« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

優しく、さわやか…

37ajisai_1
38ajisai_2
39ajisai_3
友だちと買い物に行った帰りに、公園に立ち寄ってみました。
公園のはずれでは、紫陽花の花が今盛りとばかりに咲き誇っていました。
上の紫陽花は咲き始めたばかりで、まぶしいほどの初々しさを漂わせて
いました。
真ん中は晴れた空の色を映したようで、とてもさわやかな感じがしました。
下の紫陽花は、和紙をうす紫色のインキで染めたように、優しい色合いを
見せていました。
ウチも紫陽花の花のように、優しくさわやかな人間になりたいと思いました。

2008年6月29日 (日)

清楚な花姿

35kashiwabaajisai_1
36kashiwabaajisai_2
白い花が穂のように咲いているカシワバアジサイです。
幾重にも重なった花びらの中心が、ほんのりと緑色に彩られているだけの
清楚な紫陽花です。
青やピンクの紫陽花とちがい、慎ましやかな白花には心が洗われるような
清々しさを感じました。
北国では、さわやかな紫陽花の季節を迎えています。

2008年6月28日 (土)

変わった花姿

33tamagawahototogisu
34kitsurifune
今、庭で咲いている黄色い花たちですが、どちらもちょっと変わった姿をして
います。
上の花はタマガワホトトギスですが、花びらは赤茶色の斑点で彩られ、花柱
3つに裂けて広がり、透明なガラス玉のようなものをたくさんつけています。
下はキツリフネという花で、大きな口を開けたような花が吊り下がったように
して咲いています。
横から見ると、ユラユラと揺れる舟のような姿をしているので、この名前が
与えられたそうです。

2008年6月27日 (金)

華麗で、優美

32kujyakusaboten
真っ赤なつぼみがしだいにふくらみ、いつ咲いてくれるのかとワクワクして
いました。
先日、仕事から帰ったら、玄関先で半分開いたまま、出迎えてくれました。
その後、何度か覗きに行くと、その度に花びらを広げ、暗くなりかけたころ
には、すてきな笑顔を振りまくようになりました。
次の朝、さっそく記念撮影をしてあげました。
華麗な中にも、優美な表情を見せるクジャクサボテンの花です。
こんな麗しい美人さんが、とてもうらやましく思われました…^_^;

2008年6月26日 (木)

やや賑やかな印象

30dokudami_1
31dokudami_2
庭木の下の暗がりで、真っ白い花が咲いています。
踏みつけたりすると、鼻をつまみたくなるような臭いを放つドクダミの花です。
一重の花はどこでも見られますが、これは八重咲きで、3年ほど前にお茶の
お稽古仲間から株分けしてもらったものです。
一重のさわやかな感じに対して、八重咲きはやや賑やかな印象を与えて
くれるようです。

2008年6月25日 (水)

晴れやかに…

29kinshibai
緑の葉影の前で、まぶしいばかりの花が咲いています。
梅雨の合間に顔を出した太陽のようです。
何かと曇りがちな心を、晴れやかにしてくれるキンシバイの花です。
花芯から伸びたシベは、四方に光りを放っているようでした。
かすかに匂う良い香りに頬を寄せ、しばし癒しの世界に身をゆだねました。

2008年6月24日 (火)

憂いを秘めて

26hotarubukuro_1
27hotarubukuro_2
28hotarubukuro_3
梅雨のころを迎え、庭先でひっそりと咲いているホタルブクロたちです。
うつむき加減に咲く姿には、憂いを秘めているようにさえ思われました。
楚々とした野生種の白花には、いっそうその思いが伝わってくるようです。
赤紫色の花は、しばらく前に友だちのとこからやってきたもので、園芸種
のようです。
私のことを忘れないで…、という表情をしていますが、どこまでも静かな
佇まいを見せているように思われました。
一番下のピンクの花は、白い花と赤紫の花から生まれた二世のようです。
乙女の憂いが滲み出ているような花姿は、互いに慰め合っているようにも
感じられました。

2008年6月23日 (月)

砂浜に咲く花-2

24hamaendou_1_2
25hamaendou_2_2
山村に住む風恋にとっては、海浜に咲く花はめずらしく、目を奪われます。
ハマヒルガオが咲き乱れる脇では、鮮やかな紫色をしたハマエンドウの
花が咲き誇っていました。
桜のころ、川の土手で出合ったカラスノエンドウにそっくりの花でした。
砂浜という厳しい環境の中で、潮風にもまれながら健気にも美しく咲く
ハマエンドウの姿を見て、どんな困難なことがあっても、もっと強く生きて
いかなければ…、と思いました。

2008年6月22日 (日)

砂浜に咲く花

22hamahirugao_1
23hamahirugao_2
お絵かき仲間で、1泊2日のミニスケッチ旅行に行ってきました。
今年は海を描こう…ということになり、奥松島に出かけました。
あいにくの曇り空のため、制作意欲はイマイチというところで、夜の会の
方がたいへん盛り上がってしまいました…^_^;
1日目、会員が集まるまでの間、海水浴場の砂浜に出てみました。
そこには、うすピンク色のハマヒルガオが、手を取り合うようにして咲き
乱れていました。
この優しい色合いに、スケッチに来たことを、しばし忘れてしまいそう
でした。
…ということで、昨日はブログをお休みし、みなさんとこへのご訪問を
失礼させていただきました。

2008年6月20日 (金)

星の妖精のよう

21shichidanka
北国のこちらも、いよいよ「梅雨入りしたと思われる…」ということです。
梅雨に元気な花と言えば、紫陽花がいちばん咲きに思い浮かびますね。
風の丘では、見ごろは先になりそうですが、それに先立ってさわやかな
色合いをしたシチダンカが咲き始めています。
ガクアジサイの仲間で、装飾花は八重のかわいらしい形をしていました。
庭木の陰で青く輝いている姿を見ると、まるで夜空から舞い降りた星の
妖精のように思われました。

2008年6月19日 (木)

里山のおいしそうな果実

19uguisukagura
20kiichigo
里山の縁では、春のころに可憐な花を咲かせていたものに、おいしそうな
果実が熟してきました。
真っ赤な丸い実は、ピンクの花を咲かせていたウグイスカグラの果実です。
口に含むと、甘いさわやかな果汁が広がり、子どものころによくつまんだ
ことを思い出しました。
黄色いツブツブした方は、白い花をつけていたモミジイチゴの実です。
こちらは、甘酸っぱい果汁を含んでいて、木キイチゴの代表的なものです。
時間があったら、たくさん摘んでジャムを作ってみたいナ…、と思いました。

2008年6月18日 (水)

憧れの花

15niwazekishou_1_3
16niwazekishou_2_3
17niwazekishou_3_3
18niwazekishou_4_3
北国のこちらでも、お終いになってきたニワゼキショウの花たちです。
公園などの芝草の中に、楚々とした可憐な佇まいを見せる、この花を目に
すると、思わず駆け寄ってしまいます。
でも、憧れの白い花には、なかなか出合うことが出来ず、芝草のある所に
行ったときは、いつもその花を探していました。
ところが、用事があって知人を訪ねたら、玄関先に咲いていたではありま
せんか。
憧れの花に巡り合い、ドキドキしながら撮らせていただきました。
白い花が見つかるまで温めておこうと思っていたものも、いっしょにアップ
することにしました。
2枚目と3枚目までの青や紫の花は、ウチの花壇で咲いたものです。

2008年6月17日 (火)

慎ましやかなお化粧

14yukinoshita
庭木の薄暗がりの下で、白い小花が吹き散らしたように咲いていました。
夏のような暑い日だというのに、そこだけは雪が舞っているようでした。
大きく撮ってみたら、黄色いシベの周りには、ピンクの斑点が入った小さい
花びら3枚と、大きな花びらが2枚のすてきな花でした。
小さいながら、慎ましやかなお化粧をほどこし、伸びやかな振舞をしている
ように見える花姿には、愛しささえ感じられました。
ユキノシタという花です。

2008年6月16日 (月)

希望をつないで

13kibou
温かいお見舞いのお言葉、ほんとうにありがとうございます。
今回の地震は、亡くなられた方々も多く、たいへん悲しい災害となって
しまいました。
今日も、行方不明になっている方々の捜索や、道路などの復旧作業が
懸命に行われています。
一刻も早い救出や復興を願って、1986年に日本で生まれた「希望」と
いう名の薔薇をアップすることにしました。
柔らかなローズピンクに彩られた花びらは外側が白く、折り紙で作った
花のように思われました。

2008年6月15日 (日)

心安らげずに…

12hanashoubu
この度は、お見舞いのお言葉をいただき、どうもありがとうございました。
激震に見舞われた当地では、今日も大きな余震が続き、行方不明者を
救出する活動が必死に行われています。
崖崩れなどによって寸断された生活道路の復旧も始まっているようです。
救急ヘリや取材ヘリが、ひっきりなしに頭上を飛んでいきます。
…ということで、風恋は、まだ落ち着いた心になれません。
今日の画像は、西行桜と名づけられた白い花菖蒲ということにしました。

2008年6月14日 (土)

頭を隠したハナムグリくん

11hanamuguri
今朝、風の丘では大きな地震に見舞われました。
食事の後片づけが終わって、TVの前でくつろごうとしたとき、とつぜん
下から突き上げるような衝撃が走り、その後立つこともできないような
大きな揺れが30秒ほど続きました。
食器棚では大きな音とともにグラスなどが倒れ、棚からはいろいろな
物が落ちてきて、恐怖のどん底につき落とされました。
近隣では、亡くなった方やケガ人がたくさん出たようです。
今日の画像は、コアオハナムグリくんが怖くなって、アザミの中に頭を
隠したように見えるものにしました…^_^;

2008年6月13日 (金)

和紙染めのような薔薇

09arinka
10peace
薔薇の花の第2章です。
今回は、和紙染めのように優しい色合いをした花たちです。
上はドイツ生まれのアリンカという薔薇で、黄色い花びらの縁がローズ
ピンクに染まり、落ち着いた佇まいを見せています。
花の中に、明かりが灯ったような雰囲気には、心が安らぐ思いをしました。
下は、クリーム色の花びらの先が、柔らかなピンク色に染まり、たいへん
かわいらしい感じがしました。
第2次大戦直後に、フランスで育成されたピースと言う名の薔薇で、暗い
戦争から解放され、希望に満ちた世界を…、という願いがこめられていた
のでしょう…

2008年6月12日 (木)

葉挿しで育った花

08storeptcarpella
今年も、ストレプトカーペラが笑顔を見せてくれました。
これは、数年前、ある県の園芸センターを訪ねたとき、専門員から
葉挿しでも根が出ますヨ…と、いただいてきた一枚の葉をから育ち
咲いたものです。
6cmほどもある大きさ花で、鮮やかな紫色がとても印象的です。
写真を撮ったときはふたつだけでしたが、今では七つの花が咲き
競っています。

2008年6月11日 (水)

目を引く芍薬

06shakuyaku_1
07shakuyaku_2
芍薬のパート3は、芍薬の丘ではちょっと変わっていた花に出てもらうこと
にしました。
上の芍薬は、どこの家でも見られるものですが、揺れ動く花びらの重なり
には目が引かれました。
揺れ動くと言っても、色合いはどこまでも優しい感じがしました。
下は咲き出したばかりのようで、花の姿は整っていませんが、白い花びら
にピンクの絞りが入っていて、とてもかわいらしく映った芍薬です。
きれいに咲きそろったなら、どんなにか優雅に見えることでしょう…

2008年6月10日 (火)

リッチな気分に

03ohbansou
04ohbansou_2桜のころ、紫色の優雅な花を
咲かせていたオオバンソウ(
ルナリア)の果実が熟してきま
した。
大判型の平らなサヤの中には
実がくっくりと透けて見えます。
下はコバンソウの花穂で、間も
なく金色の小判となって輝き出
すことでしょう。
大判、小判という名前を聞いた
だけで大変リッチになった気分
になりました…^_^;
05kobansou

2008年6月 9日 (月)

上品で華麗な花姿

01prince_de_monaco_1
02prince_de_monaco_2
はっきりしない天候が続いていましたが、土曜日には青空が広がり、夏の
ような天候になりました。
友だちと連れ立って、買い物がてら、これ幸いと薔薇園を訪ねてみました。
気持ちのよい天気に誘われて、大勢の行楽客が押し寄せていました。
前日の雨で、花はちょっと傷んでいましたが、200種、1200株の薔薇の
花は、みごとに咲き誇っていました。
いちばん心が惹かれたのは、やはり2000年にフランスで生まれた薔薇、
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコでした。
花びらの先に向かって、しだいに赤味が増し、この世の花とは思えない
美しさに包まれていました。
この上品で華麗な花の前で、しばし佇んでしまいました。

2008年6月 8日 (日)

さわやかな色合い

80murasakitsuyukusa
81shirobanatsuyukusa
北国のこちらでも、いよいよ梅雨入りの秒読みが始まったようです。
その季節に合わせるようにして、ムラサキツユクサが咲きだしました。
梅雨入り前のわずかな陽射しを浴びて、さわやかな色合いを見せています。
紫色の花びらに抱かれた黄色いシベが、とても鮮やかに映りました。
下は、ムラサキツユクサの白花のようですが、正しい名前は分かりません。
この間、igagurikun さんのとこでも見せていただきましたが、清楚な花姿は
この季節にふさわしいような気がしました。

2008年6月 6日 (金)

うっとりするばかり

77shakuyaku_1
78shakuyaku_2
79
芍薬の丘で出合った花たちのパート2です。
この花たちはシベのところが花びらのように変化し、優しく華麗な花姿を
見せていました。
その麗しい表情に魅せられて、シャッターを押すのも忘れ、ただうっとり
するばかりでした。
この麗人たちの美しさを言い表わす言葉が、ちょっと思い浮かびません
でした…^_^;

2008年6月 5日 (木)

優雅で上品な美しさ

75momobakikyou_1
76momobakikyou_2
この間のお茶のお稽古は、教室を移動して行われました。
そのとき、生徒はそれぞれお茶花を持ち寄ることになりました。
ウチは、バイカウツギなどを持参しました。
お稽古が終わった後、お花を交換しあいました。
そのときいただいた花のひとつが、このモモバキキョウという花です。
淡い紫色に染まった花は、優雅で上品な美しさに包まれていました。

2008年6月 4日 (水)

色とりどりの芍薬たち

72shakuyakuen
73shakuyaku_1
74shakuyaku_2
風の丘から車で20分ほど走ったところに、名の知れた芍薬園があります。
薄日のこぼれた週末、芍薬が咲き誇る丘に出かけてみました。
色とりどりの花がちょうど見ごろを迎え、行楽客で賑わっていました。
鮮やかなピンク色をした芍薬は、満面に笑みをたたえ、咲いたよろこびを
表わしているようでした。
うす紫色に染まった花は、恥ずかしそうなそぶりを示して、とても初々しく
感じられました。
この芍薬の丘には、うっとりとするようないい香りが漂っていました。
これから何回かに分けて、アップしたいと思っています。

2008年6月 3日 (火)

夏を予感させる花

70nikkoukisuge_1
71nikkoukisuge_2
はっきりしない天候が続いていますが、その合間を縫うようにして晴れ上がった
空の下で、ニッコウキスゲが笑顔を振りまいていました。
この輝くような花姿に、湿りがちな心も吹き飛びそうでした。
花言葉は、どこかのCMにもありましたが、元気溌剌なそうです…^_^;

季節の巡りが遅い北国にも、夏を予感させる野辺の花が咲き出していました。

2008年6月 2日 (月)

競演しているシラン

68shiran
69shirobanashiran
庭で咲き始めてから、もう10日以上経ちます。
白花が咲いてからアップしようと待っていました。
うす紫の色合いが、とても印象的なシランの花です。
花びらを大きく広げ、「見て!、見て…!」と話しかけているようでした。
下の花が待っていたシロバナシランです。
唇弁が、うっすらと紅色に染まっているところが気に入りました。
もっと花びらが開いてくれると、空中を舞う白鳥のように見えたのに…
うす紫のシランと、白いシランが、狭い庭で競演を始めています。

2008年6月 1日 (日)

梅にちなんだ名の花

66baikautsugi
67sharinbai
真っ赤なツキヌキニンドウの隣で、輝くような白い花が咲き誇っています。
シベの周りに踊るような細い花びらをつけた八重咲きのバイカウツギです。
梅の花のような装いをしているので、バイカ…なそうですが、八重咲きの
ため、そのような楚々とした雰囲気が感じられないのが残念です。
花芯のところがうす紫色に染まっている下の白い花は、シャリンバイです。
葉が車輪のように輪生し、花姿が梅のようだということから名づけられた
そうです。
バイカウツギはさわやかな白ですが、こちらの色からは温もりが伝わって
くるように感じました。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »