« 身を引く異様な姿 | トップページ | 四方を伺っているよう »

2008年4月13日 (日)

日本的な優しいイメージ

59tachitsubosumire
風の丘の周辺では、うす紫色のかわいい花たちが道ばたを彩っています。
そ~っと呼びかけてくるような表情を見せるタチツボスミレの花です。
すみれと言う名前には奥ゆかしさがあり、日本的な優しいイメージが漂い
ます。
いろいろなすみれに出合いますが、たいへん種類が多く、名前を特定する
のはとても難しいと思いました。
でも、これからもスミレの花を追いかけてみたいと思います

« 身を引く異様な姿 | トップページ | 四方を伺っているよう »

」カテゴリの記事

コメント

すみれも椿と同様、名前は誰もが知ってる花ですね。でも椿と同じくいろいろな種類があることを知ってる人は案外少ないのかも...自分もその一人です。これからも風恋さんが紹介してくれるいろいろなスミレを楽しみにしています。

スミレの花、可愛いですね。。。
その花姿は、追いかけたくなる魅力がありますね!
そうですね、名前の由来の炭入れはともかく『スミレ』の響きは非常に美しいものがあります。
(*^-^)ニコ

風恋さん、tulip★こんばんわ~★tulip

このタチツボスミレ、自生しているのですね?
葉の丸いところは、ニオイスミレに似ていますね
?この見分けは、ややこしいのではないでしょう
か?こちらで、よく見かけるのは、細長い葉の
スミレと、たまに、葉の丸いニオイスミレをみかけ
たりします。質素で素朴で可憐なスミレは、日本
人好みかもしれないですよね~(*^▽^*)♪tulip

こんばんは

このスミレは私の方でも見かけます。名前は知らな
いんですが。園芸種の派手さが無い素朴なところが
かえって美しいですね・・ 飽きがきません。
構図、良いですね。

こんばんは
優しい色のとても綺麗なすみれですね。
すみれの花は大好きです。
最近道沿いでも沢山すみれを見かけます。
舗装された道路の隙間からも
可愛く花開いています。
健気でとても愛しく感じますよ~

すみれ~♪可愛いですね、やっぱり♪
この花に性別をつけるとしたら、私はやっぱり女性だと思います~。しかも「女子」。初々しさもあって清楚でしなやか。やさしい雰囲気が大好きです~♪
これからも素敵なスミレの写真、UPして楽しませてくださいね~♪

風恋さんおはようございます
タチツボスミレ優しい色合いが
大好きです。散歩中に見かけますと
すみれの前で足が止まります。。可愛いですね
野のスミレのアップ・・
これから楽しみにしています

風恋さん、こんにちは♪

春の野の花は可憐な花ばかり、
お天気のいい日は歩くだけで幸せな気持ちになれますね。
何の変哲もない駐車場や路地裏にも春が訪れるだけで
片隅に揺れる花たちが優しい日溜まりの空間に・・・。
田んぼにはレンゲの花。
アスファルトの隙間にはたんぽぽの花。
「あそこにもここにも、花が咲いている」。
そしてすみれ。
この花に出会うと心が包み込まれるような気持ちになれます。
花言葉は「慎ましき幸福」・・・だそうです。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 すみれと言うと、だれでもうす紫色のかわいい花を
 すぐ思い浮かべますよね。
 でも、色や姿のちがうものがたくさんあるようです。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 山野などで紫色の可憐なすみれに出合うと、つい
 近寄りたくなりますよね。
 すみれという名前には、奥ゆかしさを感じます。

☆ オレンジ さん。こんばんは~♪
 タチツボスミレの仲間に、香りのあるニオイスミレ
 というのがあるようですね…
 これは茎が枝分かれして長く伸び、次々と花を
 つけるようです。

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 このすみれは慎ましやかな感じがして、とても
 愛しく思われますね。
 もっとたくさん咲いている場面を撮りたかったです。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 このすみれ色には、ほんと魅せられてしまいます。
 前に、舗装の隙間から花を咲かせていた写真を
 見せてもらいましたが、その健気さには驚きました。

☆ まつんこ さん。こんばんは~♪
 初々しくて優しい雰囲気には、ほんと女の子って
 感じがしますよね。
 すみれの可憐な花姿に、魅せられています。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 野辺などで、紫色のすみれに出合うと、つい近く
 まで寄ってみたくなりますよね…
 いろいろなすみれを、探し歩いてみたいです。

☆ blue camel さん。こんばんは~♪
 こんなところにまで…、と思われるようなところにも
 春の花が健気に咲いていて、心が揺れますね。
 「慎ましき幸せ」、すてきな花言葉をありがとう
 ございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身を引く異様な姿 | トップページ | 四方を伺っているよう »