« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

待ち遠しい春

34shakunage
35hiiraginanten
この間、友だちのとこを訪ねたときに、庭先で出合った花芽たちです。
さて、何の花芽でしょうか…
上は暖かそうな防寒コートをまとっていますが、ふっくらとした姿からは
間もなく咲き出すのではないかと思われるほどでした。
早春を彩ってくれるシャクナゲの花芽なそうです。
下は、葉の形からすぐ分かりましたが、ヒイラギナンテンの花芽です。
うす紅色に染まった葉に、紫色の花芽が映えて、とてもきれいでした。
うららかな春がたいへん待ち遠しいようでした…

2009年1月30日 (金)

春の兆し

32fukujyusou_1
33fukujyusou_2
庭先の松の下で、首を出して周りの様子をしばらく伺っているようでしたが
冷たい雪も降らないようだと思ったのか、顔をほころばせるようになりました。
明るい陽射しがうれしそうな福寿草の花です。
花びらを大きく広げるまでには至りませんが、黄金色に輝く花姿はまぶしい
ばかりです。
雪などで、この笑顔を曇らせたくはない気持ちでいっぱいです。
北国にもようやく春の兆しが見えてきたようで、たいへんうれしくなります。

2009年1月29日 (木)

晴々とした気持ちに

30shikizakura_1
31shikizakura_2
神社でロウバイを楽しんだあと、淡いピンク色の花に出合いました。
軽やかに揺れる枝先には、たくさんの花が微笑んでいました。
柔らかな陽射しの中の花姿には、うららかな春の香りが漂っているようで
たいへん晴々とした気持ちになりました。
説明板には四季桜とあり、マメザクラとエドヒガンの交雑種と考えられて
いるようです。
毎年返り咲き(2度咲き)をしますが、八重咲きのものはジュウガツザクラ
と呼んで区別するそうです。

2009年1月28日 (水)

ちょっぴり不安げ…

28snow_drop_1
29snow_drop_2
真っ白い雫のような花が、慎ましやかに咲き始めました。
その花姿は、まるで夜半に舞い降りた雪の精のようです。
朝日を浴び、おもむろに花びらを開きましたが、解けてしまわないかと
ちょっぴり不安げな様子のスノードロップです。
美しいお空の世界のことを、子どもたちにたくさんおしえてくださいね。
ここにも、あなたみたいにきれいな鷺や白鳥さんたちもいるんですよ…

2009年1月27日 (火)

春の訪れを…

26roubai_1
27roubai_2
塩釜神社へ初詣に行ったとき、参道脇のロウバイがチラホラとほころび
かけていました。
天候に恵まれた週末、咲きそろったのではないかと心がはやり、見に
行ってきました。
やはり見ごろを迎えていて、周りにはさわやかな香りが漂っていました。
艶やかで半透明な花は、青空をバックにして春の訪れを喜び合っている
ようでした。
内側の赤味を帯びた花びらが彩りを添え、とてもきれいに映りました。
いつまでも、この春の香りに包まれていたい気分でした。

2009年1月26日 (月)

春を待つ冬芽たち

24tohga
25haname
じ~っと寒さに耐えているすてきな芽たちがありました。
友だちの庭先で出合った冬芽や花芽たちで、春の訪れを心待ちにして
いるようでした。
上の写真は、この間まで真っ赤な実を揺らしていたナナカマドの冬芽で
鋭く尖がった姿には、寒さを乗り越える強い意志がみなぎっているよう
に思われました。
下は、早春に線香花火のような繊細な花をつけますが、さて何の花芽
でしょうか…
はい、これはサンシユの花芽です。早い咲いてほしいですね。

2009年1月25日 (日)

愛しくなって

23tsugumi
庭木の根元に米糠をまいたら、スズメやヒヨドリたちがやってきて、たいへん
賑やかになりました。
それらに交じって、白いびはんに茶色い羽模様がよく目にとまる鳥が毎日の
ように姿を見せるようになりました。
相方さんがいなく一羽だけなのがちょっと気になりますが、愛しさがつのって
撮ってあげることにしました。
窓越しにカメラを向けるのですが、すぐ逃げられてばかりいるツグミ(?)で
す。
この写真を撮ったら、早速どこかに姿を消してしまいました…^_^;
チラチラと白く見えるのは、夜半に降った雪です。

2009年1月24日 (土)

水の精

21mizunosei_1
22mizunosei_2
買い物帰りに、友だちのところに立ち寄ったら、玄関先には、色とりどりの
花々が並び、春の雰囲気に包まれていました。
その傍らでは、数株のハボタンが優しい彩りを添えていました。
きれいな葉の間からは、キラキラと輝く水玉が覗き、まるで宝石のように
見えました。
夜半に降った雨が水の精となって、このハボタンに宿ったのでしょうか…
強い陽射しは少し待っていてください…、と願わずにはいられない気持ち
になりました。
玄関にも入らず、しばし見とれてしまいました。

2009年1月23日 (金)

春が来たよう…

19kazeno_oka
20ohusanmyaku
こちらでは、午後には雨もあがり、気持ちのいい青空が広がりました。
春のようにポカポカ陽気になった、今日の風の丘周辺です。
いつもは北風に泣きむすぶ林の梢も、誇らしげな表情を見せています。
ふもとに広がる田んぼもすっかり雪が解けて、のどかな春のようでした。
田んぼには野焼きの煙も立ちのぼり、春耕が間近になったのでは…と
思わせます。
遠くには雪を頂く山なみも姿をあらわし、まぶしいほどに輝いていました。
心が和んだ、午後のひとときです。(休憩時間に、仕事先周辺で撮影)

2009年1月22日 (木)

安らかな気分に

18harusame
今日の風の丘は、一日を通して氷雨が降り続きました。
春雨と感じるようになるのはず~っと先のことでしょうが、春への想いは
募るばかりです。
それで、「世界の椿館」で出合った「春雨」という椿に出てもらい、暖かい
春の気分を楽しんでみようと思いました。
うす紅色の花びらには絞りが入り、女の子が優しく微笑んでいるような
花姿をしています。
うららかな春に抱かれたようで、とても安らかな気分になりました。
厳しい寒波が予想されていますが、温もりのある花たちに元気をもらい
ながら、乗り切っていきたいと思っています。

2009年1月21日 (水)

かわいいツララ

17tsurara
風の丘では、例年と変わらず氷点下を記録していますが、降る雪の量は
少なく、すぐ冬枯れの地面が顔を覗かせています。
腰が痛くなるような雪かきもなく、生活するのにはとても助かっています。
この季節ともなれば、軒先には目を見張るような大きなツララができるの
ですが、今年はまだ一度も目にしていません。
この間、ようやく庭木に出来たかわいらしいツララを見つけました。
幾つもの水滴が連なって出来たツララも、冬の薄日にも勝てずに、再び
水滴となって落ちていくのでしょうか…

2009年1月20日 (火)

元気に咲いて!

15nojisumire_1
16nojisumire_2
プリムラの鉢の中に紫の点のようなものがありましたが、日増しに大きく
なって、何かの花のように見えてきました。
1cmにも満たないつぼみですが、リンドウのように巻いていて、たいへん
かわいらしいです。
よく見ると、つぼみの後に距のようなものがあり、スミレのようでもあります。
そう言えば、木陰で夏越しさせていたとき、すぐ側にノジスミレを置いていた
ことを思い出しました。
プリムラの鉢まで種がはじけて、知らぬ間に育っていたのでしょう…
小さな小さな株だけに、これから元気に咲いてくれるのか、とても心配です。

2009年1月19日 (月)

小さな春

13tanetsukebana
14hakobe
ベランダに取り込んだ鉢に、白い小花を見つけました。
これまで何度か覗いてきましたが、まったく気づきませんでした。
上の花は、遠目には白い点にしか見えないタネツケバナです。
3ミリほどの小さい花ですが、花びらやシベはきちんと備わっています。
下の花は、ウサギの耳のような花びらがとてもかわいらしく映りました。
暖かそうなガク片に包まれて、穏やかな表情を見せるハコベの花です。
身近に小さな春を見つけたようで、とてもうれしくなりました。

2009年1月18日 (日)

かわいい女の子

12hanakirin_1_1
緑の葉の中で、ひときわ鮮やかに映りました。
濃い目のピンク色、そしてクリッとした丸い花びらは、底抜けに明るい
女の子のようです。
あまりのかわいらしさに、抱きしめてあげたい衝動に駆られました。
園芸センターのサボテンコーナーで出合ったハナキリンです。

2009年1月17日 (土)

健気に咲く花

10kekitsunenobotan_1
11kekitsunenobotan_2
風の丘のふもとにある神社に、冬芽を探しに出かけました。
でも、どの木も深い眠りについたまま、北風に揺られているだけでした。
帰えろうとしたとき、斜面から流れ落ちる水路の脇で、黄色い花らしき
ものを見つけました。
駆け寄ってみると、解けた雪で花はすっかり濡れていました。
息を吹きかけ、水滴を飛ばしてあげたら、にっこりと微笑んでくれました。
きちんと調べられませんでしたが、ケキツネノボタンかと思われます。
この冷たい雪の中、健気に咲いている姿には、胸が熱くなりました。

2009年1月16日 (金)

雪の精

08primula_2_1
09primula_2_2
赤いプリムラだけでは寂しいと思って、いっしょに連れ帰った白い花です。
空から舞い降りた雪の精ではないかと思われるほど真っ白くて、幻想の
世界に誘われるような感じがします。
ハート形の花びらを何枚か重ね合わせ、不安げな表情で首をかしげて
いるようです。
ここはあまりにも暖かいので、お空のお母さんが恋しくなったのでしょうか…
そのうち、お友だちをたくさん連れてきてあげるから、ちょっと待っててくだ
さいね。

2009年1月15日 (木)

ふるさとの山

07furusatonoyama
仕事先に向かうとき、目の前に姿を現してくれるふるさとの山です。
雪晴れのこの日は青空にくっきりと稜線を引き、凛とした佇まいを見せて
いました。
標高はわずか500mほどですが、富士山のような姿をしているということ
で、こちらではたいへん親しまれている山です。
雪国とは言っても、今年はまだ雪も少なく、山肌はそう白くはありません。
この美しい山容に魅せられて、何度か油絵のモチーフにさせてもらいました。
どんなつらいことがあっても、いつも心の支えになってくれる偉大な山です。

2009年1月14日 (水)

顔をほころばせて

05primula_1
06primula_2
おでん用のダイコンでも…と思い、産直センターに立ち寄りました。
手ごろなものが見つかったので帰ろうとしたら、出口付近に色とりどり
の花が並んでいました。
すぐ目についたのは、このかわいらしいプリムラでした。
優しい色合いもありましたが、寒さを吹き飛ばしてくれそうな赤い花を
選びました。
暖かい窓辺に置いてあげたら、満足そうに顔をほころばせていました。
これだけでは寂しそうだったので、もう1鉢、雪のような白い花を添え
ました。(こちらは後日に)

2009年1月13日 (火)

柔らかい陽射しの中で

03himeodorikosou_1
04himeodorikosou_2
この間アップしたオオイヌノフグリの近くで、ピンクの小花が葉っぱの間から
覗いていました。
産毛が密生した葉っぱに包まれて、北風さえも寒くはないようです。
1センチほどの大きさですが、紫色の絞りが入ったしっかりした花でした。
柔らかな陽射しを楽しんでいるようにも見える、ヒメオドリコソウの花です。
この花のように、春の陽射しの中でゆっくりくつろげる日が早くやって来て
ほしいと思われる今日この頃です。

2009年1月12日 (月)

優雅な気分に

01cattleya
02oncidium
これらも温室で出合った花で、いつも身近で見られる蘭たちです。
上はお馴染みのカトレアで、華麗な花姿には魅了させられてしまいます。
下の蘭はオンシジウムで、黄色いドレスをまとった踊り子たちが軽やかに
空中を舞っているような花姿をしていました。
すてきな蘭を目にすると、優雅な気分に包まれ、ちょっぴり高貴になった
ような気がしてきます…^_^;

2009年1月11日 (日)

存在感はあるのに

97nezumimochi_1
98sharinbai_1
この間、松島に立ち寄ったとき、海岸の遊歩道で出合った果実たちです。
お正月から、黒い果実は縁起でもない感じがしますが、お正月の料理に
欠かせない煮豆も黒いということでお許しいただき、登場してもらうことに
しました。
上の写真は、初夏のころ可憐な白い花をつけたネズミモチの果実です。
果実の姿がネズミの糞に似ていることから、名前がついたようです。
下はシャリンバイの果実で、表面がブドウのように白い粉がついていて
たいへんおいしそうに映りました。
それなりに存在感はあるのですが、地味な色合いのため野鳥たちにさえ
振り向いてもらえないかわいそうな果実たちです。

2009年1月10日 (土)

パステルカラーに彩られて

95anthurium_1
96anthurium_2
園芸センターの温室内で出合った花で、この色鮮やかな姿はけっこう目立って
いました。
花のように見える赤い部分は仏炎苞と呼ばれるもので、ス~ッと立ち上がって
いるのが花なそうです。
黄からピンクへのグラデーションが、虹のようなパステルカラーに彩られていて
すっかり魅せられてしまいました。
熱帯性植物らしく、華やかさに包まれているアンスリウムという花です。
下の写真は、まさに花を誕生させようとしているところで、この神秘的な様子に
立会い、胸が高鳴る思いがしました。

2009年1月 9日 (金)

きらめく星のよう

93ohinunofuguri_1
94ohinunofuguri_2
雪のない陽だまりの斜面に、星屑を散らしたように青い小花がたくさん咲いて
いました。
どれも太陽の恵みを受け、花びらを精いっぱい広げ、まぶしいばかりの笑顔を
振りまいていました。
色合いがきらめく星のようで、たいへん印象深いオオイヌノフグリという花です。
とても可憐な花なのに、オオイヌノフグリという名前はあまりにもかわいそうな
気がしました。
寒さが厳しい北国でも、自然は少しずつ春へ向かって歩み出しているようで
心がはずんできます。

2009年1月 8日 (木)

ピンク色に彩られて

91sazanka_1
92sazanka_2
正月休みに知人を訪ねたら、その近所に山茶花がみごとに咲き誇っている
垣根を見つけました。
垣根全体がピンク色に彩られ、すばらしい景観に目を見張りました。
このような垣根に出合ったのは、初めてのような気がします。
近づいてみると、かわいいハート型の花びらが重なり合って微笑んでいました。
黄色いシベは、揺れ動く灯かりのように思われました。
寒さをついて健気に咲く花に、ついエールを送りたくなりました。

2009年1月 7日 (水)

清新な姿

89miko
90nadeushi
拝礼が終わって帰りかけたとき、水干に緋袴姿の巫女さんたちが、偶然にも
拝殿の横から出てきました。
その姿はとても清新で、笛や太鼓の神楽に合わせて、鈴を打ち鳴らしながら
舞った優美な光景と重なりました。
下の写真は中門脇にあった「撫で牛」の像で、大勢の人々から撫でてもらい
満足そうな表情をしていました。
撫でることにより、途切れなく流れる牛の涎れのように商売が繁盛し幸せが
長く続くというご利益があるのだそうです。
ウチもそれにあやかって、ていねいに撫でてきました…^_^;

2009年1月 6日 (火)

心新たに初詣

87roumon
88haiden
息をはずませながら、202段の表参道石段を上りきると、朱塗りの楼門が
迫ってきます。
一段落したとは言っても、大勢の方々が初詣にやってきていて、ようやく
合間を見計らってシャッターを押しました。
さらに進むと大きな中門があり、間もなく塩釜神社の拝殿が見えてきます。
主祭神をまつる本宮は奥にあるのだそうですが、心新たに健康と幸せを
お願いしてきました。
良くないものを引くと気になるので、おみくじは求めませんでした…^_^;
この神社は平安初期の頃から、陸奥国一の宮として崇められてきたようで
正月3ケ日の初詣客は64万人あまりで、県内一賑わったとTVで報道して
いました。

2009年1月 5日 (月)

新春の松島

85matsushima_1
86matsushima_2
賑わいが落ち着いたころを見はからって、塩釜神社に初詣に行ってきました。
その様子は後でお知らせすることにして、今日はその途中に立ち寄った松島
の情景をアップすることにしました。
松島は大小260あまりの島が海に浮かび、日本三景のひとつとしても名が
知られています。
また、松尾芭蕉がみちのくを目指して旅立った目的のひとつにもあげられて
いるようです。
上の写真は松島を訪ねた方なら必ず目にする五大堂で、海岸から赤い橋で
つながっています。
下は、松島海岸から車で10分ほどのところにある展望台(西行もどしの松)
から眺めた松島湾に浮かぶ島々です(重なっていますが、10島ほどあります)。
何度も訪ねていますが、その度に初めて訪ねたような感覚になります。

2009年1月 4日 (日)

春への想い

83begonia_1
84begonia_2
和紙をうす紅色に染めてつくった花のように、優しい表情をしていました。
この花に、ベゴニア館で出合った花の終わりを飾ってもらうことにしました。
このベゴニアはハンギングタイプと呼ばれ、天井近くから長い茎を垂らして
その先にたくさんの花を吊り下げていました。
花は5cmと大きかったのですが、まるで春の枝垂れ桜を見ているような
錯覚を覚えました。
下の写真は水盤に生けられたベゴニアの花たちで、華やかな花模様を
描いていました。
いちど主役を下りた花たちに、再び光りを与えてくれた方の温かい心に
触れたようで胸が熱くなりました。

2009年1月 3日 (土)

洋風な感じ

81deepred_whitefrill
82whitefrill
椿は和風な感じがしますが、同じ紅白の花でも、こちらは洋風な雰囲気が
漂います。
上の花は、ディープレッド・ホワイトフリルと名づけられたシクラメンで、揺れ
動くような花姿には、心がワクワクする思いでした。
赤い花びらの縁には、白いフリルが踊るようについていました。
下はホワイトフリルというシクラメンで、シロチョウが群れて蜜を吸っている
ようにも見えました。
名前にフリルと入っていますが、それらしいものは見当たりませんでした。

そろそろお正月気分から離れて、お仕事の方へ心を向けなければ…、と
思っています…^_^;

2009年1月 2日 (金)

お正月を祝って

79tsubaki_1
80tsubaki_2
お正月を迎えた風の丘は、今日も空が澄み渡り静かな一日でした。
どの子どもたちにとっても、空のように晴れやかで幸せな一年であるようにと
祈らずにはいられません。

今日はお正月ということで、赤と白の椿に出てもらうことにしました。
上の写真は紅妙蓮寺という椿で、優しい微笑みに心が惹かれました。
一重の薄紅色の花びらに、黄色い茶せんのようなシベがとても印象的です。
下の写真は、雪のように白い花びらに黄色いシベが映える白妙蓮寺という
椿で、凛とした花姿に心が洗われるようでした。
どちらも、中部地方が原産地なそうです。

2009年1月 1日 (木)

今年もよろしく

78nanten
明けまして、おめでとうございます。
風の丘は、穏やかな新年を迎えました。
すべての人々にとって、平和で幸せな年であることをお祈りします。
今年もよろしくお願いいたします。

野鳥についばまれて、すっかり淋しくなりましたが、雪の中でひと際
鮮やかに映った南天の実です。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »