« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

風の丘から

77kazeno_oka
昨夜からの雪で、大晦日の風の丘はすっかり冬景色になってしまいました。
これは、風の丘の裏手から、裾野に広がる雪原を見下ろした風景です。
鉛色の雲に覆われ、雪を頂いた山なみは望むことは出来ませんでした。

この一年間、ご訪問いただき、ほんとうにありがとうございました。
いつも、すてきなコメントに励まされ、何とか続けることができました。
来年も、よろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

2008年12月30日 (火)

潜水の名人たち

75kinkurohajiro
76hoshihajiro
マガモに出合った沼では、キンクロハジロやホシハジロも泳いでいました。
どちらも潜水の名人(名鳥)で、シャッターを押すタイミングが難しい鳥です。
キンクロは黒い羽を持った小振りのカモで、いつもせわしく潜水をしています。
小さな冠羽をつけて、チョコチョコ動き回る姿は、とてもかわいらしいです。
ホシハジロは、頭が鮮やかな茶色で、他のカモとはすぐ見分けがつきます。
キンクロには及びませんが、やはりいつも潜水を繰り返していました。
水に潜ったり動き回ったりする姿を見ていると、時間も忘れてしまいそうです。
北から渡ってきた水鳥なそうで、何もなく元気に過ごしてほしいと思いました。

2008年12月29日 (月)

優雅な気分に…

73laelia_anceps
74phragmipedium
ブーゲンビリアやハイビスカスにお目にかかった温室では、いろいろな
ランの花も咲いていました。
うす紫に染まった上の花は、レリア・アンセプスという洋ランでした。
花姿には品があり、すてきな女性を思い起こさせてくれました。
赤紫色の壷のようなものを備えた下の花は、フラグミペデュームという
名のランでした。
変わっている花姿に、とても心が惹かれました。
華麗な洋ランに接し、ちょっぴり優雅な気分に浸ることができました。

2008年12月28日 (日)

温かみのある花

71begonia_1
72begonia_2
風の丘は厳しい寒さに見舞われ、雪が降り続いています。
周りは、すっかり冬景色に変わり、別世界のようになりました。
このようになると、やはり暖かみのある花を見たくなりますね。
これらはベゴニア館で出合ったオレンジ色のベゴニアです。
大輪系の花とはちがい、木立ち系で背丈ほどの高さに5~6cmほどの
花をたくさんつけていました。
温かみを感じる優しげな笑顔に、とても心が和んでくるようした。

2008年12月27日 (土)

可憐な笑顔

69classicaldress_1
70classicaldress_2
アレレ…!、これは何の花…?
躍動感に満ちたシクラメンの中で、これだけはちがった花姿をしていました。
こんなすてきな色合いを与えられているのに、みんなうつむいているのです。
花びらは揺れることもなく、寂しそうな雰囲気に包まれてました。
でも、下から見上げたら、可憐な笑顔を除かせていたので、ホッと胸を撫で
下ろしました。
クラシカルドレスという名のシクラメンでした。

2008年12月26日 (金)

ぴったり寄り添って

67magamo_1
68magamo_2
ホシハジロやキンクロハジロに会いたくて、白鳥の飛来する沼を訪ねました。
今年は数も少なく、遠くの方で数羽が潜水を繰り返しているだけでした。
ふと、岸辺に群がっているオナガガモに目を移したとき、それらとはちがった
羽色をしたカモに気づきました。
それは、緑の頭、黄色いくちばしから、マガモのカップルだということが分かり
ました。
シャッターを切っていたら、仲睦ましいところを見せようとしたのか、とつぜん
水面に下りて泳ぎ始めました。
二羽ともぴったりと寄り添って離れず、とても微笑ましい姿を見せてくれました。

2008年12月25日 (木)

キャンドルライトのよう

65pachystachs_1
66guzmania_1
園芸センターの温室で、キャンドルライトのような花たちに出合いました。
上の写真はパキスタスという花で、黄色い炎が揺らいでいるようでした。
花のように見えるところは苞葉と呼ばれ、ピョンと伸びた白く見えるのが
花なそうです。
下の花はグズマニアで、発光ダイオードで作られたキャンドルのように
まぶしいばかりに光彩を放っていました。
緑の葉に囲まれ、たいへん鮮やかに映え、ワクワクする思いがしました。
花たちのように、心に明かりを灯し、希望をつないで生きていきたいです。
 *上の花の名前は、「パキスタキス」でした。ごめんなさい。

2008年12月24日 (水)

クリスマス・イブによせて

63poinsettia_1
64poinsettia_2
今日12月24日はクリスマス・イブで、イエスの生誕をお祝いする夜ですね。
本来は厳かにお祈りを捧げる夜なのでしょうが、日本では賑やかに過ごして
華やかさが目につくようです。
彩りの少なくなったこの季節、クリスマスの頃には鮮やかな色合いの花など
が好まれますね。
風恋もクリスマス・イブによせて、鮮やかな斑入りのポインセチアを取り上げて
みようと思いました…^_^;
上は激しく燃える炎のようですが、下はちょっと穏やかな表情をしていました。

2008年12月23日 (火)

白いドレスの花たち

61begonia_1
62begonia_2
今日の花は、真っ白いドレスを装ったベゴニアたちです。
白いベゴニアと言っても、上の花は中心がうす緑色に染まり、清潔感が
みなぎっているようです。
さわやかな石鹸の匂いが漂ってくる感じがしました。
下の花は、和紙で作ったものを黄色い絵のぐに浸して染め上げたような
美しさです。
温もりを感じる色合いには、お母さんの匂いがするようでした。

2008年12月22日 (月)

あふれる躍動感

59pulmerjiured_1
60shawerwine_2
ポインセチアと並んで、この季節を彩る花にシクラメンがありますね。
近くで、展示会があるというので出かけてみました。
上の写真は、プルマージュレッドと名づけられたシクラメンで、花びらの先が
鮮やかな赤紫色に染まっていて目を引きました。
華麗な衣を翻しながら、地上へ降り立った天の妖精のようにも思われました。
下はシャワーワインというシクラメンでした。
ワインカラーに染まった花姿は、降り注いぐシャワーのように踊っていました。
躍動感のあるシクラメンに、胸がドキドキする思いでした。

2008年12月21日 (日)

風の丘

58kazeno_oka
この間、風の丘の近くの、展望がきく高台へ出かけてきました。
今は何もなく、冷たい風が吹きぬけているばかりでした。
そのうち、真っ白い情景に変わることでしょう…
いろいろ落ち込んだときなど、ここへ立つといっぱい元気をもらって
帰ることができるんです。

2008年12月20日 (土)

花のような美しさ

56poincechia_1
57poincechia_2
年末からお正月にかけて、色鮮やかに彩ってくれる植物、ポインセチアが
どこでも見られるようになりましたね。
最近は、クリスマス用として飾られることが多くなったようです。
真っ赤に染まったところが花だと思っていましたが、苞葉と呼ばれるもの
なそうですね。
真ん中に見える小さいツブツブしているものが花だとか…
短日処理で花芽をつかせ、それで葉も赤くなるということ…、驚きました。
下の写真は、黄色い苞葉ですが、いろいろな色があるようですね。

2008年12月19日 (金)

ほのぼのとした光景

54swans_1
55swans_2
餌づけが禁じられた白鳥の沼では、行楽客もなくひっそりと静まりかえって
カモたちの鳴き声だけが水面に響き渡っていました。
そこには、田んぼなどから早々と帰ってきた白鳥たちが、のんびりとくつろぐ
姿がありました。
上は、岸辺でカモたちに交じり、羽づくろいに余念のない白鳥の家族です。
下は、岸から離れたところで、幼鳥をいたわるようにしながら、微笑ましい
姿を見せていた白鳥たちです。
ほのぼのとした空気が流れ、湖水を渡ってくる冷たい風も忘れていました。

2008年12月18日 (木)

心もはずんで…

52begonia_1
53begonia_2
ベゴニアの花の2回目です。
いろいろな花姿や色合いの中から、今日はフリフリした花に出てもらうことに
しました。
心地よく波を打った花びらは幾重にも折り重なり、すてきなドレスのようです。
神社で出合った七五三のお参りにやって来た、かわいらしい女の子の姿を
思い浮かべてしまいました。
ゆるやかにうねる花びらに、心もはずんでくるようでした。

2008年12月17日 (水)

寒さに負けないで…

50biwa_1
51biwa_1
いつも通る道の脇で、ベージュ色のつぼみをたくさんつけた木がありました
が、最近白い花を見せるようになりました。
地味な色合いをしているので見逃してしまいそうですが、葉っぱの様子から
ビワの花のようです。
あのオレンジ色のビワの実の花が、この寒い季節に咲くとは思ってもみま
せんでした。
厳しさに負けないで咲き続け、ぜひおいしい実を結んでほしいと願わずには
いられませんでした。

2008年12月16日 (火)

宝石のような輝き

48masaki_1
49masaki_2
寒さが増すごとに、マサキの実が赤味を帯びてきた…、と思っていたら
表皮がはじけて朱色の種を覗かせてきました。
緑色をしていた実の中に、こんな鮮やかな実が隠れていたとは思っても
みませんでした。
瑞々しい果実のようで、つい口に含んでみたくなります。
冬の柔らかい光りを受けて、まるで宝石のように輝いて見えました。

2008年12月15日 (月)

うれしそうに微笑んで

47geranium_1
突然の初雪に見舞われた後、ベランダに引越しさせていたゼラニュウムが
元気を取りもどして、また花をつけてくれました。
冬の柔らかい陽射しをうけて、うれしそうに微笑んでいます。
ビオラやパンジーを除いて、風恋のベランダで咲いている花は、このピンク
色の花しかありません。
ふつうに見られる基本種ですが、寒さをついて咲いている姿を見るととても
愛しくなります。

2008年12月14日 (日)

ベゴニア館で出合った花

45streptocarpus_1
46streptocarpus_2
春のように暖かいベゴニア館では、熱帯性の花もたくさん咲いていました。
これは小型のストレプトカーパスで、白い花びらに青紫色の線が入っていて
とてもさわやかな感じがしました。
みんなそろって微笑んでいるようで、つい「こんにちは~♪」とつぶやいて
しまいました。
下は大型のストレプトカーパスで、三つ四つと連なって咲く姿は、たいへん
見ごたえがありました。
緑の葉っぱの中で、優雅な佇まいを見せており、ちょっぴり上品な気分に
なりました…^_^;

2008年12月13日 (土)

春の雰囲気

43begonia_1
44begonia_2
風の丘からはちょっと遠いのですが、ベゴニア館に行ってきました。
外の寒さをよそに、館内は春のような雰囲気に包まれ、大輪咲きの球根
ベゴニアを始め、350種もの花が咲き誇っていました。
その中で、風恋の目をいちばん惹きつけたのが、このうすピンク色をした
ベゴニアでした。
20数cmもある大きさで、まるで牡丹の花のような美しさです。
色とりどりの花に魅せられ、時間が過ぎるのを忘れてしまいました。
これから、何回かに分けてUPしたいと思っています。

2008年12月12日 (金)

芸術作品

41iragamayu_1
42iraga_2
蓑虫のお家を見つけた脇で、きれいな紋様の入った繭玉に出合いました。
真っ赤なモミジの枝にくっついていて、まるで小鳥の卵のようです。
イラガ蛾の幼虫が冬越しのために作ったお家で、卵のように整った造形と
2色に塗り分けたみごとな紋様には、たいへん驚かされました。
「蓑虫」に寄せられたYamamotoさんのお話しにもありましたが、お家の中
のイラガ虫くんは、自分が作った芸術作品に気づいているのでしょうか…
下の写真は、一度UPしたことがあるイラガ虫です。
夏の頃、肌を出したまま庭に出てうっかり触れてしまい、飛び上がるような
激痛に襲われたことがありました…(笑)

2008年12月11日 (木)

炎のような花たち

39fuhrinbussouge
40hibiscus
温室で出合った花たちで、どちらも燃える炎のような花模様を描いていました。
上はフウリンブッソウゲという花で、枝先から吊り下がるようにして咲き、花びら
の先は炎のように分かれています。
その下の長いシベは、まるで飛び散った火の粉のようです。
風がそよげば、心地よい音色を響かせる風鈴のようなので、この名がついた
ということです。
下はハイビスカスの仲間で、微妙にうねった花びらは後に反り返り、火の玉と
なって空中を飛んできたようにも思われました。
燃える情念みたいなものが感じられ、ちょっと身を引いてしまいそうでした。

2008年12月10日 (水)

心が和みます

37onagagamo_1
38onagagamo_2
買い物の帰りに、白鳥の飛来する沼に立ち寄ってみました。
白鳥たちは餌を求めに出かけていて、まだ戻ってはいませんでした。
岸辺に下りると、遠くに群がっていたカモたちが、一斉に近づいてきました。
でも、餌付けは禁止されているので、ただ眺めるだけです。
餌をもらえるものと、はしゃぎ回っていたカモたちは、しだいに動きをやめて
つまらなそうにして、こちらの様子を伺っているようでした。
こちらもひとつひとつの仕草を見せてもらったら、心が和んできました。
マガモやキンクロハジロをさがしましたが、オナガガモだけでした。
遠くの水面には夕陽が反射して、キラキラと輝いていました。

2008年12月 9日 (火)

花の絵-2

36hana いよいよ、明日から
チャリティ美術展が
始まります。
これが出品した2枚
目の作品です。
サムホールという小
さいサイズ(ハガキ2
枚分)に描いたもの
です。
ガラスコップの透明
感をもっとリアルに
表わせばよかったと
反省しています。
小さい絵は、近くで
見られるので、細部
までていねいに描か
なければなりません

2008年12月 8日 (月)

夢見るお家

34minomushi_1
35minomushi_2
すっかり葉を落とした枝垂れ桜の枝先で、小さな枯葉のようなものが揺れて
いました。
近づいてみると、小枝を寄せ集めて作った蓑虫のお家でした。
どんな冷たい北風に吹かれても、どんな怖い小鳥につつかれても、ビクとも
しない丈夫で温かいすばらしいお家のように思われました。
うららかな春まで、すてきな夢を楽しむことでしょうね。
外は、気持ちのよい青空が広がっていましたよ…

2008年12月 7日 (日)

温室で出合った花

32bougainvilleae_1
33bougainvilleae_2
風の丘は、今朝、うっすらと雪化粧をしました。
この季節、こちらでは見られない花ですが、温かい地方では咲き誇っている
のだそうですね。
これは、温室で出合った花で、ピンクのチョウが群がっているような姿をした
ブーゲンビリアです。
花のように見えるのは、包葉と呼ばれるものなそうで、その間に見える白い
のが花だということです。
優しい色合いの、この花の前に立つと、心が温まるようでした。

2008年12月 6日 (土)

花の絵

31hana_3_2
この季節になると、お絵かき仲間で、チャリティ美術展をやってきました。
今回は童画風に描いた絵を2点出品することにしました。
これはF0号(ハガキ2枚ほどの大きさ)に描いている花です。
もっと細部を描きこみメリハリをつけて仕上げたいと思っています。

風の便り

30hakuchou_2
風の丘のふもとを流れる川で、のんびりと泳いでいる白鳥たちです。
楽しい思い出を、いっぱいつくってくださいね…
BGMを張りつけるための画像です。
「風の便り」は、「夢幻のオルゴール工房」さんからお借りしたものです。

2008年12月 5日 (金)

かわいいパラソル

28oxizalis_1
29oxizalis_2
暑い夏を乗り越えて、最近つぼみをたくさんつけてくれたオキザリスです。
窓辺に置いてあげたら、紅白のねじり飴のようなつぼみを、次々と開いて
くれました。
上の写真は、陽射しを浴びて、赤く縁どられた白い花びらがしだいに開き
かけたところです。
間もなくすっかり開き切ってしまいましたが、ただ白い花という感じなので
赤い縁どりの見える下から撮ってみたのが、下の写真です。
まるで、かわいらしいパラソルのような感じがしますね。
バーシーカラーと名づけられたすてきな花模様には、心が虜になってしまい
そうでした。

2008年12月 4日 (木)

心惹かれる黒い実

26nubatama_1
27nubatama_2
霜枯れした花壇を片付けていたとき、黒光りのする実に出合いました。
夏の終わり頃に、オレンジ色の鮮やかな花を咲かせていたヒオウギの
実でした。
このツヤツヤした黒い実は、ヌバタマとも呼ばれるようですが、なぜか
心が惹かれます。
「ぬばたま」というと、高校生のとき学んだ枕詞のことを思いだします。
万葉集の中に、
 「ぬばたまの 夜見し君を 明朝 逢はずまにして 今そ悔しき」という
すてきな歌を見つけました。

2008年12月 3日 (水)

あなたへ

25rose
今朝、あなたが遠くへ引っ越されたということを聞き、悲しんでいます。
まぶたを涙でぬらして来室したのは、ついこの間のような気がします。
幼児のころ両親と別れて過ごしたということ、いっしょに生活することに
なった育ての親とこちらに来たこと、そして家庭内での悩みや苦労などを
堰を切ったように話してくれましたね。
応援してあげようと思っていた矢先のお別れ、さよならも言えずに送って
しまったことが悔やまれます。
せめて、「希望」という名の薔薇を、さよなら代わりに贈りたいと思います。
もし、このブログを見ることがあったら、後ろは振り向かずに、この薔薇の
ように希望をもって美しく生きていってくださいね…

2008年12月 2日 (火)

なんで、この季節に…

23juhgatsuzakura_1
24juhgatsuzakura_2
風の丘のふもとの神社の境内に、イラガムシのマユ玉を探しに行きました。
木々の枝先に目を凝らしながら足を進めていたら、冷たい風に震えている
白い小花が目にとまりました。
近寄ってみると、うすピンク色に染まっている桜の花でした。
葉のない寂しくなった枝で、何を思いながら咲いているのでしょうか…
何で、この季節を選んで咲かなければならないのでしょう…、とかわいそう
になりました。
寒さに耐えながら咲き続ける十月桜です。

2008年12月 1日 (月)

リンゴのような味と香り

21benishitan_1
22benishitan_2
庭木の根元で、真っ赤な実をつけた小木が這うように取り巻いています。
7~8mmほどの小さい実ですが、とてもきれいな色合いをしていて、目を
引きます。
今、やって来る野鳥たちはウメモドキの実に夢中で、この実には気づいて
いないようです。
あまりにもおいしそうな色なので、口に含んでみたら、甘酸っぱいリンゴの
ような味と香りがしました…^_^;
そのうち、野鳥たちをよろこばせるベニシタンという実です。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »