« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

雨にむせぶ花姿

50americafuyou_1
51americafuyou_2
よそのお宅では、もう誇らしげな花姿を見せていましたが、ウチのは
なかなか咲いてはくれませんでした。
遅ればせながら、ようやく咲いてくれたアメリカフヨウの花です。
ほんのりとピンクに染まった優しい佇まいには、遅咲きだったゆえに
いっそう愛しささえ感じました。
青空をバックにして晴れがましい姿を撮ってあげよう…と思いました
が、あいにくの天気で、雨にむせぶ姿となってしまいました。
つぼみがたくさんあるので、いつかは記念になるような写真を撮って
あげようと思いました。

2008年8月29日 (金)

踊るような花姿

48akinokirinsou_1
49akinokirinsou_2
夏の暑さが続いていますが、北国では秋の足音が強くなってきたようです。
里山の脇を通ったら、黄色い小花をたくさんつけたアキノキリンソウが咲き
出していました。
たくさん寄り集まって咲いていないと、気づかないでしまいそうな慎ましやかな
花です。
明るく踊るような花姿は、秋の訪れを喜び合っているようでした。
季節の移ろいを見逃さないように、また里山へ足を運びたいと思いました。

2008年8月28日 (木)

茶花にも…

46mukuge
47sokobenimukuge
7月頃より咲いていたので、めずらしくはありませんが、今も盛んに
咲き誇っている花です。
上のピンクの花は、公園の植え込みの中で咲いていたムクゲです。
優しい色合いに魅せられて撮ってきました。
下の花は、ウチの庭で咲いているソコベニムクゲです。
白い花びらに、花芯の赤い色が映えて、とてもきれいです。
宗旦ムクゲとも呼ばれ、茶花としても使われるようです。

2008年8月27日 (水)

まるで花車のよう…

44yamaginohototogisu_1
45yamaginohototogisu_2
風の丘の林の中で、チラチラと白い小花が見えかくれしていました。
近寄ってみると、花びらにはたくさんの紫色の斑点がついていて、とても
お洒落な花でした。
太い花柱は六つに裂けて枝垂れ、スルッと伸びたシベといっしょになって
まるで花車のような姿に見えました。
秋のさわやかな風に乗り、空高く舞うように思われたヤマジノホトトギスと
いう花です。

2008年8月26日 (火)

郷愁を感じる花

42waremokou_1
43waremokou_2
風の丘では、ススキやハギにまじって、赤褐色の実のような花が風に揺れて
います。
初秋を彩るワレモコウの花です。
実のように見えた花も、近寄ってみるとワインカラーに染まった小花の集まりで
とてもきれいな色合いをしていました。
この花が揺れるのを目にすると、なぜか、秋を強く感じてしまう風恋です…^_^;

2008年8月25日 (月)

繊細な花模様

40hiyodoribana
41hiyodoribana
秋の七草に数えられている花に、フジバカマがありますね。
この写真は、フジバカマにそっくりですが、北国では自生していないと
言われていますので、ヒヨドリバナかと思われます。
今、里山のあちこちで、風に揺られている情景をよく見かけます。
近づいてみると、うす紫の花からシベがたくさん出ていて、とても繊細な
花模様を描いていました。
風の丘では、秋の足音がいちだんと強くなってきたようです。

2008年8月24日 (日)

お留守番(シコンノボタン)

39shikonnobotan
涼しくなったのに合わせるようにして、紫色のきれいな花が咲き出しました。
雅な色合いに包まれたシコンノボタンの花です。
踊るようなシベは、妖艶な感じさえします。
全国公募展へ出品するお絵かき仲間で、きのうから仙台で展覧会をして
います。
風恋は、大きい作品2点と小さい作品3点を出品しました。
今日、午後から合評会と懇親会が予定されていて、帰りが遅くなります。
シコンノボタンをお留守番に置いていきますので、よろしくお願いします。

2008年8月23日 (土)

秋を彩る花

38shuhkaidou_2
このところの涼しさに誘われるようにして、秋を彩る花が咲き出しました。
透明感のある朱赤の花、シュウカイドウです。
まだ、すっかり開いてはいませんが、待ちきれなくて撮ってしまいました。
間もなく花盛りになったら、もう一度きれいに撮ってあげようと思います。
風の丘では、少しずつ秋の足音が大きくなってきたようです。

2008年8月22日 (金)

和の風情

37yuhzengiku
赤紫色のかわいい花が咲いています。
陽射しを受けて、輝く笑顔がまぶしいほどです。
花の名前が、いっそう和の風情を感じさせるユウゼンギクの花です。
鮮やかな色合いは、まさしく友禅染めの着物を思い起こさせます。
うすピンクの花もいっしょにアップしたかったのですが、きれいに撮れ
ませんでした…^_^;

2008年8月21日 (木)

何の花…?

36myouga
庭木の陰で、ひっそりと咲いている花がありました。
透明感のある瑞々しい苞に、伸びやかな黄色い花柱が彩りを
添えていました。
さて、この花は何でしょう…
 ヒント① 1日花です。
    ② スーパーの野菜コーナーに並ぶことがあります。
    ③ 食べ過ぎると、物忘れをすると言われています。

2008年8月20日 (水)

躍動感ある花姿

34kitsunenokamisori_1
35kitsunenokamisori_2
仙台に出かけるとき、よく通る近道の山の斜面に、真っ赤な花が群がって
咲いているのを見つけました。
ヒガンバナにしては早すぎる…、と思いながらも、車を止めて近づいてみる
と、それは色こそ違い、ナツズイセンとそっくりな花でした。
この間、みりねさんのブログで見せていただき、ぜひ、ウチも実際の花に
巡り合いたいと憧れていたキツネノカミソリという花でした。
朱赤の躍動感ある花姿を前にして、しばしうっとりと佇んでしまいました。
予想していなかった近場で、こんなに早く夢が叶いとてもうれしかったです。

2008年8月19日 (火)

丸みを帯びたかわいい花

32gennoshouko_1
33gennoshouko_2
7月の始めごろに出合ったゲンノショウコの花たちです。
北国では白い花が主流ですが、運よくピンクの花にも出合うことが
あります。
このときも、白花の近くでピンクの花にも巡り合えて、ラッキーでした。
いずれも、5弁の丸みを帯びた花は、たいへんかわいらしく映りました。
花びらに線が走っているところは、たいへんお洒落な感じです。
また、紫色のシベは、この花をいっそうきれいに演出していました。
ピンクの方のシベが落ちていたので、新しい花を探していましたが
いつの間にか、そのことを忘れてしまっていて、今日のアップとなり
ました…^_^;

2008年8月18日 (月)

お留守番

31amerikagiku
明日から、お絵かき仲間でグループ展をすることになりました。
先ほど、その展示作業から帰ってきたばかりですが、これから懇親会が
あります。
このアメリカギクをお留守番においていきます。
アルコールをいただくと、みなさんへの訪問が遅くなるかも知れませんが
よろしくお願いします。

2008年8月17日 (日)

産毛におおわれて

29gagaimo_1
30gagaimo_2
道沿いの草むらで、小さな花をたくさんつけているツタを見つけました。
うす紫色の星型をしたかわいい花でしたが、全体が産毛のようなもので
おおわれていたのでびっくりしました。
暑い真夏というのに、まるで毛皮のコートをまとっているようでした。
葉っぱが、ガガ(スッポン)に似ていて、根にイモのようなものがあるので
ガガイモと名づけられたようです。
花姿も名前も、あまり印象のよくない花だと思いました…^_^;

2008年8月16日 (土)

健気で可憐な花姿

26matsubabotan_1
27matsubabotan_2
28matsubabotan_3
友だちのとこを訪ねたら、強い陽射しの下、カラカラに乾燥したところで
健気に咲いている花たちに出合いました。
あまりにも可憐な花姿に魅せられて、写真に撮らせてもらいました。
葉が松の葉に似ていて、花は牡丹のようだということでマツバボタンと
名づけられたようです。
すみれさんのところで、大輪のすてきな花を見せていただきましたが
これらは一重のシンプルな花でした。
過酷な環境にも負けず、強く生きる生命力には感動させられました。
たとえ困難なことがあったとしても、この花のように、くじけずに生きて
いきたいと思いました。

2008年8月15日 (金)

輝く姿と重なって…

24kokeshi_1 子どもたちとのお泊り会は
風の丘の近くの鳴子温泉
で行われました。
大きく成長して、輝くような
姿には、こちらが励まされ
るような思いがしました。
夜遅くまで、思い出の話に
花を咲かせました。
帰りに、この温泉の伝統的
な工芸品、こけしをお土産
にいただいてきました。
凛々しい顔立ちに、成長し
た子どもたちの姿が重なり
感慨を新たにしました。






25kokeshi_2

2008年8月14日 (木)

涼しげな音色が…

22tsuriganeninjin_1
23tsuriganeninjin_2
うす紫色のかわいい釣鐘型の花が咲いています。
ひとつの花茎に、7、8個の花を輪になるようにつけ、何段にも咲き誇って
います。
風に揺られて、涼しげな音色が聞こえて来るような感じがします。
たいへんさわやかな印象を与えてくれるツリガネニンジンの花です。

今日は、今までに仕事で触れ合った子どもたちと、お泊り会があります。
それで、みなさんとこへの訪問ができませんので、よろしくお願いします。

2008年8月13日 (水)

印象は情熱的

20hiougi_1
21hiougi_2
花壇の片隅で、目にも鮮やかな朱赤色の花、ヒオウギが咲き出しました。
うねるような花びらには、濃い目の赤い斑点が入り、とても華やいだ感じが
します。
花の印象はたいへん情熱的でもありますが、じつは1日限りの儚い命です。
秋には、ツヤツヤとした黒い実を結び、ヌバタマと呼ばれるようです。

2008年8月12日 (火)

麗しい名前

18ominaeshi_1
19ominaeshi_2
里山の縁では、黄色い可憐な花が風に揺られています。
秋の七草にも数えられているオミナエシの花です。
花びらは笑みをたたえ、心地よい風を楽しんでいるようでした。
「オミナ」とは「美しい女性」という意味なそうで、昔、女性が食した「粟飯」に
見立てて、この名がついたということです。
麗しい名前の由来が分かると、いっそう愛しく感じられますね。
さわやかな秋風が、そこまでやって来ている感じがしました。

2008年8月11日 (月)

おやつの花

17sanjisou
お腹空いた、何か食べたいヨ…
 さっき食べたばっかりでしょ!
でも、食べたい…
 だめです!
つまんないナ~
 お花咲いたか、見てきてからね。

おやつの時間のころに咲くサンジソウの花です。
日中はつぼんでいて、花があることさえ忘れてしまいます。
8mmほどのかわいい花ですが、ピンク色のしっかりした花です。
こぼれ種から咲いたものです。

2008年8月10日 (日)

揺れる姿がかわいい

15fuhsenkazura_1
16fuhsenkazura_2
大きさが1cmにも満たない、とても清楚で可憐な花です。
この花から、下の写真のような実が生ります。
ふわりふわりと、風に揺れる姿がかわいいフウセンカズラです。
見ていると、花も実もたいへん涼しげで、さわやかな気分になります。

2008年8月 9日 (土)

筆が描いた花は…

13natsuzuisen_1
14natsuzuisen_2
あれよ、あれよと言ううちに花茎を伸ばし、つぼみを筆のような形に整えて
すてきな花を描く準備が出来たようです。
うす赤紫に染まったつぼみは伸びやかで、とても優しい雰囲気に包まれて
いました。
このすてきな花姿に引かれて、カメラに収めておきました。
この絵筆が描いた花が、下の写真です。
この間、凪々さんのところでも見せていただいたナツズイセンの花です。
花びらの先がクルッと反り返り、まぶしそうに空を仰いでいるようでした。
揃ってカールしたシベは、かわいい女の子のまつ毛のように思われました。

2008年8月 8日 (金)

ひまわりの丘

11himawari
12himawarinooka
風の丘の近くに、「ひまわりの丘」というところがあります。
そこで、「ひまわり祭り」が行われているというので出かけてきました。
見渡す限りのひまわり畑には、おおぜいの行楽客が押し寄せていました。
青空をバックにして、ヒマワリたちは輝くような笑顔を振りまいていました。
その姿はまさしく太陽のようでもあり、夏を代表する花にふさわしい風格を
たたえているようでした。
明日へのエネルギーを、いっぱいいただいてきたような感じがしました。

2008年8月 7日 (木)

立秋のころ

09akinoyosooi_1
10
風の丘は、今日も30度を越す真夏日となりました。
弱音は吐かないつもりでいましたが、連日の暑さにはすっかりしおれて
しまいました。
気分を変えようと思い、仕事帰りに、先ほど山道を通ってきました。
そうしたら、道沿いにはススキの穂が揺れて、秋の風情が漂っていました。
思いがけず、さわやかな風に触れて、とても心地よくなりました。
そう言えば、今日は立秋でしたね。

2008年8月 6日 (水)

行ってらっしゃい…

07asagao_1
08asagao_2
毎朝、仕事に出かけるとき、玄関先で気持ちよく見送ってくれる花があります。
種から育ててきた、大輪系のアサガオです。
子どものころ、いくつ咲いたか指折り数えるのが、とても楽しみだったことを
思い出します。
今でも、この花を見ると、子供心に誘われて、つい数えてしまいます…^_^;
今日も紫やピンクの花などがさわやかな声で、「行ってらっしゃい…」を言って
くれました。

2008年8月 5日 (火)

うすピンク色のかわいい花

05azeria
06azeria
公園や垣根などで、咲き誇っているアゼリアの花です。
うすピンク色の可憐な花に、心が和みます。
赤紫色のガクが、この花をいっそう美しくしているようでした。
<追記> 花の名前を間違えました。アベリアでした…^_^;

2008年8月 4日 (月)

清楚で可憐

03omodaka_1
04omodaka_3
稲が作付けされていない湿地のようになったところに、白い花が群がるように
咲いていました。
きのうのイヌホオズキにも似ていますが、こちらは丸い花びらが3枚だけでした。
矢じりのような葉の形を人の顔に見立てて、オモダカと名づけられたそうです。
清楚で可憐な花姿は、水辺の植物にふさわしく、とても涼しげでした。
大きさは2cmほどありますが、1日だけの儚い花にいっそう心が惹かれました。

2008年8月 3日 (日)

可憐でさわやか

01inuhouzuki
02suzumeuri
里山の道沿いで、見逃してしまいそうな小さな花に出合いました。
近づくと、白い花びらを反り返えして、気持ちよさそうに風に揺れていました。
大き目の黄色いシベは、とても鮮やかに映りました。
花姿がワルナスビにそっくりなイヌホオズキです。
その隣の草むらで、同じような白い小花を見つけました。
こちらは長いツタに咲いていて、とても可憐な姿をしていました。
花の後に、豆ほどの果実をつけるスズメウリの花です。
どちらも、1cmにも満たない可憐さで、さわやかな感じのする花でした。

2008年8月 2日 (土)

涼しげに映った花

98suiren_1
99suiren_2
風の丘のふもとに、農業用水を兼ねた池があります。
その脇を通ったら、池一面にピンクの花が咲き誇っていました。
緑の葉が広がる中で、たいへん色鮮やかに見えました。
水辺に咲いていて、とても涼しげに映ったスイレンの花です。
この花が群生しているところを見たら、印象派の画家・モネーの作品を
思い起こしました。

2008年8月 1日 (金)

か弱そうですが…

96shabonsou_1
97shabonsou_2
淡い紫色をしたナデシコのような花が咲いています。
ふわ~っとしていて、か弱そうに見えますが、このところの暑さにもめげず
ますます元気になったシャボンソウの花です。
シャボンは石鹸のことで、昔は洗剤にも使われたそうで、葉や茎をもむと
泡が出てきました。
風を呼び寄せてくれそうな花姿には、心がとてもさわやかになります。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »