« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

舞う青い蝶

39blue_clover_1
40blue_clover_2
仕事帰りに、野菜などを取り扱う産直市場へ立ち寄ってみました。
ほうれんそうやねぎなどを求めたあとで、山野草のコーナーを覗いてみたら
ツユクサのような花が目につきました。
ブルークローバーという花で、その目が醒めるような色合いに魅せられて
連れて帰りました。
確かに、クローバーのようなかわいい葉っぱが3枚ついています。
ベランダに置いたら、風に揺れて青いシジミチョウが舞っているようでした。
つぼみもあるので、大事に育てていき、長く楽しみたいと思っています。

2009年3月30日 (月)

春へのステップ

38hill_choco
うららかな春になると、古い靴にさよならして新しい靴を履いてルンルンしたく
なりますね…
フラワーアレンジメントの教室に通っていますが、そのお稽古が終わったあと
東京からお出でになった講師先生を囲んで、お茶会が開かれます。
今回は、先生からすてきなプレゼントがあり、シックなパッケージを開けたら
その中からこのハイヒールチョコが出てきました。
いろいろなシューズも入っていましたが、あまりにもかわいいので、口にする
ことをためらってしまいました…^_^;

2009年3月29日 (日)

幸せ気分に…

36hiugamizuki_1
37hiugamizuki_2
早くから黄色い花芽をつけていましたが、なかなか咲いてはくれませんでした。
毎日のように見に行き心待ちにしていましたが、ようやくほころび出しました。
和紙で作られた柔らかい花のように、光りが透けて見えるヒュウガミズキです。
ふわふわっとした花びらの中には、黄色いシベがたくさん覗いていました。
目にしただけで心が和み、とても幸せ気分に浸ることができました。

2009年3月28日 (土)

舞い降りた天女

33katakuri_1
34katakuri_2
ちょっと寒い日が続いていますが、花壇の片隅でカタクリの花が咲き出し
風の丘でも春が加速した感じがします。
うす紫色の花びらを反り返し、優雅な花姿を見せてくれています。
天女が衣をひるがえしながら、地上に舞い降りてきたのではないかとさえ
思われます。
ちょうどのどかな季節を迎えていますし、ここは優しい人たちばかりです
ので、安心していつまでも居てくださいね…、とつぶやいてしまいました…

2009年3月27日 (金)

愛しい小花

31purimula 32nojisumire
ピンク色の優しい花姿に魅せられて、数年前から育ててきたプリムラが咲き
出しました。
夏の世話が行き届かず元気がなかったので、花はあきらめていましたが
暖かくなるにつれてつぼみをつけ、そのうちのひとつが微笑んでくれました。
その花に見守られるようにして、紫色の小花が咲いています。
ブログで紹介したことがありましたが、この鉢にこぼれた種から育ったノジ
スミレです。
株が小さく花も1cmほどですが、健気な姿にとても愛しさを感じました。
陽だまりの中で、スミレもプリムラも春を楽しんでいるようでした。

2009年3月26日 (木)

キリッとした花姿

29himarayayukinoshita_1
30himarayayukinoshita_2
ピンク色のつぼみを覗かせていましたが、ようやく笑顔を見せてくれました。
寂しい玄関周りに、明るい彩りを添えてくれたヒマラヤユキノシタです。
キリッとしたかわいい花姿に、つい顔がほころんできます。
つぼみがたくさんあるので、しばらく楽しめそうです。
寒さにも強いようで、また雪に見舞われても、元気に咲き続けてくれること
でしょう。

2009年3月25日 (水)

眠くなっちゃった…

27hotokenoza_1
28hotokenoza_2
ポカポカ陽気の昼下がり、空を眺めている花がありました。
 「ハ~イ、雲さ~ん!、そこから見えるのは、な~に…?」
 「お花畑でも、見えますか…」
雲は何も応えず、ゆっくりと流れていきます。
 「ね~、どこ行くの…?、ウチも連れてって…!」
 「山の向こうまで、行きたいナ~」
やはり、雲は何も言わず、静かに去っていってしまいました。
 「あ~ぁ、つまんないナ…」
 「眠くなってきちゃった…」
大きなあくびを繰り返していたホトケノザでした。

2009年3月24日 (火)

春への讃歌を…

25mitsumata_1
26mitsumata_2
だいぶ前から、白い房のようになった花芽が出来ていましたが、なかなか
咲いてはくれませんでした。
暖かい日が続くようになり、ようやく黄色い小花が微笑むようになりました。
この鮮やかな色合いに魅せられて、知人にお願いし、株分けをしてもらって
いたミツマタです。
みんな顔を寄せ合い、口をそろえて春への讃歌を合唱しているようです。
ちょうど青空が広がった日を選んで、記念撮影をしてあげました。

2009年3月23日 (月)

何の花…

23benibanaichigo_1
24benibanaichigo_2
濃いピンク色の花に魅せられています…^_^;
春の柔らかい陽射しを浴びて、すてきな笑顔を振りまいています。
さて、この花は何でしょう…
はい、これはベニバナイチゴという花です。
どんな花が咲くのか、ちょっと不安もありましたが、生協のカタログを見て
取り寄せてみました。
思ったよりも、きれいな花が咲いてくれたので、とても幸せな気分です。
つぼみも覗いているので、これからも楽しみです。
イチゴという名がついていますが、どんな実が生るのかワクワクしています。

2009年3月22日 (日)

幸せな気分

21sanshuyu_1
22sanshuyu_2
だいぶ前から、固い苞葉の間から黄色い色を覗かせていましたが、なかなか
姿を見せてはくれませんでした。
いつ咲いてくれるのかと待ち焦がれていましたが、このところ続いた暖かさに
ようやく重いコートを脱いで、黄色いつぼみを見せてくれました。
陽光の中で、幸せ色のつぼみがワイワイと声をあげながら押しくら饅頭をして
いるように映りました。
風の丘にも春がやって来たようで、とても幸せな気分になりました。
 *花の名前を書くのを忘れましたが、これはサンシュユの花でした。

2009年3月21日 (土)

見て、見て…!

19tsurunichinichisou_1
20tsurunichinichisou_2
この間覗いたときはつぼみもなく、まだなのかナ…と思っていましたが
今日見にいったら、もう微笑んでいました。
青紫の花びらをパッと広げ、空を見上げていたヒメツルニチニチソウです。
いつもは振り向いてはもらえない花木ですが、見て、見て…!と言わん
ばかりに輝いていました。
小さな花ですが、優雅な色合いに目が引かれました。

2009年3月20日 (金)

夢のよう…

18akatateha
20度を越えた一昨日、花壇のクロッカスにモンシロチョウがやってきました。
でも、間もなく飛び立ってしまい、カメラに収めることはできませんでした。
北国にも春がやってきたようで、ルンルンした気持ちになりました。
そして今日、アセビの花を撮ろうとカメラを構えていたら、とつぜん目の前に
蝶が止ったではありませんか…
夢かと思いながらも、あわててシャッターを押しました。
図鑑を見たら、アカタテハのようで、冬越しをしていたもののようです。
いっぱい蜜を吸って、早く元気に飛び回ってほしいと思いました。

2009年3月19日 (木)

萌える

16shinme_1
17shinme_2
こちらでも、20度を越す天気が二日も続いて、すっかり春めいてきました。
春を彩るいろいろな花がいっせいに咲きだそうとしています。
庭木の中に、うすピンク色に染まったかわいい花を見つけました。
さて、これは何でしょう…?
ほんとうは花ではなく、暖かさに促されて動き出した紫陽花の新芽なんです。
萌える姿には、限りない希望がみなぎっているように思われました。

2009年3月18日 (水)

灯かりのようなシベ

14crocus_1
15crocus_2
この間、突然の吹雪に見舞われてつぼんでしまったクロッカスが、ようやく
微笑んでくれました。
紫色の花びらの中で揺れるシベは、チロチロと燃える灯かりのようです。
下のクロッカスは、花びらに紫の線が走り、とてもお洒落な感じがします。
地中海が故郷というクロッカスですが、和風な雰囲気が漂っているようにも
思われます。
黄色い花も咲きましたが、ヒヨドリについばまれてしまいました。

2009年3月17日 (火)

春を通り越して

12poppy_1
13poppy_2
スーパーで買い物をした後、花屋さんの前を通ったら、春の花たちが並んで
いる中に、10本で100円の花束が目にとまりました。
大きなつぼみから、花の色が覗いていたポピーの花でした。
何個か咲いてくれたら、それでいいと思い、一束買い求めてきました。
早速、一輪挿しに入れて窓辺に飾ってあげたら、間もなく赤とオレンジの花が
咲き出しました。
部屋の中は、春を通り越して夏が来たような雰囲気に変わりました。

2009年3月16日 (月)

春を運んできた小さな植物

10suzumenokatabira
11tanetsukebana
冷たい雪の下になっても、何度踏みつけられても、またすぐ立ち上がる強さ
には、ほんと感激させられます。
花壇の周りなど、庭のあちこちで咲き出したスズメノカタビラと、タネツケバナ
です。
スズメノカタビラは、背丈が10cmほどの草丈の中から穂を伸ばし、かわいい
白い花をチラチラ覗かせていました。
タネツケバナは、寒さに耐えて赤く染まった茎先に真ん丸いつぼみをつけて
4枚の白い花びらを広げようとしていました。
知らずに踏まれてしまっている小さな植物たちも、春を運んできていました。

2009年3月15日 (日)

温もりのあるかわいい作品

08wanchan
09zousan
風の丘のふもとの街に、リサイクルデザイン工房というのがあります。
エコ思想の普及を目指して、古布を利用した裂き織りやパッチワーク、古材を
使った糸のこやろくろ細工などの制作が続けられているようです。
希望者が集まり、それぞれすばらしい作品を作って展示会も開いています。
この間、いとのこ細工をしている知人から、すてきな作品をいただきました。
上のワンちゃんはとてもかわいらしく、いつまでも抱いていたい気持ちになり
ました。
下のゾウさんは木目が生かされていて、温もりが感じられます。
飾り棚に入れてあげ、大切にしていきたいと思っています。

2009年3月14日 (土)

魅せられるシベ

07yukiwarisou
「つま紅」と言う雪割草が咲きました。
写真ではよく分かりませんが、花の縁がほんのりとピンク色に彩られて
います。
この慎ましやかな雪割草を、すてきにしているのは、ビーズのように輝く
シベではないかと思っています。
健気で可憐な花姿に魅せられています。

2009年3月13日 (金)

つぼんでしまって

05crocus_1
06crocus_2
降り注ぐ陽射しも強くなって、しだいに春らしくなってきたので、クロッカスも
花芽を伸ばして微笑み始めました。
このまま暖かくなってほしいと思っていましたが、一昨日は吹雪に見舞われ
一瞬にして冬に後戻りしてしまいました。
昨日は雪もだいぶ解けましたが、突然やってきた寒さに驚いてしまったのか
一日中つぼんだままで、笑顔は見せてくれませんでした。
自然のこととは言え、あまりにも厳しいさだめに、胸が締めつけられるような
哀れさを感じました。
「また、すぐ暖かくなるからネ…」、と声をかけてやりました。

2009年3月12日 (木)

優しい花姿

03koutougi
04mikaibai
紅梅はさすがに見ごろは過ぎましたが、まだ見られるものもありました。
凛とした白梅とはちがい、紅梅には優しい雰囲気がありますね。
上は「紅冬至」という言う紅梅で、ほころび始めたばかりの初々しさが感じ
られました。
下は「未開梅」と言う名前で、柔らかな陽射しの中で、明るく微笑んでいる
ようでした。
ピンクの色合いには心が惹かれますが、はじけるようなシベの輝きも大変
魅力的だと思いました。

2009年3月11日 (水)

凛として気品が漂い

01miyakonishiki_1
02miyakonishiki_2
紅梅を追いかけるようにして、白梅が咲き出して見ごろを迎えました。
和紙のように柔らかな八重の花びらに、踊るようなシベがとてもきれいな
「都錦」という梅の花です。
青空を背景にして咲く姿は、凛として気品に満ちているようでした。
周りにはふくよかな香りが漂い、とても清々しい気分になりました。
今日の風の丘は吹雪に見舞われ、うららかな春はお預けとなりましたが
この花模様のような本格的な春が待たれます。

2009年3月10日 (火)

ひそひそ話を…

98teteatete_1
99teteatete_2
つぼみが黄色くふくらみ、いつ咲いてくれるのかと、待ち焦がれていました
が、起きて直ぐベランダにいくと、もう輝くような笑顔を見せていました。
パッと広げた花姿には、咲いたよろこびがあふれているようでした。
ミニミニ水仙のテータテートです。
草丈が10cmほどで、花も3cmくらいのたいへんかわいらしい水仙です。
テータテートとは、フランス語で「内緒話」という意味なそうです。
たくさんうつむき加減に咲いた様子が、ひそひそ話をしているように見える
ところからつけられた名前のようです…

2009年3月 9日 (月)

いただいた花

97cineraria
卒業式の壇上を飾った花々は、式を見守った方々に子どもたちからプレゼント
されました。
風恋は、白い花びらの先が青く染まったサイネリアをいただきました。
きれいな涙で洗われ、晴れがましい表情にもどった子どもたちから手渡された
花は、いっそう美しく輝いているように映りました。
この花のようにさわやかな気持ちで、自分らしく進んでいってほしいと祈らず
にはいられませんでした。
いろいろな悩みや悲しみを乗り越え、卒業していった子どもたちよ、幸せに…

2009年3月 8日 (日)

「旅立ちの日に」

95tabidachinohini
96sagigoke
きのう、風の丘の周辺では、どこの中学校でも卒業式がありました。
風恋も仕事でかかわった子どもたちの晴れ姿を見守ることができ、とても
幸せでした。
壇上で卒業証書を受け取る姿に胸が打たれましたが、一番感動したのは
式の最後に全員で合唱した「旅立ちの日に」のシーンでした。
二番へと歌い進むうちに、女子生徒を中心にキラキラと輝く涙の筋が頬を
伝わり落ちるのが多くなり、男子生徒もまぶたを赤く染め始めました。
走馬灯のように思い出がよみがえり、一緒に過ごした友との別れがつらい
ようでした。
つい、感極まった風恋もハンカチを顔に当てました。
宝石よりもきれいな輝きを目の当たりにして、この子たちの限りない幸せと
活躍を祈らずにはいられませんでした。
(歌詞の背景写真は、前にアップしたことのある風恋の油絵です。
下の白い写真は飛び立つ子どもたちをイメージしたサギゴケの花です。)
 *歌詞が見えにくい場合は、クリックして拡大してください。
 *坂本 浩美が「作詞」となっていますが、「作曲」の誤りでした。
 *歌詞の3行目、「限りなく青い空に、心ふるわせ」でした。

2009年3月 6日 (金)

輝くシベたち

93yukiwarisou_1
94yukiwarisou_2
暖かくなるにつれて、心配していた雪割草たちが、遅ればせながらほころび
始めました。
一度はダメかとあきらめかけた花たちだけに、この健気な花姿にはたいへん
愛しさが募ります。
上の花は二段咲きと呼ばれ、シベの周りに小さな花びらが広がっています。
下は「三雪」という名前の花で、白い花びらの中に見えるうす緑色のシベが
とても初々しく感じられました。
雪割草は、宝石のように輝くシベやバラエティに富むシベの美しさも魅力の
一つかナ…と思っています。

2009年3月 5日 (木)

花嫁すがたのよう

91yukizakura_1
92yukizakura_2
11月に引き続いて、2度目の登場となります。
寒さが厳しかったころ、ちょっと元気をなくしましたが、暖かくなるにしたがって
また、微笑む花が多くなってきました。
サクラソウの仲間で、「雪桜」という呼び名がついた、プリムラシネンシスです。真っ白く慎ましやかな花姿は、ウィデングドレスをまとった花嫁すがたのようで
見とれてしまいます。
一年中咲いていたので、春の花だということを忘れていました。

2009年3月 4日 (水)

釜神さま

90kamagami
この間、知人のところで撮らせてもらった「釜神さま」です。
これは飾り物ですが、古い民家では高い梁(はり)に掲げて祭神としている
のを、まれに目にすることがあるということです。
知人のおばあちゃんの話によると、風の丘の周辺では、新しい住宅になる
前はどこでも見られたということでした。
昔、釜でご飯を炊いていたころ、「竈(かまど)」の上の方に、30~60cmは
ある「釜神さま」が祭られていて、火が暴れたりしないか見守り、火災から
守ってくれる「神さま」として、篤く信仰されてきたのだそうです。
煤(すす)で黒光りした本物に似せて、飾り物も黒く塗装されていますが
ちょっと怖い顔をしていますね…

2009年3月 3日 (火)

うれしそうにうなずいて

88momo_1
89momo_2
先日、スーパーに立ち寄ったら、雛まつりが近づいているというのに、桃の花が
寂しそうに物陰でうなだれていました。
かわいそうだったので連れ帰り、水切りをして暖かい窓辺に挿してあげました。
すぐ元気を取りもどしてつぼみをほころばせ、ついに笑顔を見せてくれるように
なりました。
「よかったね…、とてもすてきだヨ…♪」と声をかけたら、うれしそうにうなずいて
くれました。
今日は、女の子たちの健やかな成長を願い、これからの幸せを祈る桃の節句
です。

2009年3月 2日 (月)

胸が熱くなった雛飾り

87hinakazari
この間、用事があって知人のところを訪ねたら、タペストリー型の雛飾りが
目にとまりました。
かわいらしい雛飾りに、とても心が和むようでした。
話を聞きますと、おばあちゃんがまだ若かったころ、お孫さん(知人のこと)の
ために手作りしてくださったものなそうです。
豪華な雛壇飾りではありませんが、健やかな成長を願って、一針一針縫い
上げたというおばあちゃんの温かい心が伝わってきて、胸が熱くなりました。
明日は桃の節句、すべての女の子たちの幸せを祈りたいです。

2009年3月 1日 (日)

凛々しく咲く花

85koubai_1
86koubai_2
青空の広がったきのう、しばらくぶりで友だちと買い物に出かけました。
どこも、良い天候に誘われて繰り出した買い物客で賑わっていました。
帰りはちょと遠回りでしたが、園芸センターに立ち寄ってみました。
展示室では「早春の野草と雪割草展」が開かれていて、可憐で見事な花々に
すっかり魅了させられました。
その余韻が醒めやらないまま、今度は近くの梅林へと足を進めました。
紅梅などが咲き誇っていましたが、寒さに傷められてかわいそうな姿を晒して
いました。
陽射しを受けて微笑み出した「寒紅梅」を見つけ、その凛々しさに感激しながら
シャッターを押してきました。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »