« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

憧れの花

38zazensou_1
39zazensou_2
ついに夢が叶って、憧れの花に出合うことができました。
真っ白い水芭蕉が咲いていた隣で、静かに佇んでいた座禅草です。
この名前は、頭巾をかぶったお坊さんが座禅をしている姿にちなんで
名づけられたそうです。
一風変わったズングリとした姿は、名前に似つかわしくなく、とても
微笑ましく思われました。
周りの様子を伺っている花は、赤茶色をした仏炎苞にしっかりと包まれ
たいへん暖かそうに見えました。

2008年3月30日 (日)

雪の精のよう

37mizubashou 雪解けが進んだ近くの
沢で、雪の精のような
真っ白い花が咲き始め
ました。
清らかでさわやかな風
が漂う花姿には、心が
洗われるようでした。
優しい仏炎苞に抱かれ
た黄緑色の花は、大変
安らいだ表情に見えま
した。
「美しい思い出」という
花言葉がいっそうこの
花をすてきにしている
ように思われました。
水芭蕉の花です。

2008年3月29日 (土)

舞い降りた妖精

36katakuri
陽光を浴びて、花びらを軽やかに反り返しているカタクリに出合いました。
その姿は、衣を翻しながら空から舞い降りてきた妖精のようです。
うす紫の色合いには雅な雰囲気が漂い、気品に満ちたご婦人のようにも
思われました。
花言葉は、「静かな貴婦人」なそうです。
カタクリが咲いていた里山には、ウグイスの声が響き渡っていました。

2008年3月28日 (金)

遅ればせながら

34yukiwarisou_1
35yukiwarisou_2
北国にも桜便りが届くようになり、すっかり春爛漫という感じになって
きました。
そんな季節の中で、雪解けを待って咲き出すと言われる雪割草が、
今さらという感じですが、まぶしいばかりに笑顔を振りまいています。
この可憐な花姿に魅せられて数鉢育てていますが、部屋に取り込ま
なかったので遅い開花となりました。
上の花は園芸コーナーでもよく見かける基本種ですが、この色合いが
とても気に入っています。
下の白い雪割草は、知人からいただいたものですが、花びらの先が
うっすらとピンク色に染まっていて、初々しさが満ちあふれています。

2008年3月27日 (木)

身を乗り出すようにして

32hotokenoza_1
33hotokenoza_2
「雲さ~ん、どこへ行くの~」
「ウチらも連れてって…」
「山の向こうに行ってみたいよ~」
そんな声が聞こえてきそうな気がしました。
風の丘の畑のわきに、うす紫色の小花がたくさん咲いていました。
丸い葉の間から身を乗り出すようにして、青空を流れる雲に話しかけて
いるように見えたホトケノザです。

2008年3月26日 (水)

色合いは薄れても…

30ran_1
31ran_2
ウチに来てからしばらくなりますが、そのころはうすピンク色に染まっていて
とても可憐な感じがしました。
手入れが悪いせいか、このところ色合いが醒めてきたように思われます。
「桃園」という愛称が与えられたシュンランとシンビジュームの交配種で
大きさが4cmほどの花です。
色合いは薄れたものの、まだ色香は残っているようで、元気に咲いてくれる
ところがとても気に入っています。

2008年3月25日 (火)

賑やかなおしゃべりが…

28yukinoshita_1
29yukinoshita_2
このところの暖かさに、ヒマラヤユキノシタがグングンと花芽を伸ばし、ついに
笑顔を見せ始めました。
クリッとした丸い姿は可憐な乙女のようで、たいへんかわらしく感じられます。
「さあ、みんな起きて…!」、「空があんなにきれいだヨ…」
「わ~、ほんとだ~」、「まぶしいよ~」、「ルン、ルン、ルン…♪」
賑やかなおしゃべりが聞こえてきそうです。
紅色のガクに淡いピンクの対比が、とてもきれいだと思いました。

2008年3月24日 (月)

花火のよう…

27shoujoubakama
里山の縁で、花火のような花が咲き始めました。
咲いたばかりで、まだ初々しさに満ちあふれています。
互いに手をかざして、訪れた春をよろこび合っているようにも見えました。
うす紫の花びらに、濃い目の葯が彩りを添えて、雅な雰囲気を漂わせている
ショウジョウバカマ(猩々袴)という花です。
この名前は、葉が紅葉した状態を、想像上の動物「猩々」の顔色にたとえて
名づけられたのだそうです。

2008年3月23日 (日)

拍手を送りたい

26minisuisen
ここ2、3日の初夏を思わせるような暖かい天候に、庭の花たちも春の列車に
乗り遅れまいと、急ぎ足で花をつけ始めました。
これは、春の陽射しを精いっぱい楽しんでいるように見えるミニスイセンです。
背丈が10cmほど、花の大きさも5cmにも満たないかわいいスイセンです。
小さいながらも誇らしげに咲く姿には、つい拍手を送りたくなります。

2008年3月21日 (金)

澄んだ音色が…

25asebi
かわいいつぼ型の花が、こぼれるばかりに咲いていました。
吊り下がった花たちは、それぞれ風に揺られて、澄んだ音色を響かせて
いるようでした。
うすピンク色に染まり、初々しさも感じられる馬酔木(アセビ)の花です。
こんなすてきな花に、毒性が秘められているなんて、信じられない気が
します。

2008年3月20日 (木)

誇らしげな花姿

23mikaibai_1
24mikaibai_1
いよいよ北国にも桜の開花予想が出され、期待感が大きくふくらみました。
でも、咲き乱れる光景が見られるのは、まだ先のことになります。
いま、ちょうど満開を迎え見ごろになったのが、この梅の花たちです。
これは「未開梅」という紅梅で、揺れ動くフレアな花びらに、軽やかに踊る
シベが、華麗な雰囲気を醸しだしています。
春の訪れを謳歌するように、誇らしげに咲いていました。

2008年3月19日 (水)

何度、踏まれても…

22tokiwahaze_1
花壇の脇で、何度も踏みつけられては、また立ち上がる健気な花が
咲いています。
横が5ミリ長さが7ミリほどの小さな花で、目を凝らさないと気づかない
かも知れません。
花姿がちょっと分かりにくいですが、ムラサキサギゴケにそっくりです。
これまで、何回か登場してもらったトキワハゼです。
この季節から晩秋のころまで咲くというので、「トキワ…」と名づけられた
ようです。
「ガンバリすぎないで…」と、声をかけたくなるような花です。

2008年3月18日 (火)

競うつぼみたち

20sanshuyu_1
21sanshuyu_2
日曜日に知人を訪ねたら、サンシュユの花が大きくふくらんで、まさに
咲こうとしていました。
鮮やかな黄色いつぼみが肩を寄せ合い、だれがいちばん先に開くかを
競っているように見えました。
このところの暖かさで、一気に黄色い状態になったということでした。
晴れやかに咲き揃ったころに、また撮らせてもらうことにしました。
サンシュユが咲きだすと、春の装いがすっかり整ったという感じがします。

2008年3月17日 (月)

花遊び

18laceflower_1
19laceflower_2
ブルーボードをバックにして、この白い小花で遊んでみました。
さて、この背比べをしているような花は何でしょう…
はい、下の写真を見れば分かるとおり、レースフラワーです。
花姿にふさわしい、すてきな名前をいただいていますね。
アレンジメントで使った花のひとつです。

2008年3月16日 (日)

ホッとした様子

98sazanka
もう、桜便りも聞かれるころとなりましたが、春咲きの山茶花が咲き始め
淋しい庭に彩りを添えています。
山茶花は初冬を飾ってくれる花ですが、なぜかこの子は春に咲くんです。
早めに咲いて桜と重ならず、みんなから見てもらえて、ホッとしているよう
でした。
春咲きなので凛とした風情はありませんが、鮮やかな色合いには心が
引きつけられます。

2008年3月15日 (土)

凛とした雰囲気

96miyakonishiki 97kaiun
白梅は紅梅より開花が遅く、まだほころび出したばかりでした。
白梅は寒さ耐えて咲く感じが強く、凛とした雰囲気を漂わせていますね…
上は八重咲きの「都錦」という白梅で、見ごたえがあるように思われました。
下は一重で清楚な感じが強く、「開運」と名づけられていました。
こちらで梅の花が満開になるのは、まだ先になるようです。
ふくよかな梅の香りに包まれる日がとても待ち遠しいです。

2008年3月14日 (金)

咲いたよろこび

94kankoubai_1
95kankoubai_2
季節の巡りが遅い北国にも、ようやく春がやってきたようです。
ここ数日の暖かさに、梅の花がポツリポツリと咲き始めました。
上は、「寒紅梅」という梅で、咲いた喜びをはちきれんばかりの笑顔で
表しているようでした。
この日が来るのを、寒さに耐えながらじ~っと待っていたのでしょう…
下の写真も同じ「寒紅梅」ですが、別の木に咲いた花のせいか、それとも
土などの条件が異なるからなのか、淡い色合いをしていて優しい女の子と
いう感じがしました。
頬をさすような冷たい北風はもう吹かないで…、と祈りました。

2008年3月13日 (木)

踊るシベたち

93kekitsunenobotan_2
公園の池の縁で、目にも鮮やかな黄色い花に出合いました。
春浅い北国で、こんな花に出合うことはめずらしいことです。
丸みを帯びた5弁の花にたくさんのシベが踊り、とてもかわいい花でした。
葉っぱや茎に毛があり、ケキツネノボタンかと思われますが、名前は確か
ではありません。
健気に咲く姿には、寒いなんて弱音を吐いてはいけないと思いました。

2008年3月12日 (水)

いじらしい花姿

91scillasibelica_1
92scillasibelica_2
この透明感のあるさわやかな色合いに魅せられて育ててきました。
ヒヤシンスに似た葉っぱの間から青いつぼみを覗かせていましたが、この
ところの暖かさにほだされて、ついに笑顔を見せてくれました。
背丈の短い花茎の先に、かわいい花をつけたシラーシベリカです。
咲いたよろこびを、慎ましやかに表わそうとしている姿が、とてもいじらしく
感じられました。

2008年3月11日 (火)

見つけた小さな春

90suzumenokatabira
花と言ってもいいか分からないほど、地味で目につきにくい花です。
3cmにも満たない草の中から、小さな花穂を伸ばしイネのような白い花を
咲かせていました。
花壇の縁で、何度も踏みつけられては立ち上がり、ついに花をつけるところ
まで成長したスズメノカタビラです。
田んぼや道ばたなどでも普通に見られる花ですが、ここにも春を見つけた
ような気がしました

名前は、小さな穂をつけた花序のようすを、スズメに着せた単衣の着物に
見立ててつけられたそうです。
スズメは小さくかわいいという意味、カタビラは単衣の着物を指すそうです。

2008年3月10日 (月)

春が恋しかった花

88tanetsukebana_1
89tanetsukebana_2
地面に張りつくように伸びた赤紫色の葉っぱの中に、白い点のような花を
見つけました。
大きさは縫い針の穴ほどもありません。
大きく撮ってみると、伸びやかな白い花びらに黄色いシベがある、しっかり
した花だということが分かりました。
よく見ると、周りにはたくさんのつぼみが出番を待っていて、これらが咲き
揃うと、下の写真のようになるようです。
春が待ち遠しかったタネツケバナの花です。

2008年3月 9日 (日)

一気に春の装い

87ranunculus
ふわ~っとした雰囲気や柔らかい色合いには、うららかな春を思わせます。
この間、花屋さんに立ち寄ったら、ラナンキュラスが目にとまり、その優しい
花姿に惹かれて、連れて帰りたくなりました。
いろいろな色がありましたが、この黄色い花にひとめぼれしてしまいました。
玄関先がパ~ッと明るくなり、一気に春の装いに変わりました。

2008年3月 8日 (土)

初々しい色合い

86fukinotou
雪解けしたばかりの里山の縁で、フキノトウを見つけました。
深い雪の下で、この日が来るのをじ~っと待っていたのでしょう。
まだ、陽の目を見たばかりで色合いも浅く、とても初々しく感じられました。
やがて、花芽を伸ばして白い小花をたくさん咲かせることでしょう。
北国にも、うららかな春が一歩一歩近づいているようで、心がはずみます。

2008年3月 7日 (金)

燃えるような…

85living_fire
しばらくぶりで、また蘭展で出合った花に出てもらうことにしました。
ソフロレリオカトレアの仲間で、「living fire」と名づけられていました。
名前が示すとおり、この華麗で真紅に染まった蘭には、燃えるような情熱が
伝わってくるようでした。
女王のような威厳さえ感じる花姿に、すっかり圧倒されてしまいました。

2008年3月 6日 (木)

旅立ちの日に

84tabidachinohini
     「旅立ちの日に」 
            作詞 小嶋 登 作曲 坂本浩美
白い光りの中に 山なみは萌えて
  遥かな空の果てまでも 君は飛び立つ
    限りなく青い空に 心ふるわせ
自由を駆ける鳥よ 振り返ることもせず
  勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
    この広い大空に 夢を託して

風の丘のふもとの中学校に、卒業式がやってきました。
卒業式で歌う合唱曲の練習をしているのでしょう…
「旅立ちの日に」という曲が流れてきました。
つい、仕事先の窓を開けて、聞き入ってしまいました。
すてきな未来があるように…、と心の中で祈りました。

2008年3月 5日 (水)

ウサギの耳のよう…

82hakobe_1
83hakobe_2
里山の縁で、ひっそりと日向ぼっこをしている白い小花に出合いました。
大きさは6~7ミリほどしかなく、よく見ないと見逃してしまいそうでした。
花びらは10枚のように見えますが、深い切り込みが入った花びらなので
実際は5枚なのだそうです。
子ウサギの耳のようで、とてもかわいらしいウシハコベ(?)の花です。
ここでも、また春を見つけたようで、とてもうれしくなりました。

2008年3月 4日 (火)

灯かりのよう

80crocus_1
81crocus_2
雪が解けて地面が暖かくなるのを待っていたかのように、クロッカスの花が
咲き出しました。
春らしい陽光を浴びて、気持ちよさそうに空を仰いでいました。
オレンジ色のシベは、うす紫色のすてきな容器に灯されたろうそくの炎の
ようにも見えます。
これも太陽と仲良しで、陽がかげってしまうと閉じてしまう花です。
季節の巡りが遅い北国にも、春を告げる花がようやく笑顔を見せ始めました。

2008年3月 3日 (月)

つい、あくびが…

78himeodorikosou1
79himeodorikosou_2
花の大きさが5ミリほどしかなく、赤紫色の葉っぱに隠れて、目を凝らさない
と見つけにくい花です。
陽だまりのところでは正月明けから見られるようですが、土手や畑の縁など
でもようやく見られるようになりました。
葉っぱはもちろん、花までも産毛のようなものに覆われていて、防寒対策は
しっかりしているようです。
暖かい陽射しを浴びて、つい、あくびがもれてしまったようなヒメオドリコソウ
の花です。

2008年3月 2日 (日)

春のイメージ

77oubai
ベランダに取り込んでいたオウバイが咲き出しました。
小さな花ですが、レモンイエローがとても目を引きます。
うららかな春をイメージさせてくれる色合いには、心がはずみます。
きのう降った雪も、陽が高くなるにつれて、あっという間に消えて
しまいました。
春の淡雪という感じで、風の丘にもようやく春の兆しが見えてきた
ようです。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »