« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

輝くような笑顔

01tachitsubosumire_2
02kisumire_2
どこの里山や野辺でも、ふつうに見られるタチツボスミレです。
梅の花がほころび始めたころから、麗しい姿を見せています。
奥ゆかしい花姿には心が和みます。
下の写真は、風の丘より山奥に入ったところで出合ったキスミレです。
スミレというと紫色…と思っていましたが、黄色いスミレがあったとは驚きです。
2cmにも満たない花ですが、輝く笑顔からはとても大きな花のように思われました。

2009年4月29日 (水)

花にも見間違う彩り

97benikashiwa_1
98benikashiwa_2
庭先で、うす紅色をした葉が輝いています。
花にも見間違うようなすてきな彩りに、目が奪われそうです。
透明感のあるやわらかな色合いは、水彩えのぐで描かれた絵のようにも
思われました。
追々には、大きな緑のうちわのように変化していくベニカシワの新葉です。
間もなく赤い炎のような繊細な花をつけてくれることでしょう…

2009年4月28日 (火)

壷型のかわいい花

96doudan_1
真っ白いかわいい花が吊り下がるようにして咲いています。
風に揺れる壷型の花からは、澄んだきれいな音色が響いてくるようでした。
秋になると真っ赤に紅葉して、目を楽しませてくれるドウダンツツジの花です。
北国では、今盛りとばかりに咲き誇っています。

2009年4月27日 (月)

華やぎに包まれて

94hanazuou_1
95hanazuou_2
下では真っ赤なボケの花が咲いていますが、見上げたところではピンク色を
した小花が木全体を包みこむようにして咲き誇っています。
庭に華やかな雰囲気をかもし出しているハナズオウです。
小さい花ですが、一つ一つが蝶の舞うような花姿をしていて、心がウキウキ
してきます。
北国ではいろいろな花がいっせいに咲き出して、春のまっただ中という感じ
です。

2009年4月26日 (日)

思い浮かぶ白鳥の姿

92tokiwaikarisou_1 93tokiwaikarisou_2
清楚な花姿をしたトキワイカリソウが風に揺れています。
寒い冬でも、そのまま緑の葉を保つので、この名前がついたようです。
白い翼を広げたような姿には、今は北の地へ旅立ってしまった白鳥たち
のことを思い浮かべてしまいました。
今日買い物帰りに、風の丘近くの白鳥が飛来する川の脇を通ったら
みんなといっしょに帰れなかった白鳥たちの影がありました。
何かの理由で飛べない白鳥がいて、家族や仲間が残ってくれたので
しょう。
そう思ったら、急に熱いものが込みあげてきました…
早く元気になって、トキワイカリソウのように大きく羽ばたいて、故郷へ
飛び立って…、と願わずにはいられませんでした。

2009年4月25日 (土)

上品な色合い

90okinagusa_1
91okinagusa_2
この間、知人のとこを訪ねたら、玄関先にオキナグサが咲き誇っていました。
ブログ仲間の方ではすでに白いヒゲのような状態になっていましたが、ここでは
濃紫色の花が出迎えてくれました。
花色にも似合わず慎ましやかな花姿と、落ち着いた上品な色合いに魅せられて
なんどか育ててきましたが、ウチの庭が気に入らないのか、いつも長くは留まっ
てくれませんでした。
白いヒゲが飛び散る前に、また訪ねて種をいただきたいと思っています

2009年4月24日 (金)

甘く爽やかな香り

88momozono_1
89momozono_2
優しいうす紅色の花に魅せられて、7、8年前に連れ帰ったものです。
シンビジュームとシュンランの交配種のようで、今年も可憐な佇まいを
見せてくれています。
シュンランのような細い葉に囲まれ、5cmほどしかない花ですが一際
鮮やかに映ります。
顔を寄せると、甘くさわやかな香りがする桃園(ももぞの)という蘭です。
背景には、相変わらず緑色のジョウロを置いてみました…^_^;

2009年4月23日 (木)

お洒落な感じ

86baimo_1
87baimo_2
ベル型のかわいい花が、スッと伸びた茎先に咲いて、風に揺れています。
慎ましやかなうつむき加減の花を覗いてみたら、内側には濃い紫色をした
網目模様が施されていました。
お洒落な感じのすてきな模様で、夏がやってきたら、こんなブラウスを着て
買い物にでも行ってみたいと思いました…^_^;(ちょっと地味かナ…)
下向きに咲くバイモの花は、撮るのがたいへんむずかしかったです…(笑)

2009年4月22日 (水)

里山の春

84yamazakura
85kobushi
風恋がよく通る里山の縁で見かけた山桜です。
何の飾るところもなく、孤高を保っているような凛とした佇まいに惹かれて
カメラを向けました。
うっすらと色づいていてすてきだったのですが、色トビして白くなったのが
とても残念です…^_^;
下も白く写っていますが、これはもともと白く輝いていたコブシの花です。
杉木立に負けないほどに咲き誇る大木に驚き、シャッターを切りました。
風の丘に近い里山の春の風景です。

2009年4月21日 (火)

華やぐ庭先

82boke_1
83boke_2
北国の春は、いろいろな花がいっせいに花開きます。
今、ウチの庭ではユキヤナギやコブシなどが花盛りを迎えています。
クリッと真ん丸いつぼみがはじけて、黄色いシベが顔を覗かせているのは
ボケの花です。
初々しくかわいい姿には、つい顔がほころんできそうでした。
鮮やかな赤い花に、ようやく華やぎが感じられるようになった庭先です。
花壇では、かわいいワスレナグサなども微笑んでくれています。

2009年4月20日 (月)

いちだんと輝いて

80yamabuki_1
81yamabuki_2
里山の縁で、黄色い花をたくさんつけた枝が風に揺れるようになりました。
周りの緑の葉っぱに映えていちだんと輝いて見え、心もはずんできます。
このやまぶきの花を目にすると、里山にもさわやかな季節がやってきた
ように感じます。
菜の花はレモン色をしていますが、これは文字通りやまぶき色と言われて
いますね…
きれいな色ですが、あまりにも輝いていて、絵の中ではちょっと使いにくい
色です…^_^;

2009年4月19日 (日)

菜の花に桜

78sakura_3 79sakura_4
きのうアップした桜を後にして、さらに山手の方に向かって車を走らせると
河川敷に菜の花が咲き誇る光景が見えてきました。
そして黄色く輝く菜の花の向こうには、賑やかな装いに彩られた桜並木が
続いています。
車を止めて菜の花畑に駆け寄り、心地よい菜の花の香りに包まれながら
黄色とピンクが織り成す美しさに見とれてしまいました。
北国の山ふところでは、まだ桜が十分に楽しめます。

2009年4月18日 (土)

残雪に映えて

76sakura_1
77sakura_2
北国の桜前線は、急ぎ足で弘前まで進んだようです。
でも、風の丘の周辺でも、まだ目を楽しませてくれていて、あちこちの桜の
名所では行楽客で賑わっているようです。
ここは秋田へぬける小さな国道沿いのちょっとした桜の名所で、2kmほど
続く川岸の桜を楽しむことができます。
今盛りとばかりに咲き誇る姿は、残雪に輝く山並みに映えて、春の訪れを
謳歌しているようでした。

2009年4月17日 (金)

何の花…?

74aoki_1
75aoki_2
この十字形をした紫褐色の花は、いったい何の花でしょう…
大きさは10mmにも満たないかわいい花です。
この上品で落ち着いた色合いに魅せられています。
はい、これは数日前にアップした真っ赤な果実、アオキの花です。
アオキには雌株と雄株があり、この花は雄株に咲いた花で、残念ながら
果実は結ばないようです。

2009年4月16日 (木)

あふれる存在感

72zazensou_1
73zazensou_2
不思議な花姿に惹かれて、今年も座禅草に会いに行ってきました。
同じ仏炎苞を持った花ですが、水芭蕉は清楚な白い姿をしているのに対して
こちらは暗い赤褐色をしていてたいへん存在感にあふれています。
黒い頭巾をかぶった僧が座禅を組んでいるような姿から、座禅草と名前づけ
られたそうです。
チョコンと座ったところはかわいいのですが、顔を寄せるといやな臭いがして
思わず身を引いてしまいました。

2009年4月15日 (水)

謎の飛行体

70kibanaikarisou_1
71kibanaikarisou_2
うす黄緑色の優しい色合いをしたキバナイカリソウが咲き出しました。
4本の距を伸ばした姿が船の碇に似ているので、この名がついたそうです。
ちょっと変わった花で、風に揺れると空中を浮遊する謎の飛行体を思わせます。
下の写真は偶然にも奇怪な面のようでもあり、優しい色合いとは裏腹に、怖い
感じの花になってしまいました。
こんな妖怪が、次々と飛んできて肌に張り付いてくるのでは…と思うと、つい
身をそらしたくなりますね…

2009年4月14日 (火)

「刻’09-Ⅰ」

69sakuhin
こちらの地方紙が主催する美術の公募展に応募していましたが、このほど
入選の通知をいただきました。
F80号の大きさの作品を2点出品しましたが、入選したのはこちらでした。
前にスケッチしていた磨崖仏を油絵にしたもので、「刻’09-Ⅰ」と名づけた
作品です。
長い風雪に耐えてきた石仏へ、哀惜の念をこめて描いてみたつもりです。
作風を変えてモノトーン調にしましたが、もっと色味があった方がよかった
かナ…、と反省しています。

2009年4月13日 (月)

初々しい女の子

67iwauchiwa_1
68iwauchiwa_2
かわいらしい色合いに魅せられて、数年前に連れ帰ったイワカガミが咲いて
くれました。
うすピンク色に染まった花姿は、初々しい女の子のようにまぶしく映ります。
よく見かける花はクリッと丸い感じですが、この子は花びらが細長く、カワラ
ナデシコのような姿をしています。
花言葉は「涼しい風」なそうですが、深山の岩場などに生育していることから
考えられたのでしょうか…
 *花はイワウチワでしたが、まちがってイワカガミとしてしまいました…^_^;

2009年4月12日 (日)

雪の妖精

64mizubashou_1
65mizubashou_2
66mizubashou_3
青空の広がるよい天気に恵まれたので、風の丘からほど近い山間の湿原に
水芭蕉を見に行ってきました。
湿原の周りの林にはたくさんの雪があり、まだ芽吹きもしておらず、春は浅い
という感じでした。
木道をたどると、水芭蕉が雪解けの水の中から笑顔で出迎えてくれました。
凛として真っ白い佇まいを見せる花姿は、まるで雪の妖精たちのように思わ
れました。
さわやかなせせらぎの音に交じり、ウグイスの鳴き声が響き渡っていました。

2009年4月11日 (土)

花の陰で…

62aoki_1
63aoki_2
春を彩る花がいっせいに咲き出したので、そちらに目を奪われがちですが
それにも負けないほどのみごとな実があります。
最近になって、いちだんと鮮やかさを増してきたアオキの実です。
今年は、ヒヨドリなどの野鳥の被害も少なく、庭の片隅でひときわ目だって
見えます。
甘い果汁がいっぱい含まれているようで、一つつまんでみたくなりました。

2009年4月10日 (金)

まぶしいほどの輝き

60rengyou_1
61rengyou_2
桜に先駆けて、レンギョウの花が満開です。
彩りのなかった庭先に鮮やかな黄色の花が咲いて、急に明るくなったように
思われます。
まぶしいほどの輝きに、心もはずんできます。
伸びやかな花びらの中を覗くとオレンジ色の縞模様が見え、ちょっとお洒落を
しているようでした。
青空をバックにして、楽しそうにみんなでダンスをしているようにも見えました。

2009年4月 9日 (木)

一風変わった花

58enreisou_1
59enreisou_2
あっという間に芽が伸び、葉が開いたと思ったらかわいい花が咲いていました。
大きな3枚の葉の中に、花びらが3枚しかない一風変わった花、エンレイソウです。
上は赤褐色をした花で、ごくふつうに見られますが、下は地味な緑色をしていて
あまり見かけない花です。
漢字では延齢草と書き表わし、縁起のいい名前ですが、毒性があるということで
驚いてしまいます。
風の丘では、春を彩る山野草がいっせいに咲き出した感じです。

2009年4月 8日 (水)

静かな瞳

56kikuzakiichige_1_4
57kikuzakiichige_2
遠慮がちにうつむいていましたが、木立ちの間から陽がこぼれ始めたら
おもむろに花びらを広げ、優しく微笑み出しました。
奥ゆかしいうす紫色をしたキクザキイチゲの花です。
キンポウゲ科の仲間らしく可憐な表情には、心が虜になりそうです。
花言葉は「静かな瞳」なそうですが、この瞳で何を訴えようとしている
のでしょうか…

2009年4月 7日 (火)

楚々とした佇まい

54shunran_1
55shunran_2
大きな翼を広げたような花姿をしたシュンランが咲き出しました。
雑木林の斜面などでよく見かける、日本を代表する野生の蘭ですが、これは
数年前から鉢植えにしていたものです。
ふわっとした白い包葉に包まれた花茎を伸ばし、その先に楚々とした緑色の
花をつけました。
舌弁などにある赤紫色の斑点が、わずかに彩りを添えている感じです。
顔を寄せたら、甘くさわやかな香りがして、心が癒されるようでした。

2009年4月 6日 (月)

健気で飾らない花姿

51yukiwarisou_1
52yukiwarisou_2
53yukiwarisou_3
北側に面している洗面所の外で、清楚で慎ましやかな佇まいを見せる
野生の雪割草が咲いています。
この健気で飾らない花姿に、風恋はすっかり魅せられています。
この場所が気にいったのか、少しずつ株を増やしています。
雪割草は変異が多いと言われていますが、2番目の写真は同じ株から
増えた花で、うすピンクの花びらに白いシベをしています。
花びらも丸みを帯びていて、とても可憐な感じがします。
3番目の花も1番目の花から生まれたもので、花びらの脇がうすピンク
色に染まっていて、たいへん初々しい感じがします。

2009年4月 5日 (日)

紫のシベを抱いて

49shoujoubakama_1
50shoujoubakama_2
ロゼット状の葉っぱの中に、ピンク色のつぼみを覗かせていましたが、ようやく
微笑み始めたショウジョウバカマという花です。
聞きなれない名前ですが、紅葉した葉を中国の想像上の動物「猩々」の顔の
色に例えて名づけられたようです。
ピンクの花びらが紫色のシベを抱いて、房のような花模様を描いていました。
これは咲いたばかりで慎ましやかに映りますが、しばらくすると四方に線香
花火を散らしたように華やかな姿になります。
野草とは思えないほどの美しさに、すっかり魅せられています。

2009年4月 4日 (土)

心地よい風が…

47scilla_1
48scilla_2
空の色を映したような青い花が咲きました。
この爽やかな色を目にしたら、心地よい風が通りぬけていくような感じが
しました。
草丈が10cmほど、花の大きさも2cmにも満たないシラー・シビリカという
花です。
とてもかわいらしい花に、すっかり魅せられています。
つぼみのうちに野鳥についばまれて、3つしか咲いてくれませんでした。

2009年4月 3日 (金)

お行儀よく並んで

45hiiraginanten_1
46hiiraginanten_2
玄関先で、寒さに耐えてきたつぼみがようやくほころび始めました。
ひと際鮮やかな色合いのヒイラギナンテンの花です。
お行儀よく並んで微笑む姿は、とてもかわいらしいです。
ヒイラギのような葉っぱは、触れるとチクチクと噛みつかれます。
初夏のころになると、ぶどうのような紫色の実が生るのが楽しみです。

2009年4月 2日 (木)

ウグイスが鳴くころ

43uguisukagura_1
44uguisukagura_2
マラカスの形をしたつぼみがほころび、うすピンク色の花が咲き始めました。
いくらか厚めの花びらはヒトデのようにも見えますが、2cmほどの大きさで
とてもかわいらしいです。
初夏のころには、透明な赤い果実を結ぶウグイスカグラという花です。
風の丘では、まだ聞いてはいませんが、ウグイスがさえずり始めるころに
咲き出すので、この名がついたそうです。
週末には、ウグイスの鳴き声を聞きに出かけてみようと思っています。

2009年4月 1日 (水)

ピリッと辛く…

41wasabi_1
42wasabi_2
さて、この白い清楚な花は何でしよう…
 ヒント1 清流を好んで生育します。
 ヒント2 根をすり落としたものは、お刺身に添えられます。
 ヒント3 ピリッと辛く、ツンと鼻にきます…^_^;

はい、これはワサビの花でした。
白い花びらに茶色のシベがとても印象的ですね…
見たからに、身が引き締まるような雰囲気が漂っています。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »