« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

庭を彩る花たち

03niwazakura
04hanazuou
北国の桜は、駆け足で去っていきました。
今、ウチの庭を彩ってくれているのが、この花木たちです。
上の花は、朝日を浴びてさわやかな笑顔を見せていたニワザクラです。
2cmほどしかない花ですが、八重の花びらがうすピンク色に染まって
いる姿は、とても可憐で心が奪われそうでした。
下は枝を取りかこんで、こぼれるばかりに咲いているハナズオウです。
幹全体がピンク色の花で飾られ、祭りがきたような華やかさがあって
ウキウキした気分に包まれました。

2008年4月29日 (火)

雫を宿したイカリソウ

81ikarisou_1
82ikarisou_2
うす黄色のキバナイカリソウ、真っ白いトキワイカリソウに続いて
うす紫のイカリソウが咲き出しています。
このイカリソウは、風の丘の周辺でふつうに見られる野草です。
雨上がりのあとで雫が宿り、とてもさわやかな感じがしました。
下の色合いの濃いイカリソウは、知人のところからウチの庭に
引っ越してきたもので、麗しい花姿には魅せられています。
園芸種かと思われますが、品種名は不明です。

2008年4月28日 (月)

たすけてー!

79rashoumonkazura_1
80rashoumonkazura_2
わ~、こわい…、たすけてー!
 どうしたの…、そんなにあわてて~
だって、見てごらん。
大きな口をあけて、にらんでるいる…
 ふふふ…、だいじょうぶよ~
 きれいな色でしょ!
お口のまわりに、ヒゲがある…
 ラショウモンカズラっていう花なのよ。
 安心してね…

夢のほとりで

78rose
アレンジメントで使った薔薇の花です。
華麗というよりは、しっとりと落ち着いた色合いで、気品に満ちているようでした。
BGMを張りつけるための画像です。
「夢のほとりで」は、「夢幻のオルゴール工房」さんからお借りしたものです。

2008年4月27日 (日)

ワインカラーに輝いて

76aoki_1
77aoki_2
遠目には、花が咲いているのか分からないほど小さく地味な花たちです。
冷たい風が吹くころになり、真っ赤な実を見つけて、初めてこの木がアオキ
だったということを知らされます。
アオキは雌花が咲く株と、雄花がつく株はちがっているようです。
上が雌花で、下が雄花です。雄花には葯が4~6個のものがありました。
地味な花も、光りを通すとワインカラーに輝き、きれいだと思いました。

2008年4月25日 (金)

木漏れ日を浴びて

75iwauchiwa
風の丘から、ちょっと奥まった山の中でイワウチワが咲き出したというので
さっそく出かけてみました。
雪解けしたばかりの林の中で、木漏れ日を浴びて、春の訪れをよろこんで
いるようでした。
うすピンク色をした可憐な花姿には、初々しさがにじみ出ていて、すっかり
魅せられてしまいました。
いつまでも、きれいでいてね…と、思わずつぶやいていました。

2008年4月24日 (木)

お茶目な感じ

73murasakikeman_1
74murasakikeman_2
林の縁で、ピンク色のきれいな花に出合いました。
長い筒状の先は赤紫色に彩られ、美しいツートーンカラーを描いていました。
春の優しい風に、気持ちよさそうに揺れていたムラサキケマンの花です。
キケマンと同じように、周りの様子を伺っているようですが、こちらはいくらか
お茶目で、かわらしいところがあるように思われました。

2008年4月23日 (水)

うつむいて咲く花

71snowfrake
72baimo
長い茎の先から下向きの花を下げ、静かにそよ風に揺られていました。
もう、みなさんのブログでお馴染みの花たちですが、上の真っ白い花は
スノーフレーク(スズランスイセン)で、花びらの先端に緑の斑点があって
とてもかわいらしく感じます。
黄色いシベは、ランプシェードに灯った明かりのようにも思われました。
下の花はバイモで、内側についている網目状の模様は、とてもお洒落な
感じがしました。
こんな模様のブラウスを着て、ショッピングに出かけてみたいものです。

2008年4月22日 (火)

大空を駆ける鳥のよう

70tokiwaikarisou
真っ白い翼を広げて、大空を駆ける鳥のようです。
清楚な白い花が咲き揃うと、まるで白鳥たちが飛翔しているよう
にも見えてきます。
心が洗われるようなトキワイカリソウの花です。
寒い冬の間も葉を落とすことがなく、いつも緑々しているいことから
トキワ(常盤)という名がついたようです。

2008年4月21日 (月)

舞の名手

69hitorishizuka
木漏れ日が差しこむ林の中に、ひっそりと佇んでいました。
真っ白い花糸が重なり合うように出ていて、とても繊細な感じの
するヒトリシズカという花です。
舞の名手だった静御前をイメージして名づけられたそうです。
 静御前には、次のような言い伝えがあるようです。
  源義経を愛し続けた静は捕らえの身となり、頼朝の前に引き
  出されて、白拍子の舞を命ぜられました。
  気が進みませんでしたが、「しづやしづ しづのをだまき くり返し
  昔を今に なすよしもがな」、「吉野山 峰の白雪 ふみわけて
  入りにし人の 跡ぞ恋しき」と義経を慕う歌を唄いながら、舞った
  のだそうです。

2008年4月20日 (日)

元気を取りもどして…

68murasakisagigoke
一目千本桜を見に行ったとき、散策コースの堤防わきで、無残にも踏み
つけられて瀕死の重傷を負っている花に出合いました。
あまりにもかわいそうなので、連れ帰って介抱してあげようと思いました。
鉢に入れてやり半日陰で休ませておいたら、2、3日ほどで元気を取り
もどし、可憐な花を見せてくれるようになりました。
いつも見ているのは、もっと青味を帯びていますが、この子は鮮やかな
ピンク色をしていました。
大きさが2cmほどしかないかわいらしい花、ムラサキサギゴケです。

2008年4月19日 (土)

北国の桜

66sakura_1
67sakura_2
北国ではようやく桜が満開となり、春爛漫という感じになりました。
風の丘からはちょっと遠いのですが、「日本さくら100選」に選ばれている
一目千本桜を見に行ってきました。
天候にも恵まれ、たくさんの行楽客が押しかけて賑わっていました。
約7kmの堤防に750本ほどの桜が咲き揃い、みごとな景観をつくり圧倒
されるばかりでした。
2枚目の写真は、遠く古城跡に咲く桜をバックに撮ってみたところです。
北国の桜はあっという間に過ぎ去り、何ごともなかったように寂しくなります。

2008年4月18日 (金)

ウチも見て…!

65karasunoendou
季節の遅い風の丘にも、ようやく桜前線が届き、春爛漫という感じです。
さっそく桜の名所と言われるところへ出かけましたが、青空が広がる良い
天気だったので、大勢の行楽客で賑わっていました。
みごとに咲き誇る桜に見とれていましたが、ふと足元の草むらに目をやる
と、ピンク色の小さな花が「ウチも見て…!」と呼びかけていました。
「ごめんネ、いま撮ってあげるから…」と、心であやまりながらシャッターを
押しました。
チョウのようにかわいらしいカラスノエンドウの花です。

2008年4月17日 (木)

花言葉は陰謀

64kakidoushi
この季節になると、この花は道ばたや野辺など、どこでも見られるように
なります。
ふつうはピンク色をしていますが、これは青味が強くてとても目が引かれ
ました。
優しい春の陽射しを浴びて、仲良くならんであくびをしているようでした。
繁殖力が強く、垣根をくぐりぬけるほど茂るということから、カキドウシと
名づけられたようです。
ちなみに、花言葉は「陰謀」なそうですが、的を得ているようで笑ってしま
いました…

2008年4月16日 (水)

愛おしく…

62ichirinsou_1
63ichirinsou_2
白くかわいい花が、優しい春の風に揺れていました。
近寄ってみたら、花びら(ガク片)の先がうす紅色に染まっていて、とても
初々しく感じられしました。
ミスミソウやキクザキイチゲと同じキンポウゲ科の仲間で、この可憐な姿
には心が虜になってしまいそうでした。一輪草の花です。
二輪草という微笑ましい名前の花もありますが、慎ましやかに一輪だけ
咲く花に、愛おしくさえ思われました。

2008年4月14日 (月)

四方を伺っているよう

60kikeman_
61kikeman_2
長さが2cmほどの黄色い花が、花茎から広がるように咲いています。
よく見ると、得体の知れない生物が首をそろえて四方をジ~ッと伺って
いるようにも感じられました。
陽光を浴びて、鮮やかな彩りを放っているキケマンという花です。
仏前を飾る装飾品の「ケマン」に似ていることから、この名がついたと
いうことです。

2008年4月13日 (日)

日本的な優しいイメージ

59tachitsubosumire
風の丘の周辺では、うす紫色のかわいい花たちが道ばたを彩っています。
そ~っと呼びかけてくるような表情を見せるタチツボスミレの花です。
すみれと言う名前には奥ゆかしさがあり、日本的な優しいイメージが漂い
ます。
いろいろなすみれに出合いますが、たいへん種類が多く、名前を特定する
のはとても難しいと思いました。
でも、これからもスミレの花を追いかけてみたいと思います

2008年4月12日 (土)

身を引く異様な姿

58murasakimamushigusa
濃い紫色の仏炎苞には伸びやかな白い線が走り、たいへんすてきな造形美を
示していますが、見るからに異様な姿には身を引いてしまいました。
里山の縁で、ニョキッと頭をもたげたようにして咲いたムラサキマムシグサです。
花茎などにマムシに似た斑紋があり、このような名がついたということです。
秋には赤い実が生りますが、全体に毒性があり小鳥もついばまないようです。

2008年4月11日 (金)

神秘的な感じ

57himekansuge
里山の林のわきで、クリーム色の小さい花に出合いました。
緑色の細長い葉の間から数本の花穂を伸ばし、風に震えていました。
白い紙を束ねたような花姿には、神秘的なものを感じてしまいます。
花穂の大きさは2cmほどで、道ばたや林の中でよく見かける花(雑草)です。
カンスゲの仲間のヒメカンスゲかと思われますが、名前が特定できません
でした。

2008年4月10日 (木)

薄紫の可憐な姿

55kikuzakiichige_1
56kikuzakiichige_2
庭隅でユキヤナギがほころび出したので、近くまで覗きにいったとき
ひっそりと隠れるように咲いている花に気づきました。
山野で咲く花に目を奪われて、ウチにもあったことを忘れていました。
もっと目の届くところに引っ越しさせてあげなければ…、と思った
キクザキイチゲの花です。
うす紫色の可憐な姿には、つい手を差しのべたくなりました。

2008年4月 9日 (水)

引いてしまう花

53kibanaikarisou_1
54kibanaikarisou_2
林の縁の陽だまりの斜面で、不思議な花が咲きだしました。
怪しく揺れる4本の突起は、獲物を捕らえようとする生物の触手のようで
ちょっと引いてしまいますよね…^_^;
これはイカリソウの仲間で、黄色に染まっていることから、キバナイカリソウ
と呼ばれるようです。
単に「イカリソウ」と言われる花は、ピンク色をしていますね…
触手のようなものは距と言われ、その姿が舟を泊める碇に似ていることから
イカリソウと名づけられたようです。

2008年4月 8日 (火)

哀しい神話が…

52hyacinthus
甘く優しい香りに誘われて、つい我を忘れてしまいそうになりました。
みんな顔を寄せ合い、咲いた喜びを称え合っているようです。
水栽培をしていたヒヤシンスが、みごとに咲き揃いました。
ギリシャ神話によると、美少年のヒヤキントスがアポロンにたいへん
かわいがられており、これに嫉妬した西風のゼフィロスが、ふたりが
円盤で遊んでいるところに強風を吹かせ、ヒヤキントスの頭に円盤を
ぶつけて死なせてしまったとか…
このとき流れた血の跡から、きれいな花が咲き出したと言われます。
その花がヒヤシンスなそうです。

2008年4月 7日 (月)

賑やかな装い

50rengyo_1
51rengyo_2
この花が咲きだすと、淋しかった庭が一気に賑やかになったような気がします。
ヒュウガミズキと競演を始めたレンギョウの花です。
伸びた枝に隙間なく花をつけ、庭先に灯かりが灯ったように明るくなりました。
踊るようにねじれた花びらの奥には、オレンジ色のしま模様が見られ、彩りを
添えていました。

2008年4月 6日 (日)

愛しい花姿

48enreisou_1
49enreisou_2
ツヤのある大きな葉っぱの真ん中に、3cmほどの小さな花が咲きました。
きのう、ブログ仲間の igagurikun さんに、この3枚の花被片が赤茶色の
ものを見せていただきましたが、ウチのはどういうわけか緑色をしています。
ユリ科の植物なそうですが、まったくそのイメージはなく、地味で素朴な
花姿は愛しささえ感じます。エンレイソウの花です。
いよいよ、春を彩る山野草が咲き始めたようです。

2008年4月 5日 (土)

踊る白い足

46fukkisou_1
47fukkisou_2
緑々した葉に隠れるようにして、小さな花穂が覗いていました。
あまり目にはつきませんが、近くに寄って大きく撮ってみると、ウキウキ
するような面白い花でした。
どんなお祭りか何のコンクールかは分かりませんが、すらりとした白い
足がたくさん踊っているように思われたからです…(笑)
花びらがなく、シベだけのめずらしい花、フッキソウ(富貴草)です。
冬枯れせず、いつも緑の葉を茂らせている…、ということで、この名が
つけられたそうです。

2008年4月 4日 (金)

きれいな星屑のよう

45tsurunichinichisou_1_1
地面を這うように茂った緑の蔦から花芽を伸ばし、青紫色の花が
たくさん咲き出しています。
きれいな星型をしている花姿は、まるで空から降ってきた星屑の
ようです。
夜空の向こうの星物語を聞きたいようなツルニチニチソウの花です。

2008年4月 3日 (木)

甘く優しい色合い

44uguisukagura
うすピンク色の星型をした、かわいい花が咲き出しました。
2cmにも満たない小さな花ですが、なぜか心が惹かれます。
熟れたオシベと長い花柱が彩りを添え、甘く優しい色合いを
見せるウグイスカグラの花です。
初夏のころには透明感のある赤い果実が実り、小鳥たちを
よろこばせてくれることでしょう。

2008年4月 2日 (水)

ヒヨコの優しさ

42hyugamizuki_1
43hyugamizuki_2
やわらかな黄色に染まった花びらはふわふわ~っとしていて、まるで
誕生したばかりのヒヨコのようです。
中から覗くシベは、この花にアクセントを添えて、よりいっそう美しさを
演出しているようでした。
10ミリにも満たない小さな花ですが、枝いっぱいに咲き誇り、彩りが
なかった庭を明るく照らしてくれているヒュウガミズキの花です。
バックにブルーボードをかざして撮りました。

2008年4月 1日 (火)

素朴さはそのまま

40yukiwarisou_1
41yukiwarisou_2
しばらく前に、知人のところから引っ越してきた野生の雪割草です。
初めのころは真っ白い清楚な花でしたが、最近は淡いピンク色の花や
花びらが丸いもの、シベが紫色のものなどバラエティに富んだものが
咲くようになりました。
でも、野生種の素朴さはそのままなので、とても心が安らぐ思いです。
数十株にも増えた雪割草が、玄関脇の陽だまりで咲き誇っています。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »