« 2009年7月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

春を謳歌して…

681_1
681_1_2
マンサクに続いて、サンシユやミツマタが庭先を明るく彩り始めました。
黄色い小花が寄り集まって、早春の陽射しを楽しんでいるようです。
上はサンシユはまだつぼんだままですが、線香花火のような繊細な
シベが顔を出すのは間もなくでしょうか…
下はミツマタですが、青空によく似合うように思われます。
一つ一つの花は口をそろえて、軽やかに歌声を響かせているようです。
長かった冬から解放されて、春を謳歌している姿を見ると心もはずんで
きます。

2010年3月25日 (木)

キラキラ輝いて

66yukiwarisou1_1
67yukiwarisou1_1
可憐な雪割草の中を覗くと、花火を散らしたようなシベが
目に入ってきます。
雪割草をぃっそう魅力的に彩るのが、このシベたちです。
さらに目を凝らすと、真ん中には宝石を散りばめたように
キラキラと輝いているものが心をとらえます。
もし名前のように雪の中で咲いたなら、どんなにかすてき
でしょう…

2010年3月22日 (月)

とても愛しくて

64yukiwarisou1
65yukiwarisou1
暖かい地方からは花便りが届くようになりましたが、厳しい寒さが続いた
北国では固いコートに包まれたままです。
立春を過ぎたころには微笑んでくれるはずの雪割り草も、渡ってくる風の
様子を伺うようにして、ようやくほころび始めました。
上の雪割り草は花芯がピンク色に染まり、可憐な女の子のような表情を
しています。
下の花は、丸みを帯びた白い花びらが清楚で優しい女の子を連想させて
くれます。
知人のところから越してきて3年あまり、遅ればせながらも咲いてくれた
雪割り草が、とても愛しく思われる今日この頃です。

2010年3月17日 (水)

お別れ記念に

62versicolor1
63versicolor1
立春のころより、抱きしめたくなるような可憐な花を咲かせてきた
パーシーカラーが最後の一輪となってしまいました。
お日様と大の仲良しで、陽が当ると閉じていたパラソルを一斉に
開いて微笑みだします。
そんな姿に、何度か心を和ませてもらったことでしょう…
またお目にかかるまで、しばらくサヨナラをしなりればなりません。
ちょっと寂しいですが、お別れの記念に写真を撮ってあげることに
しました。

2010年3月14日 (日)

心もはずんで…

60roubai1_1
60roubai2_1
緑の小枝につかまって、みんな微笑んでいます。
このかわいらしい笑顔に接すると、「コンニチワ…!」とあいさつをしたくなります。
立春を過ぎた頃から、ベランダの陽だまりの中で咲き続けてきたオウバイの花です。
通りぬける風はまだ冷たいですが、この周りだけは春真っ盛りという感じがして、
心もはずんできます。

2010年3月 9日 (火)

甘く優しい香り

58hyacinthus1
58hyacinthus2
こちら北国にも春の兆しが見えて来ましたが、まだまだ浅く、本格的な訪れが
とても待ち遠しい今日この頃です。
一日でも早く春の香りに触れたくて、ヒアシンスなどの水栽培をしてきました。
それがちょうど微笑み出して、玄関先で甘く上品な香りを振りまくようになり
ました。
仕事先から帰ったときなどに、その優しい春の香りに出迎えられ、心底から
癒されるような気分になります。

2010年3月 1日 (月)

春の予感が…

57snowdrop_1
真っ白い可憐な花が、優しい陽射しの中でひっそりと
咲いています。スノードロップです。
春の淡雪のように儚げな花姿には、大変愛しさが感じ
られます。
暖かい春が来るのを、指折り待つ日々です。
BGMを張り付けるために、この画像を使いました。
「春の予感」は、「BGMの小箱」さんからお借りしました。
「haruyokan.mid」をダウンロード

« 2009年7月 | トップページ | 2010年4月 »