« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

林の中の花たち

09kashwabahaguma
10okera
里山の雑木林の中で見つけた花たちです。
上の花は、白木を削って造花にしたような姿をしているカシワバハグマです。
細く白い花びらはねじれていて、躍動感に満ちていました。
下はオケラという花で、トゲトゲのあるカゴに支えられたかがり火のようにも
見えました。
うす紫色に染まった花びらのかたまりから、ピョンと伸びたシベがたいへん
印象的な花でした。

2008年9月29日 (月)

麗しい花言葉

07nokongiku_1
08nokongiku_2
山野の道ばたなどで、うす紫色の野菊をよく目にするようになりましたね。
花姿は紫苑にそっくりですが、ひと回りほど小さくて、とても可憐な印象を
受けます。
野に咲く紺色の花ということで、ノコンギクと名づけられたそうです。
花言葉は、「忘れられない想い」…なそうですが、なんと麗しい花言葉で
しょうか…
あの方にでも送り届けようかな…と思っていたら、ヒラタアブがやってきて
横取りされてしまいました…^_^;

2008年9月28日 (日)

白鳥のような花姿

06hototogisu
庭の片隅で、真っ白いホトトギスの花が咲き出しました。
花芯のところにある黄色い斑点が、わずかに彩りを添えているだけで
花柱もシベも白一色に包まれています。
清楚で慎ましやかな花姿には、心が洗われるような気がしました。
近くの湖沼には早くも冬鳥がやって来たと報じられていますが、伸び
やかに開いたホトトギスの花びらが、白鳥の飛翔する姿と重なって
見えました。

2008年9月27日 (土)

春の色

04yamabuki_1
05yamabuki_2
スーパーで買い物をした帰り、駐車場脇の植え込みの中に、黄色い花を
見つけました。
近寄ったとき、一瞬目を疑いましたが、それは紛れもなく山吹の花でした。
不順だった夏の天候で、季節感を見失ってしまったのでしょうか…
過ごしやすくなった、この季節を春だと感じてしまったようです。
寒さが募る折、ちょっとかわいそうな気がしました。
一重の側で、八重の山吹も咲いていました。
八重の花を目にするたびに、太田道灌にまつわる話の中に出てくる、麗し
い歌、「七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに無きぞ悲しき」を
思い出してしまいます。
八重の花には、実がつかないのだそうですね…

2008年9月26日 (金)

花はさくら色

01ai_1_1
02ai_2
03ai_3
さくら色をした、なんと可憐な花でしょう…
つい、抱き寄せて頬ずりをしてあげたくなりました。
この間、お茶のお稽古の帰りに、先生からいただいた藍の花です。
「青は藍より出でて、藍より青し」ということわざがありますが、先生は
「もっと稽古を積んで、立派になってくださいネ…」と、励ましの意味を
こめて、この花をくださったのでしょうか…
さりげない温かい心づくしに、胸が熱くなるようでした。

2008年9月25日 (木)

風雅な印象

98shion_1
99shion_2
これも、彼岸花と同じように、彼岸に合わせて咲いてくれる花です。
うす紫色の優しげな色合いをしているシオンの花です。
風に揺れる姿を見ると、秋が来たことを強く感じさせられます。
平安のころから愛でられてきたということ、「紫苑」と表記されることなどを
知ると、いっそう風雅な印象が受けます。
この花を携えて、祖母が墓参りに行ったことを思い出しました。

2008年9月24日 (水)

かわいい果実たち

96tsuribana
97nanakamado
初夏のころ、かわいい小花を咲かせていたツリバナが、赤紫色に染まった
果実が揺れるようになりました。
熟れて裂けた果実の中からは、オレンジ色の種が顔を覗かせています。
このすてきな色の取り合わせに、自然が作り出す造形のすばらしさを強く
感じます。
下の写真は柿のようにも見えますが、ほんとうはナナカマドの実です…
葉は、まだ緑々していますが、もうオレンジ色に染まり始めました。
おいしそうな色合いに、つい摘まんでみたくなりました…^_^;
間もなく、里山では真っ赤に染まったナナカマドやヌルデが目を引くように
なることでしょう…
北国では、本格的な秋がやって来たようです。

2008年9月23日 (火)

心が澄み渡る思い

94rindou_1
95rindou_2
風の丘から少し奥まったところで、鮮やかなブルーの花に出合いました。
さわやかな秋にふさわしい色合いに、心も澄み渡るような気がしました。
明るい陽射しの下で、精一杯の笑顔を振りまいていたリンドウの花です。
先日、igagurikunさんのとこで、オヤマリンドウを見せてもらいましたが
これは陽が当たると開花する、ふつうのリンドウのようです。
目が醒めるような色をしていますが、花言葉は「夢見心地」なそうです…

2008年9月22日 (月)

まるで宝冠のよう

93hototogisu_1
つぼみのまま、なかなか笑顔を見せてくれなかったホトトギスの花が
ようやく咲いてくれました。
花びらはもちろん、太めの花柱にも、紫色の斑点が散らばり、華麗な
花模様を描いています。
立ち上がった花柱の先端は3つに裂け、さらにその先が二つに割れ
6つのシベと合わせて、いっそうこの花を華やかにしているようでした。
裂けた花柱の頂には、キラキラと輝くビーズのようなものがびっしりと
並んでいました。
ウチとはまったく縁遠いものですが、まるできらびやかな宝冠のようで
しばし見とれてしまいました…^_^;

2008年9月21日 (日)

紅を差した女の子

91geranium_1
92geranium_2
暑い真夏のころ、しばらく休んでいた花たちが、元気を取りもどしました。
これは、近所のお宅からいただいていたゼラニウムの花ですが、品種名は
分かりません。
祭りのとき、紅を差してもらった女の子のようにかわいらしい表情をしている
ところが、たいへん気に入っています。
次々と花をつけて、玄関先で明るく微笑んでくれています。

2008年9月20日 (土)

赤い炎に包まれたよう…

89higanbana_1
90higanbana_2
今日の風の丘は、心配された台風も反れて、薄日の差す1日となりました。
墓参りをすませた後、彼岸花の咲く公園を訪ねてみることにしました。
前に訪ねたときはチラホラとほころび始めたばかりでしたが、もう丘全体が
赤い炎に包まれたように咲き乱れていました。
家族ずれの行楽客が押し寄せていて、たいへん賑わっていました。
身体まで赤くなりそうな中で、胸を躍らせながらシャッターを押しました。
お彼岸に合わせて、きちんと咲いてくれるこの花は、ほんとお利口さんです
よね…

2008年9月19日 (金)

上品な色合い

87kibunegiku_1
88kibunegiku_2
白やピンクのシュウメイギクを追いかけるようにして、赤紫色の花が
咲き出しました。
輝くようなシベの周りには、先にいくにしたがって色合いを濃くする
花びらが幾枚も重なっていました。
この八重咲きのシュウメイギクはキブネギクとも呼ばれ、茶花として
珍重されているようです。
昔、京都の貴船地方に多く見られたので、それにちなんで名づけ
られたということです。
上品に見える赤紫色は気に入りましたが、記念写真には合わない
花姿なので、そのうち、また撮ってあげようと思っています。

2008年9月18日 (木)

ひっそり咲く花

85medohagi_1
86medohagi_2
見晴らしのきく丘の草むらで、紫色のかわいい花に出合いました。
地面に這うように伸びた茎に、顔を寄せ合うようにして咲いていました。
誰からも振り返ってもらえず、ひっそりと咲いていたメドハギという花です。
訪れた人たちに踏まれてしまったようでしたが、それにもめげずに元気な
姿を見せていたので、ほっと胸をなでおろしました。

2008年9月17日 (水)

繊細な花模様

83tamurasou_1
84tamurasou_2
庭の片隅で、紫色をしたアザミにそっくりな花が咲いています。
アザミには花のを支える総苞にベタつきがあったり、葉にチクリと刺すトゲが
あったりしますが、この花にはそれらありません。
線香花火を散らしたような、繊細な花模様をしているタムラソウという花です。
手肌にも優しく、優雅な色合いをしているので、茶花にも使われるようです。

2008年9月16日 (火)

情熱的な花模様

82benibanasawagikyo
目にも鮮やかなサワギキョウが咲き出しました。
青紫色のサワギキョウはさわやかな印象が強いですが、こちらは情熱的で
燃えるような花姿をしています。
すみれさんとこでも見せていただいたベニバナサワギキョウの花です。
もし、赤い鳥が羽ばたいているようだとすれば、ウメモドキなどの赤い実を
食べた鳥なのでしょうか…(笑)

2008年9月15日 (月)

瑞々しい色合い

80umemodoki_1
81umemodoki_2
コムラサキを追いかけるようにして、ウメモドキが色づいてきました。
こぼれるばかりに赤い実がついていて、そのみごとさにワクワクしてきます。
大きく撮ってみると、ミニトマトのように瑞々しい色合いをしていて、とても
おいしそうに見えました。
熟れるとリンゴのような香りがしますが、ちょっと渋みがあって食べられそう
にありません。
このウメモドキは、やはり野鳥たちのごちそうでしかないようです。
そのうちヒヨドリたちがやって来て、庭を賑やかにしてくれることでしょう…

2008年9月14日 (日)

峠で出合った花

78yamatorikabuto_1
79yamatorikabuto_2
秋の風に吹かれたくて、日本海側へ越える峠に行ってきました。
トンネルを通らず、ススキが揺れる旧道を走り、峠を目指しました。
展望台では眼下に広がる風景を眺めながら、爽やかな空気をいっぱい
吸いこみました。
その後、周辺を散策していたとき、群生している青紫色の花に出合い
ました。
色合いに惹かれて近寄ると、たいへん変わった花姿をしていて、すぐ
毒性の強いヤマトリカブトだと分かりました。
舞楽の鳥兜に見立てて、この名がついたそうですが、手も触れずに
早々と立ち去りました…^_^;
ところで、蜜を吸っていた花アブさんは、大丈夫だったのでしょうか…

2008年9月13日 (土)

桜色の花

76mizosoba_1
77mizosoba_2
山野の湿ったところに群生し、みごとな景観を見せることがあります。
花の大きさは6~8mmほどしかありませんが、顔を寄せ合うように集まって
咲く姿には、目をひきつけるものがあります。
つぼみの先や花びらの縁が桜色に染まっていて、とても可憐な表情を示す
ミゾソバの花です。
小さいながら、花壇の花にも負けないほど美しいと思いました。

2008年9月12日 (金)

かわいい紫色の果実

73komurasaki_1
74komurasaki_2
75komurasaki_3
日中は汗ばむような日が続いていますが、朝夕はすっかりしのげるように
なりました。
そんな気候をいち早く感じとり、庭先のコムラサキの実が紫色に染まって
きました。
かわいい紫色の果実が、枝先にたくさんついている姿は、たいへん目を
引きます。
いちばん下の写真は、7月の初めごろに撮ったコムラサキの花ですが
この花が上の果実を結ばせたもので、やはり紫色に彩られていて、とても
繊細な花模様を描いていました。
小鳥たちも、初秋の風に揺れるこの果実を、すぐ見つけることでしょう…

2008年9月11日 (木)

先客さんがいました

71kiageha
72higanbana
風の丘から車で20分ほどのところに、ヒガンバナが咲く公園があります。
そろそろ首を伸ばしたころかナ…と思い、仕事帰りに立ち寄ってみました。
階段を登りきって周りを見回したら、チラホラとほころび始めていました。
きれいに咲いた花に近づいたら、すでにキアゲハさんがやって来ていて
ひとり占めしていました。
ドキドキしながら、あわててシャッターを切りました…^_^;
順番が回ってきたところで、ゆっくり撮ったのが下の写真です。
踊るような花びらと、伸びやかなカーブを描くシベの美しさに、すっかり
魅せられてしまいました。
全体が燃えるように咲き誇ったころ、また、訪ねてみたいと思います。

2008年9月10日 (水)

林に灯かりが灯ったよう

69kibana_akigiri_1
70kibana_akigiri_2
明るい林の下で、黄色い花が咲き出していました。
花姿は、シソ科の植物に見られる唇形の花で、サルビアのような姿をして
いました。
ヒゲのように伸びた紫色の花柱とふたつのシベが彩りを添えて、この花を
いっそう美しくしているようでした。
初秋の林の中に灯かりが灯ったように見えるキバナアキギリの花です。

2008年9月 9日 (火)

まぶしいばかりの笑顔

67yuhzengiku_1
68yuhzengiku_2
すっきりした花姿をした、うす紫色のユウゼンギクです。
まぶしいばかりの笑顔には、心が躍るようです。
先日、赤い花といっしょにアップしたかったのですが、きれいに写っていな
かったので、撮り直してあげました。
赤い花より、こちらの方が優雅な趣があって、着物の花模様にふさわしい
ような気がしました。

2008年9月 8日 (月)

濃い色のゲンノショウコ

65gennoshouko_1
66gennoshouko_2
北国では自生していないと言われる、濃いピンク色のゲンノショウコが咲き
出しました。
うすピンクのはまれに見られますが、濃い色はとてもめずらしいです。
一年前、友だちのところから、貴重な1株をいただいていたものです。
西日本ではピンクの花だけなそうですが、こんな色合いなんでしょうか…
下の白いのは、こちらで花盛りを迎えているゲンノショウコです。
どちらも、花びらに濃い線が入り、紫のシベが踊っていて、とてもかわいい
花ですよね…

2008年9月 7日 (日)

儚い一夜花

64nioigiboushi
夕方になると開き、朝にはつぼんでしまうニオイギボウシが咲き出しました。
夜の庭で咲くのはかわいそうなので、玄関に入れてあげることにしました。
6時頃からしだいに咲き始め、8時には写真のようにすっかり開いた状態に
なりました。
百合のような真っ白い花からは、何とも言えない清々しい香りが漂い出し
さわやかな気分に包まれました。
蛍光灯の下で撮ったので、花の白さがうまく表現できませんでした。

2008年9月 6日 (土)

優美な舞いを…

61shuhmeigiku_1
62shuhmeigiku_2
63shuhmeigiku_3
白いシュウメイギクを追いかけるようにして、ピンクの花が咲き出しました。
真っ白い清楚な花に対して、こちらのピンクの花は優しい女の子の色に
思われました。
さわやかな初秋の風に乗って、2色の花が優美な舞いを見せています。
高いところで咲くので撮るのがむずかしく、空を入れたら光りを透かして
ガラスの花のようになってしまいました。
ブログ仲間のマッキーさんに、「ピンクの花も、真ん中が緑でしょうか…」と
尋ねられていましたので、白い花のときのように大きく撮ってみました。
切り花にして玄関に飾ったところ、この花たちは暗くなるとつぼんで、夢を
見るということが分かりました…

2008年9月 5日 (金)

可憐な笑顔

59shuhkaidou_1
60shuhkaidou_2
咲くのが待ち切れなくて、つぼみのうちに撮ってあげていたシュウカイドウが
ニッコリと笑顔を見せてくれました。
雨上がりの朝に、さっそく記念撮影をしてあげました。
ピンクの花びらはもちろんですが、真ん丸い黄色のシベの可憐さにすっかり
魅せられてしまいました。
ツンツンと指で触れてみたくなるような思いに駆られました…^_^;

2008年9月 4日 (木)

優しさに包まれて

58yabutsuruazuki
ツリガネソウに出合った後、車に戻ろうとしたとき、足元の草むらのなかに
黄色い花を見つけました。
大きさが2cmにも満たないかわいい花でしたが、よく見るととても複雑な
形をしていました。
マメ科の花らしく、チョウのような感じのするヤブツルアズキでした。
曲線に包まれた姿や淡い黄色の色合いに、優しさをいっぱいいただいた
ような気がしました。

2008年9月 3日 (水)

捜し求めていた花

56tsurifunesou_1
57tsurifunesou_2
この花に出合いたくて、昨年まで咲いていたところを訪ねてみましたが
どこも、夏草といっしょに刈り取られた跡ばかりでした。
今年は、「もう、会えないかも…」とあきらめていました。
ところが、何気なく仕事帰りに山道を帰ったとき、道脇の湿ったところに
紫色の花がチラホラ咲いていました。
車を止めてみたら、それは探し求めていたツリフネソウだったのです。
ワクワクする心を抑えながら、夢中でシャッターを切りました。
風に揺れる様はまさに船のようでもあり、すてきな花姿をしていました。

2008年9月 2日 (火)

鳥のような花姿

54sawagikyou_1
55sawagikyou_2
桔梗のような色合いをした花が、風に揺れるようになりました。
軽やかに踊るような花姿は鳥のようでもあり、茎に群がって楽しそうに
さえずっているようでした。
上唇は伸びやかにうねり、下唇は浅く3つに裂けて、ちょっと変わった
花姿をしているサワギキョウの花です。
ひとしきり楽しんだ後は、どこかへと飛び立っていくのでしょうか…
風の丘では、初秋を彩るさわやかな花たちが咲き出しています。

2008年9月 1日 (月)

新鮮でさわやか

52shuhmeigiku_1
53shuhmeigiku_2
初秋を彩る花、シュウメイギクが咲き出しました。
緑をバックにして、真っ白い花影が揺れる様子はとても新鮮で、さわやかに
映ります。
花びらの中には黄色いシベが彩りを添え、この花をいっそう美しく演出して
いるようです。
花壇には、この他に、八重咲きのピンク色のシュウメイギク(貴船菊)もあり
競演してくれる日が待ち遠しいです。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »