« うれしそうにうなずいて | トップページ | 花嫁すがたのよう »

2009年3月 4日 (水)

釜神さま

90kamagami
この間、知人のところで撮らせてもらった「釜神さま」です。
これは飾り物ですが、古い民家では高い梁(はり)に掲げて祭神としている
のを、まれに目にすることがあるということです。
知人のおばあちゃんの話によると、風の丘の周辺では、新しい住宅になる
前はどこでも見られたということでした。
昔、釜でご飯を炊いていたころ、「竈(かまど)」の上の方に、30~60cmは
ある「釜神さま」が祭られていて、火が暴れたりしないか見守り、火災から
守ってくれる「神さま」として、篤く信仰されてきたのだそうです。
煤(すす)で黒光りした本物に似せて、飾り物も黒く塗装されていますが
ちょっと怖い顔をしていますね…

« うれしそうにうなずいて | トップページ | 花嫁すがたのよう »

」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、驚きました。びっくりしました。たまげました。
怖い顔ですが、厄を追い払うと知ったら頼もしいです。
すぐれたデザインです。最近の作りでしょうか?
誇張した眉、眼、深い眉間の皺、広い鼻、幅ある前歯、
最大面積に開いた口、そして石炭色の顔!!

風恋さん、☆こんばんはぁ~(*^▽^*)☆

↑Yamamotoさん、こんばんは。
わ~、ほんと怖いですねぇ?そうそう、あの
般若のお面に似ていると思いません?角が
あれば、、、。子供なんかが見れば、怖いって
泣いちゃうということはないのですか?(・∀・)☆

-☆ 風恋さん ♪-
何んとも珍しい釜神様ですね。
火の神様って火伏せ、火防や秋葉神社など行って見たことありますが、火は人間だけが扱える大切なものなんですね。良くも悪くも使い様によって変わりますからね。釜神様が居る事によって秩序が守られているように思います。σ(^ー^*) 

こんばんは
札の守り神より、効き目がありそう・・これなら
火を扱うときに緊張します。誰かに見られてる
ような気になるでしょうね。今は芸術品扱いなの
かもしれませんが残していきたいですね。怖いから
残るかな? (^^;

ブログにアクセスした瞬間
おもわずのけぞりました(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
それにしてもなんという迫力....
終止圧倒されっぱなしでした( ̄○ ̄;)!

私も吃驚しました。
素敵な春の花を連想してクリックしたら
いきなり迫力のあるお顔で・・・
釜神さま、昔はどのご家庭でも
祀られていたのですね。
大きなお目で、しっかり睨まれて
火災になら無い様に
見張って居られたのでしょうね。
でもお子様が見られたら、怖がられるでしょうね。

風恋さん、
怖い顔した神様ですね。
これをかまどで見た時に、火の始末をきちんとしなさいよ。ということでしょう。
今までに見たことはないです。
今は火災報知器をつけるように言ってますね。

まァ~、びっくりしました!
今日はどんなお花が見せていただけるかなって
思って開いたら・・・・・・。
いつも優しい風恋様のブログ、
たまにはこういうのも、いいですね。
それにしても始めて知りました。
かまどの神様なのですね。
その土地土地に伝わる風習も、だんだんと薄れていってしまう寂しさがあるこの頃です。
大切にしたいですね。

釜神さま、実家でも飾ってありましたね、
建て替えの時まで見られましたよ、今は婦人部の方が小さくして飾りものとして作ってるみたいです。

☆ Yamamoto さん。こんばんは~♪
 黒く怖い顔をしていますが、これは最近作られた
 飾りものなんです…^_^;
 昔、民家ではカマドの上から、すごい形相で火を
 扱う人たちを見守っていたのでしょう…

☆ オレンジ(・∀・)♪ さん。こんばんは~♪
 そう言えば、あの怖い般若のお面に似ています。
 昔、新築したとき、棟梁さんが彫ったり、左官さん
 が作って寄贈したものなそうです。
 泣き止まぬ子に、釜神様を見せたりしたそうです。

☆ 異邦人 さん。こんばんは~♪
 火伏せの神社や、火伏せの民間行事など、いろ
 いろありますが、この釜神様はそれぞれの家で
 祀られていたようです。
 風の丘周辺は、年間を通して強風が吹きぬける
 感じなので、火伏せ信仰が盛んだったようです。

☆ 安曇野まさ さん。こんばんは~♪
 泣く子も黙る…、そんな怖い形相をしている釜神
 さまは、ほんとお札の守り神よりもご利益がある
 ように見えてしまいますね…(笑)
 趣味の教室などで、盛んに作られているようです。

☆ マッキー さん。こんばんは~♪
 アップで撮った、黒くて怖い顔の画像だったので
 ほんと驚いたことと思われます。
 もっとリアルで、迫力のあるものもあるようです。

☆ すみれ さん。こんばんは~♪
 花ブログなのに、とつぜん怖い形相の像をアップ
 して、驚かしてしまいましたね…
 昔はどこの家でも、この釜神さまが祀られていて
 火を扱う人たちを見守っていたのだそうです。
 泣く子に見せて、泣き止ませたこともあったそう
 です。

☆ チーコ さん。こんばんは~♪
 ほんと、真っ黒で怖い顔をした守り神さまです。
 たぶん、カマドの火の始末をきちんとするように
 という意味があったのでしょう…
 今は、火災報知機が守り神になりましたね(笑)

☆ にりんそう さん。こんばんは~♪
 花ブログなのに、とつぜん怖い形相の釜神様を
 アップしてしまい、驚かせてしまいましたね…
 昔はどこの家にも祀られていたそうですが、今は
 飾り物として飾られるだけで、いずれは忘れられ
 ていくのでしょうね~

☆ igagurikun さん。こんばんは~♪
 ご実家に、このような釜神様が祀ってあったん
 ですね…
 一度、ぜひ本物を飾っているところを見てみたい
 です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うれしそうにうなずいて | トップページ | 花嫁すがたのよう »