« 哀しい神話が… | トップページ | 薄紫の可憐な姿 »

2008年4月 9日 (水)

引いてしまう花

53kibanaikarisou_1
54kibanaikarisou_2
林の縁の陽だまりの斜面で、不思議な花が咲きだしました。
怪しく揺れる4本の突起は、獲物を捕らえようとする生物の触手のようで
ちょっと引いてしまいますよね…^_^;
これはイカリソウの仲間で、黄色に染まっていることから、キバナイカリソウ
と呼ばれるようです。
単に「イカリソウ」と言われる花は、ピンク色をしていますね…
触手のようなものは距と言われ、その姿が舟を泊める碇に似ていることから
イカリソウと名づけられたようです。

« 哀しい神話が… | トップページ | 薄紫の可憐な姿 »

」カテゴリの記事

コメント

イカリソウの開花、早いですね!
わが家の子はようやく芽が出たところです。
宇宙船みたいです。
f(^ー^;

こんばんは。
珍しい形をした花ですね。風恋さんの近くで見れるんですよね。こういう花がさり気なく咲いているとは羨ましい限りです。

なんか宇宙船が惑星に着陸するところみたいに見えますね。
個性的な華もいいですね!新鮮な感じです。

こんばんは~。
イカリソウ、私もいろいろ持ってるんですが、キバナイカリソウは持ってないんです~。
アップにすると、けっこうゴツイんですね~smile

こんばんは

色々な花があって、花の世界も面白いですね・・
いつも勉強になり感謝です。花には見えず実なのか
と思いました・・ 黄緑の花も良いですね。

キバナイカリソウ、初めて見ました~。
不思議な形の花ですね。
なんだか今にも動き始めそうですね~。
肉眼で見たくなりました♪

イカリソウ、不思議な形をした
お花ですね。
ほんと!イカリの形をしていますね。
優しい黄色ですが、何かを捕まえる様な
格好にも見えます。
大きなお花なのでしょうか?

イカリソウは白いものを見たことがあります。
とても撮りにくかったのですが、ガクの赤もよく映えて、きれいに撮られていますね。
黄色いイカリソウもきれいです。

風恋さんおはようございます。
イカリソウでしたか(^^♪
風恋さんの画像は楽しいですね
コメントを読んで花名がわかるまで
わくわくしながらいつも見せていただいています。
山野草は派手でなくしっとり咲くところが
私は大好きです。ありがとうございました。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 枯葉の下から花芽が覗いたと思っていたら、あっと
 いう間に伸びて花が咲きました。
 着陸しようとしている宇宙船のようでもありますね。

☆ 霧の小次郎 さん。こんばんは~♪
 イカリソウは、不思議な花姿をしていますよね…
 山野に咲く花は、慎ましやかで楚々とした佇まい
 を見せるものが多いですね。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 宇宙船が着陸しようとしている姿にも見えますね。
 この花は一風変わった花姿をしています。
 間もなく、真っ白いトキワイカリソウも咲きだします。

☆ ポエポエ さん。こんばんは~♪
 よく見かけるエンジ色のイカリソウはまだですが
 このキバナイカリソウは早々と咲いてくれました。
 かわいい花ですが、大きくすると怖い感じでした。

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 山野に咲く花は、目を引くような華やかさはあり
 ませんが、楚々とした美しさに心が惹かれます。
 けっこう個性的な花が、多いようです。

☆ まつんこ さん。こんばんは~♪
 距と呼ばれる腕のようなものが伸びていて、何か
 をとらえようとしているように見えてしまいました…
 不思議な姿をした花がありますね。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 4本の距と呼ばれるものがあって、ほんとイカリの
 ような姿をしていますよね。
 名づけ親には、たいへん感心してしまいます。

☆ とんとん さん。こんばんは~♪
 真っ白いイカリソウ(トキワイカリソウ)も間もなく
 咲き始めようとしています。
 下向きに咲くので、撮るのに大変苦労しました(笑)

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 妖怪のような花姿をしていますよね…
 思いついたことを、ただ書き綴っていますので
 後で顔を赤らめることが度々あります…(笑)
 ウチも楚々とした美しさに、惹かれています。

nightと言っても雨ですが・・・
キバナイカリソウは初めては意見させて貰いました。これも普通の山野草なのですか?
妙高ではトキワイカリソウが咲き出しました。ピンクのイカリソウは殆ど見る事がありません、長野県境付近に有るらしいのですが・・・。

☆ ロココ さん。こんばんは~♪
 そちらでは、真っ白いトキワイカリソウが咲いて
 いるんですね~
 風の丘でよく見かけるのは、赤紫のイカリソウ
 ですが、このキバナイカリソウも咲いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 哀しい神話が… | トップページ | 薄紫の可憐な姿 »