« 暑さをも気にせず | トップページ | 頬ずりしたくなる… »

2010年7月28日 (水)

ほのかに甘い香りが…

24oiransou1
25oiransou1
庭先で、ヒメヒオウギズイセンと競演している花があります。
枝先にかわいい小花をたくさんつけて、夏の強い陽射しにも負けず元気に
咲き誇っているオイランソウです。
花の香りが花魁(おいらん)が使う白粉(おしろい)に似ているので、この
ように名づけられたそうです。
顔を寄せてみたら、ほのかに甘い香りが漂い、思わず深呼吸をしてしまい
ました…(*^_^*)
優しい色合いですが、花姿は陽気な女の子たちがおしゃべりを楽しんで
いるようにも見えます。

« 暑さをも気にせず | トップページ | 頬ずりしたくなる… »

」カテゴリの記事

コメント

暑い中元気にオイランソウの花が鮮やかですね、
まだ匂いは嗅いだ事がないですが、花魁の白粉に似てるのでしょうか・・今度嗅いでみます。

~☆ 風恋さんへ ☆~
少し紫陽花のような綺麗な花ですね。
オイランソウ初めて見ました。
以前オシロイバナは購入したことがありましたが、ホントに白粉のような香りでした。その香りは忘れない花の匂いです。この花もそんな香りなんですね。(*⌒∇⌒*)

☆ igagurikun さんへ♪
 このピンク色のオイランソウも、遠くから目立つ
 花ですよね…
 強い陽射しの下、ほんと元気に咲き誇ってします。
 ほのかな甘い香りは、白粉の匂いなのでしょう…

☆ 異邦人 さんへ♪
 小花がたくさん集まって咲く姿は、ほんと紫陽花を
 思わせますね…
 このオイランソウの匂いはあのオシロイバナの香り
 と似ているように思います。
 一度嗅ぐと忘れられないですよね…(*^_^*)


風恋さん、こんばんは(*´∀`*)

本当に、東北とは思えない暑さが続いてますよねsweat01
花達も、さすがのヒマワリも鉢植えのはぐったりしていますsweat02

オイランソウって初めて聞きましたが、すっごく爽やかですね~。
写真の腕も良いんだものshine

花びらの重なり方も可愛いですね(*≧∀≦*)
それに甘い香りがするなんて、花魁のように艶っぽい?(*´∀`*)

☆ 美緒 さんへ♪
 太陽のようなヒマワリも、この暑さには叶いませんね…
 毎日の水やりがたいへんですよね…^_^;
 写真はシャッターを押しただけなんですが、この花は
 陽気でさわやかな感じに写ってくれました。
 花魁の白粉は嗅いだことはありませんが、この花の
 ように甘い香りがするのでしょうね~(^o^)/

風恋さん☆こんばんわ~(・∀・)/☆

毎日暑いですねぇ?でも、今日は雨の
過ごしやすい一日になりましたよ。
久しぶりに今夜はグッスリ眠れそうで~す。
おいらんそう、可憐なお花ですねぇ?
暑さも忘れてしまうほど心和みますよ。
このオイランソウってシロバナもありませんか?
昨年出合いましたシロバナによく似て
います。お花の、色も違えば思いも違って
見えちゃうものですねぇ☆winenight

オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
風の丘でも午後から待望の雨が降り、過ごしやすい
一日になりました…(^o^)/
庭の花たちもうれしそうに見えました…
このオイランソウ…、色合いも花姿も大変かわいい
ので、大好きな花です。
白花もあると聞いていますが、まだお目にかかった
ことがないんです…(>_<)
それこそ清楚で可憐に映るでしょうね~

風恋さん、こんにちは。
今日で7月も終りですが
でも、一昨日昨日は少し雨も降り涼しく過ごせましたねconfident
でもまだ猛暑に逆戻りsun
風恋さんのページを開いたら優しいお花に出会えて
嬉しくなりましたhappy01
(おいらん)が使うおしろいに似ているので
オイランソウですか素敵ですねheart02
優しい色合いでいい花姿ですmaple
いつも優しいお花を有難うございますlovely

こんばんは。
競演しているのですか、可愛い花ですね。
毎日暑いですが、いかがお過ごしですか。

☆ mikko さんへ♪
 いよいよ8月を迎え、夏本番がやってきましたね…
 こちらの東北では、あちこちで夏祭りが繰り広げられます。
 このオイランソウ、優しい色合いに、白粉の匂いが加わり
 いっそう心を惹きつけます。
 今、花壇では暑さにも負けずに咲き誇っています。

☆ さちこ さんへ♪
 オレンジ色のヒメヒオウギズイセンと、このオイランソウが
 競演していますが、間もなく初秋を彩る花と交代すること
 でしょう…
 暑い最中にも、自然は次の季節の準備を始めているので
 すね。
 しおれぎみですが、熱中症にもならず過ごしています^_^;

ribbon
「花魁(オイラン)」。
背の高い
ポックリを履いて
金襴緞子(キンラン ド ンス)の
衣装と
前結びの
帯締めて
日本髪の御髪(オグ シ)に
鼈甲(ベッコウ)や珊瑚の
カンザシが
華やかさを
醸(カモ)し、
付き人が大きな
日傘を かざし
足を左右に振りながら
練り歩く様は
「花魁」独特の
歩く作法、
過ぎた後には
素敵な化粧香が
漂う、
その世界の
最高位、
「花魁」なのです。
この花に
同じ思いを重ねた
風流な名付け親
さぞ
粋なお方であったでしょう、
幸せなお花「花魁草」。


〔注〕ご存知のように・・・、
・ポックリ:15~20cmはあろう厚みの木をくり抜いて鼻緒をつけた履物
・金襴緞子:金糸銀糸を織り込んだ豪華な反物(布地)
・前結び帯:着物の帯を背中でなく、前で結ぶ
・鼈甲(ベッコウ):海亀の甲羅で作る高価なもの

どんぐり さんへ♪
 「花魁」の華やかさと高貴な姿が目に浮かぶような
 すてきな文が、この花をいっそう美しくしてくれま
 した…♪
 ほんとオイランソウという名前をいただいて幸せな
 花だと思います。
 改めて、漂う白粉の匂いを嗅ぎながら、しっかりと
 花を眺めてみたいです…(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑さをも気にせず | トップページ | 頬ずりしたくなる… »