« 美人さんのまつ毛 | トップページ | 上品な美しさ »

2008年7月17日 (木)

炎のような花姿

68yabukanzou_1
69yabukanzou_2
風の丘のふもとの田んぼのあぜ道に、オレンジ色の花が咲き出しました。
緑の草むらに映えて、ひときわ鮮やかなヤブカンゾウの花です。
燃える炎のような花姿は、太陽さえも撥ね飛ばしてしまいそうな勢いです。
ノカンゾウと言う似たような花もありますが、このヤブカンゾウは八重咲きで
見応えがあるように思われました。
暑苦しい日々が続いていますが、この花に見ならって、弱音など吐かない
ようにしたいものです…^_^;

« 美人さんのまつ毛 | トップページ | 上品な美しさ »

」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
暑さに負けず綺麗に咲いた
ヤブカンゾウの花を見ていると
暑い暑いの連発は
少し慎みましょう^_^;
鮮やかなオレンジがとっても素敵です。

ごめんなさい
コメント 名前入れ忘れました

本当にみらなくてはいけませんね.....
実はマッキー弱音を吐いてしました><
マッキーの会社、地球温暖化防止貢献のためという名目で、冷房の温度が上げられ、事務所が暑いのです....
この花のように厚さを吹っ飛ばすくらいでないといけないですね...けどやっぱり暑いです><

こんばんは

こちらでも良く見かけます・・この花が咲いている
ところは、何時も涼しい風のイメージがありますね。
この色は緑の草原が華やかになります。

風恋さん、☆こんばんわ~(・∀・)☆

梅雨明け宣言でたとたんに、蝉の大合唱が
はじまりました。風恋さんのところは、梅雨明け
まだですか?
ほんとに、丈夫そうなお花ですよね~?こちら
では、あまり見かけなくなったように思います。
どことなくオリエンタルな美しいお花ですよね?
でも、名前が男性的な名前で面白いですよね?
一度聞いたら忘れないです。
このヤブとノカンは八重と一重で区別するので
すか?(・∀・)♪

太陽を浴びて元気に咲いていますね。
お花に元気を分けてもらって
暑さを跳ね飛ばし元気に過ごしたいものです。
ヤブカンゾウ、名前とはちょっと違うような
八重の華やかで綺麗なお花ですね。
田んぼの畦道で見たら,このオレンジの花色は
より艶やかに見えることでしょうね。
自然の花色、魅力一杯です。

こんにちは。
ヤブカンゾウの花が上向きに咲いてシベが目立ちますね、
この花のように暑さに負けないで頑張りたいです"^_^"

いつもぴったりの表現で感心してしまいます。
ホントに、めらめらと燃えている炎のようです。

カンゾウ色、燃え立つようですね。
思っていたより強い色みでした。
自然の色を見られることに感謝、感謝です。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 さえぎるものもない田んぼのあぜ道で、暑さにも
 めげずに咲いたヤブカンゾウを見ると、暑いなんて
 弱音を吐いてはいられないと思いました…^_^;
 燃える炎のような色合いです。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 アララ…、地球温暖化を防止することも大切ですが
 そのために冷房温度を上げて、暑さに耐えるという
 のも困ったものですね~
 脱水症状にならないようにしてくださいね…

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 このヤブカンゾウ、こちらでは今が真っ盛りという
 感じです。
 色合いは燃える炎のようですが、周りの田んぼを
 吹き渡る風は涼しげにみえました。

☆ こえみ さん。こんばんは~♪
 関西では梅雨が明けたそうですが、こちらはまだで
 今日も午前中は雨が降っていました。
 フフフ…、これを藪 勘蔵とでも呼びましょうか…^_^;
 同じような色をしていますが、ノカンゾウは一重の
 ようですね…

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 太陽の光りをも跳ね飛ばしてくれそうな花姿には
 ほんと元気をもらえるような気がしましたる
 名前からは、藪の中で咲くというイメージが浮かび
 ますが、実際の花はとても華やかな感じがします。

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 ヤブカンゾウは、どれも太陽の方を向いて咲いて
 いました。
 燃える炎のような花姿からは、元気がいっぱい
 もらえるようでした。

☆ とんとん さん。こんばんは~♪
 いいえ…、いつも思いつきで書き込んでしまい、
 後で反省することばかりです…^_^;
 ねじれた八重の花びらには、燃える炎のような
 感じを受けました。

☆ mikk さん。こんばんは~♪
 田んぼのあぜ道などで見かけたヤブカンゾウは
 緑の草むらに映えて、とても鮮やかに見えました。
 この色合いは、何か洋風な感じがしました。
 燃える炎のような、強さがありますよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美人さんのまつ毛 | トップページ | 上品な美しさ »