« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月27日 (金)

秋を彩る花たち

38susuki1
39kuzu1
40kuzu1
玄関先の朝顔も、毎日の暑さにしおれていますが、風の丘の周辺では
秋の気配が強くなってきました。
高原では押し寄せる波のように、ススキの穂が揺れるようになりました。
道ばたでは、クズの花が大きな葉の裏で恥ずかしげに微笑んでいます。
ピンクとエンジのコントラストは、野生とは思えないほどの美しさです。
秋を彩る花々の中から、万葉の歌人の山上億良はクズの花など七つを
取りあげ、次のように詠んでいるようです。
「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花」
クズの花は、古くから愛でられてきた幸せな花だったんですね…

2010年8月22日 (日)

涼しげな音色が…

36tsuriganeninjin1
37tsuriganeninjin1
里山の道脇では、かわいい釣鐘型をした花が風に揺れるようになり
ました。
このうす紫色の花からは、涼しげな音色が聞こえてきそうでした。
さわやかな気分にしてくれるツリガネニンジンの花です。
まだ暑さは続きますが、自然は早くも秋の訪れを告げているようです。
ススキ、オミナエシ、クズの花なども咲き出していました。
これからやってくる心地よい季節に希望を託しながら、お仕事に励んで
いきたいと思います。

2010年8月17日 (火)

ついに微笑んで…

34marubarukousou1
35marubarukousou1
鮮やかな朱色と可憐な花姿に魅せられて、マルバルコウソウを育てて
きました。
でも、支柱にそって軒先まで伸びようとしているのに、一つもつぼみが
見当たりません。
「今年はダメかも…」と、あきらめかけていましたが、最近になりつぼみ
らしいものがチラチラ見え隠れするようになりました。
いつ咲いてくれるのか…と、期待に胸をはずませながら、毎朝覗きに
いく日が続きました。
それが、今朝になって、ついに微笑んでくれたのです。
どんなにか待ち焦がれたことでしょう…
あまりのかわいらしさに、思わず頬ずりをしてあげたくなりました(^o^)/

2010年8月13日 (金)

造られた花のよう

32mizohagi1
33mizohagi1
この間、近くの農道を通ったら、ピンクに染まったたくさんの花茎が、風に
揺れていました。
近づいてみると、1cmほどの小花が茎の先までびっしりとついています。
和紙のような花びらの中では、緑の葯と黄色い葯が踊っていました。
田んぼの花ですが、彩りが豊かで造られた花のような美しさがありました。
優しくかわいらしい表情を見せるミソハギの花です。

2010年8月 9日 (月)

優しくも高貴…

30hasu1
31hasu1
高い畦に上ると、さくら色をした花々が目に飛び込んできました。
思わず息をのむような光景です。
よく見ると、やわらかいカーブを描いた花びらが幾重にも重なり合い
先にいくほど色味を濃くしています。
ふわ~っと開いた花姿には、優しくも高貴な雰囲気が漂っています。
このハスの花を前にすると、何ごとも忘れて心がひとりでに静まって
いくような気がしました。
いつもは今頃が見ごろでしたが、今年は暑い夏のせいか、お終いに
近づいているようでした。
 *花に気を取られて畦から転げ落ち、右足首を捻挫してしまい
  整形外科にお世話になることになりました…トホホ(-_-;)

2010年8月 5日 (木)

麗しい表情

28gennoshouko1
29gennoshouko1
夏、真っ盛りだというのに、風の丘ではススキが風に揺れるようになり
ました。
足もとでは初秋を彩るゲンノショウコが咲き出し、もう自然は秋の準備を
始めたようです。
ゲンノショウコは、小さい花なのでうっかりすると見逃してしまいますが
顔を寄せてみると、とても麗しい表情をしています。
白い花びらにはピンクの線が走り、紫色の葯がたくさん踊っています。
お腹を悪くしたときに効く薬草で、すみやかに効くので、ゲンノショウコ
(現の証拠)と名づけられたのだそうです。
残念ながら、風恋は試したことはありません(*^_^*)
下のピンクの花は、西日本でだけで見られるのだそうですが、こちらで
自生しているところがあって、この間、出かけてみたらちょうど咲いて
いました。

2010年8月 1日 (日)

頬ずりしたくなる…

26sanjisou1
27sanjisou1
こんなに小さい花があるとは…、と驚かされます。
5、6ミリほどの大きさで、注意して見ないと目に入ってきません。
陽がやや傾き始めたころに微笑み出すので、サンジソウという名前を
いただいたようです。
うすピンク色の花びらに包まれて、濃いピンクの花糸がたくさん揺れて
います。
あまりのかわいらしさに、思わず頬ずりしたくなりました(*^_^*)
夕闇がせまるころにはつぼんでしまう花の儚さにわびしくなってきます。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »