« はにかむ少女のよう… | トップページ | 乙女の面影 »

2010年6月14日 (月)

小さな恋人たち

02niwazekishou1
03niwazekishou1
04niwazekishou1
だれも振り向いてはくれず、あるときは大きな足で踏みつけられて
しまいます。
夕方にはしおれてしまいますが、明るい陽射しの下で精いっぱい
咲けたので、何の悔いもありません…

そんなつぶやきが聞こえてきそうなニワゼキショウの花たちです。
大きさが2cmにも満たない小さな恋人たちで、今、庭の周りでは
ピンク、紫、青の三色が微笑んでいるところです。
大きい花もいいですが、小さい花によりいっそう心が惹きつけられる
風恋です。

« はにかむ少女のよう… | トップページ | 乙女の面影 »

」カテゴリの記事

コメント

風恋さん☆こんばんわ~☆

こちらは、ニワゼキショウの花期も
終わりになりました。
大きい30cmくらいのニワゼキショウ
はえてないですか?でも、青花は
こちらでは見かけないですよ。
白花って少ないのでしょうか?
こちら、青のかわりに白花がたくさん
生えていますよ。
同じ雑草でも、このように可愛い
雑草でしたら大歓迎ですよね~♪winenight

ribbon
ぐっぱー ぐっぱー
夜になれば
ぐー
昼になれば
ぱー
そよ風に
さそわれて
花開く、、、
私の恋人は
陽だまりの
そよ風、、、
今日も
ぐっぱー
明日も
ぐっぱー
夜は蕾んで
線香花火の火玉みたい
良く見ていると
夜に
誰も居ないと
チチパパ チッチッパッパッ
花火ってる、、、
陽だまりに
そよ風がゆれると
幼子たちの
手ひらの様に
花ひらく
今日も
ぐっぱー
明日も
ぐっぱー
ニワゼキショウは
幼子みたいに
可愛いね
ぐっぱー ぐっぱー

From:夢 (別名:どんぐり)

【追記】我家にも沢山のニワゼキショウが咲いてくれている。陽があたると花開き、夕刻には蕾むニワゼキショウ。花ひらいたり蕾ったり、もう半月は繰り返してます、私も好きな野の花です。

全部同じ花なのですか?
花の色だけでなく花びらの
形も少しづつ違っています
ね。
小さくとも立派に自分を
表現してますね(*゚▽゚)ノ

ニワゼキショウ種類が3色も。。ウチにはピンクだけです、
他の色はあまり見かけないです、見てみたいですね。

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 こちらでもニワゼキショウの花はお終いになりそうです。
 白い花に出合いたくて探したのですが、ついにお目に
 かかることはできませんでした…(>_<)
 青い花は園芸種だったものが、逃げ出してきたのかも
 しれませんね…

☆ どんぐり(夢) さんへ♪
 ニワゼキショウの花開く様子を、幼子の手に見立てて
 ぐっぱー、ぐっぱーと表現され、いっそうかわいらしく
 そして優しく描いてくださいましたね…♪
 >私の恋人は 陽だまりの そよ風…
 なんてさわやかですてきな詩文でしょう…
 いつも感激で、目がしらが熱くなります。
 ありがとうございましたm(__)m

☆ macky16 さんへ♪
 花の形も色もちがってはいますが、ニワゼキショウの
 仲間たちのようです。
 足もとで咲く小さな花ですが、とても心が惹かれる花
 なんです(*^_^*)

風恋さん、今晩は。
ニワゼキショウのお花とても可愛いですね。
青 紫 ピンクと三色咲優しく微笑んでいますねhappy01

shine優しく見ているわshine
あなたたちが 可愛く咲いて
微笑んでいるいるのを
明るい 陽射しを浴びて
いてねmaple
誰も振り向いてくれないの
そんなことないわ
わたしは 見ているわよ
踏みつけるなんて
あなたたちの 優しい微笑みが
わからい人よね
踏まれないように
見られるときはみていてあげる
夕方は しがんに休んで
また 朝陽が昇ったら
咲いて 微笑んでね

風恋さんのお花は可愛いお花や優しいお花
そしてこの記事の文章に感動しくした
ありがとうございましたheart04

何時も拙いポエムを載せてゴメンナサイsweat01

☆ igagurikun さんへ♪
 ピンクのニワゼキショウは、公園の芝の中や道ばた
 などでよく目にしますよね…
 青い花は園芸種のようですが、逃げ出してきたので
 しょう…
 紫の花は、たぶんピンクと青の交雑種なのかも知れ
 ません。

☆ mikko さんへ♪
 見逃してしまいそうな小さいニワゼキショウへ
 優しい言葉で話しかけてくれたmikkoさんの
 心づかいが、とてもうれしく思います…☆
 感激のあまり、胸がいっぱいになりました…
 すてきな詩を、いつもありがとうございます。
 青空に向かって微笑む姿には、いつも元気を
 もらえますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はにかむ少女のよう… | トップページ | 乙女の面影 »