« 春への想い | トップページ | 心新たに初詣 »

2009年1月 5日 (月)

新春の松島

85matsushima_1
86matsushima_2
賑わいが落ち着いたころを見はからって、塩釜神社に初詣に行ってきました。
その様子は後でお知らせすることにして、今日はその途中に立ち寄った松島
の情景をアップすることにしました。
松島は大小260あまりの島が海に浮かび、日本三景のひとつとしても名が
知られています。
また、松尾芭蕉がみちのくを目指して旅立った目的のひとつにもあげられて
いるようです。
上の写真は松島を訪ねた方なら必ず目にする五大堂で、海岸から赤い橋で
つながっています。
下は、松島海岸から車で10分ほどのところにある展望台(西行もどしの松)
から眺めた松島湾に浮かぶ島々です(重なっていますが、10島ほどあります)。
何度も訪ねていますが、その度に初めて訪ねたような感覚になります。

« 春への想い | トップページ | 心新たに初詣 »

」カテゴリの記事

コメント

さすが日本三景の一つですね。美しいですヽ(´▽`)/
上の写真の島はかわった形をしていますね。
建物も立っているようで、島には上陸できるのでしょうか(*゚▽゚)ノ
行ってみたいですね、ぜひ一度は!!

こんばんは
一度、会社の旅行で行ったことがあります・・
波が荒れていて、この写真のように穏やかで落ち
着いた雰囲気が無かったのが残念です。でも荒れた
光景でも素晴らしかったですね・・天気は良かった
かな?

日本三景に選ばれるだけに
素晴らしいところですね。
随分前に、一度だけ訪れた事があります。
大、小260もの島があるとは知りませんでした。
五大堂が海面に映り、展望台からの素晴らしい景色は
穏やかな新春の松島を感じます。
遠くの小さな島まで綺麗に撮れていますね。さすがです。
上の写真は記憶が有りますが、展望台に
登ってなくて、この素晴らしい景色を見てこなかった
事を残念に思います。

風恋さん、★こんばんわぁ~('-^*)/★

ほんとに風光明媚な素晴しいところですね?
松島や ああ松島や 松島や、のところでしょう?
もう、この景色を見れば自然とこの歌がでて
まいりますよね~?
お天気もいいし、とても冬の松島のような感じは
ないですね?今年もよき一年になりそうな予感
がいたしますぅ( ̄▽+ ̄*)

日本三大風景のひとつ松島、
懐かしいです。
今からちょうど40年前の昔、独身の時に訪れています。
やはり素敵ですね。

多分4月以降となりますが、
芭蕉の奥の細道で訪ねます。

昔の思いと、又違う目で眺められる松島かと思います。
楽しみです。

日本三景に選ばれた松島に初詣ですか
良かったですね。
遊覧船で島をまわられましたか?
様々な景観を楽しまれたことでしょうね。
次回も画像楽しみにしています。
私も一度は行ってみたいところです(*^-^)

日本3景の松島(宮城県) 天橋立(京都府) 宮島(広島県)の中で松島だけ未だ訪れたことが有りません 、瀬戸内海も沢山の島が点在しており写真を拝見したら同じような景観だなと感じました...今年は是非訪問したくなりました...

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 この島の五大堂に行くには、朱塗りの橋をふたつ
 渡ります。
 この位置から見ると、船のヘサキのようでした。

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 この松島にお出でになったことがあったんですね。
 ここは海が静かなときが、ゆっくり島々の景観が
 楽しめると思われます。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 この日は青空が広がり、海も静かで新春らしい
 雰囲気が感じられました。
 松島湾を見渡せる展望台は数カ所ありますが
 ここがお気に入りで、何度か訪れています。
 すみれさんも、お出でになられたんですね…

☆ オレンジ(・∀・)♪ さん。こんばんは~♪
 この日の松島は、穏やかな表情をしていました。
 見た感じはのどかで、ほんと春のようでした。
 遊覧船に乗ると、ガイドさんが「松島や ああ
 松島や 松島や」を必ず紹介してくれます…

☆ にりんそう さん。こんばんは~♪
 にりんそうさんも、松島にお出でになられたこと
 があったんですね…
 芭蕉は、松島では句を詠まなかったようですが
 「奥の細道」ではすてきな文を残していますね。

☆ yuu さん。こんばんは~♪
 塩釜神社というところに初詣をする途中、この
 松島を訪ねました。
 松島の景観を楽しむには、やっぱり遊覧船に
 乗るのがいちばんのようです。
 機会があったら、ぜひ松島まで足を伸ばして
 ください…

☆ monkey19 さん。こんばんは~♪
 松島は箱庭みたいですが、瀬戸内海の景観は
 壮大なんでしょうね~
 東北の夏祭りの頃、ぜひお出でになってみて
 ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春への想い | トップページ | 心新たに初詣 »