« ひっそり咲く花 | トップページ | 赤い炎に包まれたよう… »

2008年9月19日 (金)

上品な色合い

87kibunegiku_1
88kibunegiku_2
白やピンクのシュウメイギクを追いかけるようにして、赤紫色の花が
咲き出しました。
輝くようなシベの周りには、先にいくにしたがって色合いを濃くする
花びらが幾枚も重なっていました。
この八重咲きのシュウメイギクはキブネギクとも呼ばれ、茶花として
珍重されているようです。
昔、京都の貴船地方に多く見られたので、それにちなんで名づけ
られたということです。
上品に見える赤紫色は気に入りましたが、記念写真には合わない
花姿なので、そのうち、また撮ってあげようと思っています。

« ひっそり咲く花 | トップページ | 赤い炎に包まれたよう… »

」カテゴリの記事

コメント

風恋さんのお庭には色んなシュウメイ菊
が咲いていますね。
キブネギク可愛いですね。
幾重にも重なった花弁と花の色が素敵・・

花に入ってる色がとてもめでたい色でばかりですね(◎´∀`)ノ
優しい感じの雰囲気がとても見ていて心穏やかにしてくれます( ^ω^ )

秋明菊、上品なお花で大好きです。
この花色、初めて拝見しました。
蘂を見て、あ~秋明菊だと納得です。
花びらの色が可愛くてお洒落ですね。
京都、貴船地方のお花、はんなりとした
美しさでしょうか?
秋明菊の群生を見てみたいと願っています。

風恋さん、★今晩わ~(*゜▽゜ノノ゛☆★

可愛いですねぇ、八重のシュウメイ菊ですかぁ?
一重とは、また違った華やかさがありますね。
なんかね、豪華なドレスを着たレディを上から
見たようなお花ですよね~?
台風そちらのほうへ行きましたよ。どうぞお気を
つけくださいね(・∀・)☆

八重のピンクですか。。。
お色気感じちゃいます!
わが家では一重咲きがようやく咲き出しました。
(*^-^)ニコ

おはようございます(^O^)/
八重のシュウメイギク、ボリュームがありますね!!
秋って名が付く花は、茶花にもよく利用されますね。
台風が接近してましたが、どうやら東海上に逸れて行ったようですね。こちらはず~っとsunのひが続いていますが。。。goodhappy01

赤紫色の八重の花びらと大きな黄色いシベは
茶菓子に最適、いやブローチにしても良い感じですね。

赤紫の秋明菊は珍しい色ではないでしょうか?
見かけるのはいつも白やピンクです。

艶やかな色の八重咲はいっそう上品なお花shine
そんな花が咲いているお庭って素敵ですね。

茶花としてなら”茶菓”にしても似合いそうです。

こんにちは。
珍しい色合いですね。重厚な印象、アップの秋明菊はあまり見ないので、はじめ何の花かな~って思いました。
存在感ありますね。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 このキブネギクを含めて、3種類のシュウメイギクが
 咲いていますが、背丈が高くなり困っています。
 庭の中で、赤紫色の花は冴えて見えるようです。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 赤紫色の花の中に、黄色く輝くシベがあり、とても
 目を引きつけ、ワクワクする思いがします。
 この花と向き合うと、ほんと心が和んできます。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 このシュウメイギクは、赤紫の色合いからの印象か
 とくに上品な感じがしました。
 この花が群生しているシーン、すてきでしょうね…

☆ オレンジ(・∀・)♪ さん。こんばんは~♪
 さわやかな一重のと違って、八重のシュウメイギク
 は、ひと際華やかに見えました。
 こんな色のドレス、すてきでしょうね~
 今度の台風、大きな被害が出ましたが、こちらは
 幸い反れてくれたようです。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 八重のキブネギクは、華やかで艶やかな美しさが
 ありますよね…
 一重の花は、さわやかな雰囲気がありますよね…

☆ 歌まろ さん。こんばんは~♪
 一重と違ってさわやかさはありませんが、八重の
 シュウメイギクは見ごたえがあるようです。
 台風が反れて、ホッとしました。

☆ monkey19 さん。こんばんは~♪
 キブネギクのような和菓子があったら、抹茶も大変
 おいしく感じられることでしょう…
 このような木彫りのブローチも、すてきでしょうね~

☆ ぺこ さん。こんばんは~♪
 赤紫のシュウメイギクは艶やかな美しさがあります
 が、咲いている庭は雑草だらけです…(笑)
 こんな和菓子があったら、抹茶もたいへんおいしい
 ことでしょう…

☆ さちこ さん。こんばんは~♪
 八重咲きで、この色合いの花は、庭の中でも目を
 引き、とても存在感があるように思います。
 この赤紫、風恋にはお気に入りの色なんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひっそり咲く花 | トップページ | 赤い炎に包まれたよう… »