« 可憐な笑顔 | トップページ | 儚い一夜花 »

2008年9月 6日 (土)

優美な舞いを…

61shuhmeigiku_1
62shuhmeigiku_2
63shuhmeigiku_3
白いシュウメイギクを追いかけるようにして、ピンクの花が咲き出しました。
真っ白い清楚な花に対して、こちらのピンクの花は優しい女の子の色に
思われました。
さわやかな初秋の風に乗って、2色の花が優美な舞いを見せています。
高いところで咲くので撮るのがむずかしく、空を入れたら光りを透かして
ガラスの花のようになってしまいました。
ブログ仲間のマッキーさんに、「ピンクの花も、真ん中が緑でしょうか…」と
尋ねられていましたので、白い花のときのように大きく撮ってみました。
切り花にして玄関に飾ったところ、この花たちは暗くなるとつぼんで、夢を
見るということが分かりました…

« 可憐な笑顔 | トップページ | 儚い一夜花 »

」カテゴリの記事

コメント

ピンクのシュウメイ菊は華やかですね
えっ~
夕方はつぼむのですかぁ・・
知らなかったです^_^;
中心の蘂がとっても素敵です。

優しい色合いのシュウメイギクですね、
隣の庭でも見られますがウチのピンクはまだ蕾。。待ち遠しいです。

風恋さん、☆今晩わ~(*^▽^*)☆

シュウメイ菊のピンクも、ほんと可愛いですね?
まだ、このお花、アップしたことないのですよ。
この秋は、是非出合って撮ってみたいですぅ。
へ~、夜になるとつぼんでしまうのですねぇ?
なんか、生命をかんじますよ。
少しね、花言葉見てみたのですけれど、薄れゆく
愛とか遠ざかっていく愛情、忍耐や多感てあり
ましたよ。なんか、う~ん?て感じですよね~?( ̄▽+ ̄*)

ピンクも真ん中は緑色なんですね。
ピンク黄色、緑の色合いがすごくやわらかく優しい雰囲気を演出してますね。
暗くなると眠りにつくのですね。どんな夢を見たのか聞いてみたいです。

ピンクの秋明菊可愛いですね。
青空に白とピンクの秋明菊が風にそよいで
咲き競っていたら素敵でしょうね~
風恋さんのお写真はどのお写真も素敵ですが
アップのお写真が素晴らしいですね。
いつもうっとりと見惚れています。
今回も蘂の美しさを見事に捕らえられています。

今日花屋さんで、秋明菊買って来ました。ピンクが欲しかったのですが、
良い株が無くて濃いピンクになりました。
こちらのお花を見て、やはり優しいピンクにすれば良かったと後悔しています。

白に続きピンクの花も咲きだしましたねぇ~
白の清楚さとは違ったきゅ~とな印象です。
らぼりぃ~☆(*^-^)ニコ

こんにちは。
シュウメイギク、このピンク色は我が家のと同じです
花びらが厚い感じですが、確かこれって花じゃなく
萼の変化した物だった??かな。。。
真ん中の黄色いのが花だって聞いたことありますが。
我が家でもそろそろ咲き出す頃でしょうか。happy01

素敵なピンクですね、
”空を入れたら光りを透かして
ガラスの花のようになってしまいました。”
...> 透けたピンクはより初々しさを感じます。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 白いシュウメイギクとはちがい、ピンクの花はやや
 華やいだ感じがしますね。
 夕方につぼむこと、ウチも初めて分かりました…

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 ピンクのシュウメイギクは優しく映りますよね。
 シュウメイギクは、つぼみの期間が長いですが
 間もなくかわいい笑顔を見せてくれるでしょう…

☆ オレンジ(・∀・)♪ さん。こんばんは~♪
 ピンクのシュウメイギク、こんなに初々しい乙女の
 ような感じがするというのに、薄れゆく愛と言う
 花言葉は、ほんと、う~ん…?って感じですね…

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 白いシュウメイギクと同じように、やはり真ん中は
 緑色をしていました。
 ピンク、黄色、緑の組み合わせは、たいへん気に
 入りました。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 丸い緑の周りには、黄色いシベが寄り添うように
 びっしりとついていて、目を引きました。
 濃いピンクのシュウメイギクをお求めになられた
 ということ、すてきな花姿が目に浮かぶようです。

☆ 凪々さん。こんばんは~♪
 白のシュウメイギクと違って、ピンクの花は初々
 しさにあふれ、乙女のような感じがしますね…
 とても、気に入っている花です。

☆ 歌まろ さん。こんばんは~♪
 植物学的には、花びらに見えるピンクの部分が
 ガク片で、黄色く見えるシベのようなものが花の
 ようです…
 キンポウゲ科の植物は、どれもそのようですね。

☆ monkey19 さん。こんばんは~♪
 逆光で撮った花は、あまりいい写真ではありま
 せんでしたが、ガラスの花のように見えたので
 アップしてみました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 可憐な笑顔 | トップページ | 儚い一夜花 »