてはと思わされます。

こんばんは。
優しい色合いのベゴニア癒されます。
花色も豊富で変化に富んで種類も多そうですね。
曲変わりましたね"^_^"

こんばんは

ベゴニアの花ですか・・ 良い色合いですね。
この色見てると飽きが来ませんね・・水彩画にも
良く合う色です。さすがに花の表現のしかた、いいですね。

こんばんは~♪
ふわぁ~っと舞い上がるこの躍動感
ベコニアの表情・・
以前私も母と見たことがあるお花~
懐かしい記憶が蘇ってきました~
バックミュージックの心地よさに
チョッと涙が~(笑)
風恋さん・・・有り難う~♪

風恋さん、☆こんばんわ(^∇^)~☆

でも、何回見ても、最初薔薇のように見え
ますねぇ?
このベゴニアって薔薇のように大きいのですか?
わたし、一度撮ったのですけど、小さなお花
でした。わたしも、また、撮ってみたいです♪

こんばんは

フワッとした、優しい色合いのベゴニアですね。
心が和むようです。
私も昨日、ベゴニア園に行ってみました。
久しぶりにスタンドタイプのベゴニアを見てきました。

☆ 霧の小次郎 さん。こんばんは~♪
 球根ベゴニアには、いろいろな花色や花姿がある
 ようですが、これはふわっとした感じの花でした。
 BGMは、花を中心にしたブログにはやや淋しすぎ
 るかナ…、とも思っています。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 同じベゴニアが、ずいぶん続いてしまいましたが
 花は心を和ませてくれますよね…
 この季節、花の写真がなくて困っています…^_^;
 BGMがわずらわしくならなければいいですが…

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 BGMですが、花のブログに果たして適切かどうか
 迷っています…
 ちょっと淋しすぎるかナ…、とも思っています。
 薔薇咲き、牡丹咲きなど、種類が多いようです。

☆ 舞のおかあさん。こんばんは~♪
 このベゴニアたちは、花びらが柔らかい和紙で
 出来ているかのようでした。
 息をかければ、ふわっと揺れ動く感じがしました。
 ベゴニアには、いろいろな種類があるようです。

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 このベゴニアたちは、ポピーの花びらのように
 ふわふわと揺れ動くような感じがしました。
 BGMは、花ブログにふさわしいかどうか、大変
 迷いました…^_^;

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 球根ベゴニアには、薔薇のような花や、ふわっと
 した牡丹咲きの花など、種類が多いようですね。
 展示されている花を撮るとき、光りの方向や撮る
 角度が自由でないので、大変苦労しています^_^;

☆ みーこ さん。こんばんは~♪
 ふう~っと息をかけると、ひらひらっと舞うのでは
 ないかと思われるほど、柔らかそうな花びらをして
 いました…
 お母さんといっしょにご覧になった、思い出の花
 だったんですね…

☆ オレンジ さん。こんばんは~♪
 何度も、同じベゴニアの花で、申し訳ありません。
 ほんと優雅な薔薇のような姿をしていました。
 大きさも薔薇と同じか、一回り大きめのものが
 多かったようです。

☆ jun さん。こんばんは~♪
 ベゴニアには、いろいろな花色や花姿があって
 楽しめますよね。
 jun さんも、ベゴニアの花をご覧になってきたの
 ですね~
 写真を見せてもらこと、楽しみです…♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出の木立 | トップページ | まぶしいほどの笑顔 »