« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

白い星型の花が…

24okatoranoo_1
25okatoranoo_2
白い星型の花をたくさんつけ、伸びやかなカーブを描いた花穂が目につくように
なりました。
その姿は虎の尾のようでもあり、丘に生えることから、オカトラノオという名前に
なったようです。
でも、このかわいらしい花にトラノオ…とは、ちょっとかわいそうな気もしました。
風恋的には、まるで夜空に横たわる天の川のように見えるので、ギンガソウ…
とでも呼んであげたいくらいです。

2009年6月29日 (月)

ゆらゆら揺れて

22kitsurifune_1
23kitsurifune_2
庭木の陰で、長い柄に吊り下がった黄色い花が風に揺れるようになりました。
赤紫色のツリフネソウに先がけて咲き出した、色鮮やかなキツリフネの花です。
暑さに眠気をさしたのか、口を開けて大きなあくびをしているようにも見えます。
口の中を覗くと、赤い斑点が散らばり、わずかに彩りを添えているようでした。
果実に触れたら、一瞬にしてホウセンカのようにはじけてしまいました。
はじける様子からイメージしたのでしょうか、花言葉は「じれったい…」なそうで
グズグスしているのがきらいなお花のようです…^_^;

2009年6月28日 (日)

情熱的な花姿

21sukashiyuri_1
高原へのスケッチ旅行でしたが、2日間とも猛暑に見舞われ、木陰を探し
ながらの活動となりました。
気心の合ったお絵かき仲間ということで、夜の部の方がとても盛り上がり
ました。
スケッチが仕上がりましたら、アップしたいと思っています。
可憐なロリポップに続いて、情熱的な色合いをしたスカシユリが咲き出し
ました。
暑い中、燃える炎のような花姿に、いっそう暑苦しさを感じてしまいます。

2009年6月27日 (土)

お留守番

19koomote_1
20manbi_1
お絵かき仲間とスケッチ旅行をしていて、今晩は温泉宿にお泊りです。
昨年は海に行きましたが、今年は山を描くことにしました。
…ということで、お留守番を置きましたので、よろしくお願いします。
お留守番は、能面展示館で出合った「小面」と「万媚」です。
小面は若く美しい女性を、万媚は美しく妖艶な女性を演ずるときに用いる
ものなそうです。

2009年6月26日 (金)

楚々とした佇まい

17hotarubukuro_1
18hotarubukuro_2
陽射しを避けるようにして、野性のホタルブクロがひっそりと咲いています。
しばらく前に友だちのところから引っ越してきたもので、今では庭のあちこちに
根をおろして増え続けています。
白い慎ましやかな花姿は、楚々とした野生の魅力を漂わせています。
これのすぐ隣では、変種と思われる八重のホタルブクロが揺れていました。
写真では分かりにくいですが、二重になった花筒の内側が少し覗いています。
ちょっと色づいたところは、はにかむ少女のようで、いっそうこの花をすてきに
しているようでした。

2009年6月25日 (木)

華麗で優美な花姿

15kinhimo_1
16kujakusaboten_1
梅雨はどこへ行ったのか、こちらでは28度を越す暑い日となりました。
そんな暑さなど、まったく気にならない表情をした花が次々と咲いています。
上は「キンヒモ」という名のサボテンですが、この真っ赤な花色にはすっかり
魅せられてしまいました。
目にする度に、胸が高鳴る思いがします。
下は「孔雀サボテン」の花で、華麗で優美な花姿にはただ見惚れてしまう
ばかりです。
花芯から伸びる繊細なシベは、この花をいっそう美しく演出しているように
思われました。

2009年6月24日 (水)

優雅な和の風情

13hanashoubu_1
14hanashoubu_2
梅雨が一休みして、青空が広がったので、花菖蒲祭りが催されている公園を
訪ねてみました。
色とりどりの花が咲き誇り、たいへん見ごたえがありましたが、雨上がりという
こともあり、意地悪な風も吹いていて、なかなかいい表情の花に出合うことは
できませんでした…^_^;
上は肥後系の「華陽の舞」という花菖蒲で、花びらにある網目模様に豪華さを
感じました。
下は「朝戸開」という江戸系の菖蒲で、さわやかな青い花びらに白い線が走り
とても粋な感じがしました。
撮影日和とは言えませんでしたが、しばらくぶりに優雅な和の風情を楽しむ
ことができました。

2009年6月23日 (火)

恥らう女の子のよう

11sukashiyuri_1
12sukashiyuri_2
花びらの先が赤紫色に染まったスカシユリが咲きだしました。
可憐な花姿は、頬を赤くして恥じらう女の子のようです。
夜来の雨は上がったのですが、水滴を宿していてかわいそうに見えました。
いじわるな梅雨などに負けないで、元気に咲き続けてほしいと思います。
品種名が分からないのが残念です。

2009年6月22日 (月)

そよそよと揺れて

09hirugao_1
10hirugao_2
草むらの中に、淡いピンクの花が咲き乱れていました。
風にそよそよと揺れて、いかにも儚げに映ります。
顔を寄せてみたら、ピンク色に染まった線と伸びやかな傘のような折り目が
空を仰いでいるようでした。
そっと両手で抱いてあげたいような気持ちにさせてくれるヒルガオの花です。

2009年6月21日 (日)

目に沁みるよう

07matsumotosennou_1
08matsumotosennou_2
周りの緑に映えて、色鮮やかなマツモトセンノウが咲きだしました。
この目にも沁みるような朱色には、心がときめいてきそうです。
ナデシコの仲間なそうですが、これほど目立つ色合いのナデシコは、他にはない
ような気がします。
暑さには強そうな花色をしていますが、見かけによらずきらいなようなので半日陰
に引っ越してやろうと思っています。
これからの強い陽射しに負けないで、たくさんの花をつけてほしいと願っています。

2009年6月20日 (土)

憂いを秘めて…

05hotarubukuro_1
06hotarubukuro_2
梅雨空の下、庭の片隅でひっそりとホタルブクロが咲きだしました。
慎ましやかに楚々と咲く姿には、憂いを秘めているようにも見えます。
何を心を痛めて、そんなにうつむいているのでしょうか…
赤紫色の花は園芸種だったと思われますが、淡いピンク色の方は白い野生種
との間に生まれたものでしょうか…
濃い色のホタルブクロは目につきますが、風恋は薄い色合いの花の方になぜか
心が惹かれてしまうのです。

2009年6月19日 (金)

いっそうまぶしく…

03kinshibai_1
04kinshibai_2
朝に起きてみると、また一輪輝くような花が仲間に加わっていました。
緑の葉っぱに映えて、いっそうまぶしく見えるキンシバイの花です。
その明るい笑顔は、梅雨空の鬱陶しさを晴らしてくれるような感じがしました。
花を覗いてみると、ひと際鮮やかなシベが輪をつくり、光を放っているようで
心も軽くはずんできました。
明日はもっと咲いて、雨を晴らしてほしいナ…

2009年6月18日 (木)

すべてがリセットされるよう

01azisai_1
02azisai_2
今日の風の丘は霧雨が降り続き、木々もしっとりとした佇まいを見せています。
この間まで華やかな光景を繰り広げていた芍薬園の花も過ぎ去り、その隣では
さわやかな色合いの紫陽花が咲き始めています。
上の紫陽花はコバルト味を帯びたブルーで、やや落ち着いた雰囲気があります
が、下は透明感のあるコンポーズ系の色合いで、さわやかな風を感じさせてくれ
ます。
このような紫陽花が咲き誇る脇を通ると、心も身体もブルーに染まってしまい
すべてがリセットされるような気がします。

2009年6月17日 (水)

優雅で上品な佇まい

97rose_1
98rose_2
この間は日本の薔薇をアップしましたが、薔薇園を訪ねていちばん魅了させ
られたのは、やはり2000年にフランスで作出された、この薔薇です。
人気品種のジュビレ・デュ・フランス・ドゥ・モナコという薔薇です。
故グレース王妃の夫君モナコ公国大公の即位50周年記念に捧げられました
薔薇だということです。
花びらの先の方へ向かって赤い色がしだいに濃くなっていくところが、何とも
きれいで、その優雅で上品な佇まいにはただうっとりと見入ってしまうばかり
でした。 (花の一部を修正しています)

2009年6月16日 (火)

優しい女の子の微笑み

95amacha_1
96amacha_2
ピンク色の優しい色合いの花が咲いています。
咲き初めは白かったのですが、中心に向かってしだいにピンク色に染まってきました。
女の子が静かに微笑んでいるようなかわいらしい花姿に、心がとても和んでくるよう
です。
ヤマアジサイの仲間なそうで、アマチャという花です。
4月の花祭りでお釈迦さまに差しあげるお茶は、このアマチャでつくられたものなそう
です。

2009年6月15日 (月)

ちょっと異様…

93hototogisu_1
94hototogisu_2
庭のマンサクの木の下で、ひっそりと黄色い花が咲き始めました。
花びらには赤褐色の斑点が、いちめんに敷きつめられています。
太い花柱は上の方で三つに裂け、さらにその先端で二つに分かれて
キラキラと輝くビーズのようなものがびっしりとついていました。
その間からは六本のリボンのようなオシベが覗き、平たい葯を揺らして
いるように見えました。
このシベにピントを合わせたかったのですが、うまく撮れませんでした…^_^;
ちょっと異様な雰囲気が漂うタマガワホトトギスの花です。

2009年6月14日 (日)

可憐で清々しい

91dokudami_1
92dokudami_2
この葉っぱに触れたなら、顔を遠ざけたくなるような臭いが一瞬に広がります。
そのためか、あまり好まれない植物ですが、花はたいへん可憐で清々しく、心を
惹きつけるものがあります。
庭のあちこちで咲いているドクダミの花ですが、かわいそうな名前をいただいたと
同情したくなります。
下の花は、ウチに着てから3年を迎えた八重のドクダミです。
今朝咲きだしたばかりで八重の豪華さはイマイチですが、一重とはちがった趣に
見とれてしまいそうです。

2009年6月13日 (土)

池の中では

89suiren_1
90suiren_2
杜若に出合った植物園の池の中では、睡蓮の花が咲き誇っていました。
緑の葉っぱの間から覗いたピンク色の花は、ひと際鮮やかに見えました。
花びらをたくさん広げた姿には、青空の下に咲いたよろこびを表わしている
いるように思われました。
この睡蓮が咲いている光景を目にすると、印象派の画家・モネーの作品が
思い浮かんできます。

2009年6月12日 (金)

いずれ菖蒲か杜若

87kakitsubata_1
88hanashoubu_1
同じアヤメ科の花で、似たような花姿をしていて、どちらが菖蒲(アヤメ)で
杜若(カキツバタ)かは分かりにくいですよね…
ブログ仲間の凪々さんに、そのちがいをおしえていただいてから、まだ
出合ったことがなかった杜若に、ぜひ巡り合いたいと思っていました。
花びらのもとに白い線があるのが杜若で、黄色いのが花菖蒲なそうです。
この間、植物園へ立ち寄ったとき、偶然にもその願いが叶い、うれしさに
シャッターを押す手が震えました…^_^;
上がその杜若で、思っていたよりは慎ましやかな姿に親近感を覚えました。
下は咲き出したばかりの花菖蒲で、杜若に比べると優雅な佇まいをして
いるように思われました。

2009年6月11日 (木)

日本生まれ

85kibou_1
86utage_1
薔薇が見ごろを迎えたというので、友だちと連れ立って薔薇園を訪ねて
みました。
色とりどりの薔薇が咲き誇り、周辺には甘い香りが漂っていて、うっとり
させられました。
雨上がりということで、傷んでいる花が多かったのですが、その中から
いくらか状態の良いものをアップさせることにしました。
薔薇というとフランスやドイツ生まれのものを思い浮かべますが、日本で
誕生した薔薇にもすてきなものがありました。
上は、「希望」という名の薔薇で、花芯に向かって黄色に染まっていて
名前のような明るい光を感じました。
下は、「宴」という薔薇ですが、まだ開き始めたばかりで、これから繰り
広げられる華やかな宴を予感させるだけなのが残念です。

2009年6月10日 (水)

星屑の彩り

83shichidanka_1
84shichidanka_2
今日の風の丘は霧雨が降るはっきりしない天気になり、いよいよこちらにも
梅雨の季節がやって来たのでしょうか…
そんな中、庭先では青紫色のシチダンカが咲き始め、夜空から星屑が降り
注いだのではないかと思われるような輝きを見せています。
庭木の下のうす暗がりに、さわやかな光を添えているようです。
下の花は同じ株から挿し木をしたもので、育てている土のちがいでしょうか、
まるで別の花のように、ピンク色をつけました。
優しくかわいい花姿に心が惹きつけられています。

2009年6月 9日 (火)

透明感があって瑞々しい

81uguisukagura_1
82uguisukagura_2
梅雨を目の前にして、ウグイスカグラの実が真っ赤に熟れてきました。
透明感がある瑞々しい果実は、見るからにおいしそうに映ります。
一個つまんで口に含むと、甘くジューシイな果汁が満ちあふれました。
子どものころ、友だちと裏山に行って、このウグイスカグラの実を食べて
遊んだことを思い出しました。
今では、だれも摘むひともなく、小鳥のごちそうになってしまったようです。

2009年6月 8日 (月)

情熱的な花模様

80sarasadoudan_1
絵の具で染めあげたような赤い小花が、こぼれるばかりに咲いていました。
知人のとこの庭先で出合ったサラサドウダンの花です。
釣鐘型の花からは、咲いた喜びの声が響き渡っているようでした。
この情熱的な花模様に、胸がドキドキと弾んでくるような感じがしました。

2009年6月 7日 (日)

あまりにも清楚で可憐

78miyamakatabami_1
79miyamakatabami_2
芍薬の丘の帰りに、よく立ち寄る「道の駅」を覗いてみました。
お土産コーナーを回った後、出入り口付近に並んでいる園芸品を見ていたら
真っ白い小さな花が目に止りました。
ウメバチソウかと思いましたが、葉の形がトライアングラリスというオキザリス
にそっくりでした。
顔を寄せて名札を見たら、ミヤマカタバミということでした。
あまりにも清楚で可憐な花姿に魅せられ、連れて帰ってしまいました。
深山の湿ったところに自生している山野草のようです。

2009年6月 6日 (土)

花粉に夢中

76shakuyaku_1
77koaohanamuguri_1
優しい色合いと甘い香りに誘われてカメラを向けようとしたら、すでに先客が
訪れていました。
この間の芍薬の丘で出合った一つのシーンです。
ただ黒い昆虫…と思ったのに、顔を寄せてみたら輝くような緑色をした翅を
背負っていました。
きれいな体色に見とれてしまいましたが、それにも増して驚いたのは足の
先から背中まですっかり花粉にまみれていたということです。
カメラを向けられていることにも気づかず、花粉を食べることに夢中になって
いたコアオハナムグリです。

2009年6月 5日 (金)

哀しいシーン

74swan_1
75swan_2
風の丘のふもとを流れる川に、冬の北国からの使者・白鳥が飛来しますが
今、そこの中洲にコサギがたくさん集まって子育てをしているようです。
そのシラサギの優雅な姿に魅せられ、カメラを携えて行ってきました。
残念ながら、すべて逃げられてしまい、一枚も撮ることは出来ませんでした。
その帰り道、カメラを向けるのもはばかるほど哀しいシーンに出合ってしまい
ました。
川岸が緑の草むらに変わったというのに、北のふるさとへ帰れなかった白鳥
たちの姿がありました。
美しいふるさとの夢を見ながら、別れ別れになった家族を想い、涙を流して
いるようにも映り、胸がしめつけられるような感じがしました。

2009年6月 4日 (木)

和紙で出来たよう

72hiruzakitsukimisou_1
73hiruzakitsukimisou_2
淡いピンク色に染まった可憐な花が咲き出しました。
ほのかに光りを透かして、薄い和紙で出来た花のようにきれいです。
はにかみ屋の女の子を思わせるようなヒルザキツキミソウです。
見た目には儚いイメージがありますが、強い陽射しにも負けず咲き続ける
とても強い花です。
数年前、友だちから株分けしていただいたものですが、花壇いっぱいに
咲いてくれる日を夢見ています。

2009年6月 3日 (水)

癒してくれそう

70kinpouge_1
71kinpouge_2
花壇の片隅で、豆のように丸いかわいらしい花が咲いています。
小さいながら、黄色に輝く花はけっこう目を引きます。
近づいてみると、艶のある花びらが幾重にも重なり、みごとな花姿を表わして
いました。
野辺などでよく見かけるウマノアシガタという一重の花が、園芸種として改良
されたもののようで、キンポウゲと呼ばれている花です。
ブルーな気持ちを優しく包んでくれそうで、とても頼もしく思われました。

2009年6月 2日 (火)

お邪魔虫が…

68murasakitsuyukusa_1
69murasakitsuyukusa_2
仕事に出かける前に花壇を覗いたら、ムラサキツユクサが咲きだしていました。
色合いがとても新鮮に映ったので、急いでカメラを取り出してシャッターを押し
ました。
黄色いシベにピントを合わせようと思って、そのことだけに夢中になっていました
が、2、3枚撮ったころ先客がやってきているのに気づきました。
1cmほどの大きさのヒラタアブくんです。
撮り続けていたら、突然向き合っていた花の方に回ってきて邪魔を始めました。
ヤキモチを焼かれるようなことは、何もしていませんでしたのに…^_^;

2009年6月 1日 (月)

麗しい花姿

65shakuyakuno_oka_1
66shakuyaku_1
67shakuyaku_2
風の丘から程近いところに、「芍薬の丘」と呼ばれる公園があります。
今年も一万本の芍薬が見ごろを迎え、「芍薬まつり」が開かれていると
いうので、友だちと連れ立って出かけてきました。
色とりどりの優雅で華麗な花が咲き乱れ、何とも言えないいい香りが
漂っていました。
ほとんどの花は花びらが二段になったものでしたが、それらに交じって
風恋の目を釘付けにして離さないすばらしい花がありました。
3枚目の、シベがすべて花びらに変化した丁字咲きの芍薬です。
麗しい花姿には、しばしシャッターを押すのを忘れてしまいそうでした

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »