« 舞い降りた妖精 | トップページ | 憧れの花 »

2008年3月30日 (日)

雪の精のよう

37mizubashou 雪解けが進んだ近くの
沢で、雪の精のような
真っ白い花が咲き始め
ました。
清らかでさわやかな風
が漂う花姿には、心が
洗われるようでした。
優しい仏炎苞に抱かれ
た黄緑色の花は、大変
安らいだ表情に見えま
した。
「美しい思い出」という
花言葉がいっそうこの
花をすてきにしている
ように思われました。
水芭蕉の花です。

« 舞い降りた妖精 | トップページ | 憧れの花 »

」カテゴリの記事

コメント

本当、純白ですね。。。
花言葉も花の特徴を捉えていて、ぴったりです。
(*^-^)ニコ

こんばんは

純白の水芭蕉、綺麗ですね。
先日の姪っ子の花嫁姿を思い出しました。

水芭蕉の花って歌の歌詞にあってよくききますが、こういった花なんですね。キャンドルに優しい炎がともってるみたいです。
自分はこの花の花言葉の美しい思い出を今年たくさん作っていきたいです...

こんばんは。
森の妖精とも呼ばれる水芭蕉、綺麗ですねぇ、
群生になってる湿地に行って見たいです。

こんばんは

白と黄緑色が素朴で綺麗ですね。
見る機会が少ないんですが、久しぶりに見るとハッと
します・・ 暗い背景に白く浮かんでるような
精なんですね

雪の精、本当にそう感じますね。
それにしても昨日のかたくりの花、今日の
水芭蕉と素敵なお花のupに見惚れています。
花言葉「美しい思い出」も頷けます。
夜分眺めてもそこだけがぽっと灯が灯るような
そんな気がしたりします。
じっと佇み暫く眺めて居たいお花ですね。

風恋 さん、★こんばんわ~★

水芭蕉が、咲いたのですねぇ?水芭蕉って、
春に咲くお花だったのですね?もちろん、自生
しているのでしょう?まだ、見たことないのですけ
れど、一度見てみたいです。アンスリウムによく
似ていますねぇ?色は白だけなのですか?(・∀・)♪tulip

♪水芭蕉の花が、咲いている♪♪
って歌が聞こえてきました~♪
「美しい思い出」という花言葉なんですね~。
なんだかぴったりですね~。
私もこれから水芭蕉を見る目が変わりそうです。。。
誰が見ても「水芭蕉」とわかる特徴のあるお花の形。
大好きです。。。

こんばんは・・・時々おじゃましています・・・

 水芭蕉は、群生していてもそれぞれが、尊厳を持って自立している様子が伝わって来る花ですね。

 この写真を見て、なんだか里心がついてしまいました。これが群生する北の里に、住んでいました・・。

 今はもっとずっと北の街ですが、そろそろ私の里でも、春の準備が始まっていることでしょう・・。帰ろうかなぁ・・・

風恋さんおはようございます。
仏炎苞に抱かれ黄色の花がとっても綺麗に
咲いていますね。
お母さんが優しく
子供さんを抱いているかのように・・
微笑ましく思われます。

清々しい仏のような感じさえ受けます。

失礼いたしました。名前を入れるのを忘れてしまいました。
もう水芭蕉のシ-ズンなんですね。仏のような清々しさは心が洗われます。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 雪の精みたいに、真っ白な花には心が洗われる
 思いがしました。
 いつまでも心に残る印象的な花ですよね…

☆ jun さん。こんばんは~♪
 咲いたばかりで汚れもなく、純白の初々しい姿
 をしていました。
 ほんと花嫁姿のドレスのようでもありました。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 「夏の思い出」というすてきな歌がありますが
 それに水芭蕉の花が歌われていますね。
 心に残る美しい思い出をつくってくださいね…

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 この花が咲いた周りは、ポッと明るくなったよう
 に思われますよね。
 清冽な水の中で咲いているところを見てみたい
 です。

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 真っ白い仏炎苞に包まれた黄緑色の花が
 わずかに彩りを添えていました。
 暗い湿地の中で、白い花は目だっていました。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 この水芭蕉は雪解けしたばかりの湿地の中に
 咲くので、雪の精の化身のように思われました。
 咲いている、そこだけが明るく見えるようでした。

☆ オレンジ さん。こんばんは~♪
 歌では夏の思い出として歌われているようです
 が、水芭蕉は雪解け後に咲く花ですね…
 アンスリウムと同じサトイモ科の植物のようです。

☆ まつんこ さん。こんばんは~♪
 柔らかな曲線を含む純白の花は、いちど目に
 すると忘れられなくなりそうです…
 「夏の思い出」という歌にも登場していますね。

☆ non さん。こんばんは~♪
 汚れも知らず凛と佇む姿には、ほんと神々しさ
 さえ感じますますよね。
 水芭蕉の咲く故郷へ、ぜひ帰ってきてください。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 真っ白い仏炎苞が花を包んでいる様は、ほんと
 母親が優しく子どもを抱いているようでした。
 とても微笑ましく思われました。

☆ ドロンケン さん。こんばんは~♪
 水芭蕉の凛とした姿は、光背を背にした仏さま
 のようにも見えますよね…
 この清々しさにはほんと心が洗われるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 舞い降りた妖精 | トップページ | 憧れの花 »