« 高貴な色合い | トップページ | 風に身をまかせて »

2010年9月 5日 (日)

かわいい少女のよう

43shuhkaidou1
44shuhkaidou1
まだ、夏のような暑さが続いていますが、花壇では秋を先取りした花が
咲き始めています。
シュウカイドウ(秋海棠)が、季節を待ちかねたように微笑みだしました。
うすピンク色の花には、かわいい少女のような雰囲気が漂っています。
黄色いシベを抱えた姿は、底抜けの明るさを表わしているようです。
朝夕はやや過ごしやすくなった感じですが、シュウメイギク(秋明菊)も
つぼみを大きく膨らませ、その準備を整えつつあります。
次の季節に向かって、自然は歩みを速めたようですね…♪

« 高貴な色合い | トップページ | 風に身をまかせて »

」カテゴリの記事

コメント

この花は秋の花なんですね。
ぱっと写真を見て秋の雰囲気を
感じたので、ああやっぱりと
おもいました(◎´∀`)ノ

今年は4月になっても雪が降
ったり、梅雨があけると猛暑
が続いたりと不順な天候がつ
づいていますが、木々は季節
の到来を忘れずに人に告げて
くれるのですね。

☆ macky16 さんへ♪
 このシュウカイドウは、名前が表わしている通り、秋の
 花のようです。
 ピンク色がとてもかわいらしくて、大好きな花なんです。
 ほんと、今年の天候は異常ですよね~
 いつまで、この暑さは続くのでしょうね…?
 でも、自然は次の季節をきちんと準備しているようです。

~☆ 風恋さんへ ☆~
淡いピンクの花は、優しさがありますね。
特に黄色い蕊のところは、和菓子で作ったようで
たべられそうです。(*⌒∇⌒*)
可愛い花ですね。

☆ 異邦人 さんへ♪
 うすピンク色の花には優しさを感じますよね…
 風恋の大好きな色合いなんです…(*^_^*)
 丸い黄色のシベには、ほんと和菓子のような
 雰囲気がありますね…
 抹茶でいただいたなら、どんなにかおいしい
 でしょう…

シュウカイドウ、街灯ののように下向きに咲いてて綺麗な花です。
残暑が厳しいですが秋の花がチラホラ見られるようになってきましたね。
暑さももう少しの我慢のようです。

☆ igagurikun さんへ♪
 シュウカイドウの花、「街灯のように…」、
 そう言われてみるとほんと昔の街灯のよう
 ですね~(*^_^*)
 これから咲き出す秋の花が楽しみですね。
 今日は涼しくて過ごしやすかったです…♪

風恋さん☆こんばんは~(・∀・)/☆
★  ☆  ★
ほんとそうですよね~。日曜日、お隣の
京田辺で39度以上の日本一を記録
しちゃいましたよぅ。でも、暑いですけ
れど、台風の影響を、もろに受けています。
明日は、もっと影響がありそうです。
この台風で秋らしくなると良いのですけ
れどねぇ。
シュウカイドウって秋のお花なの
でしょうか?
こんなに猛暑が続いていましても、
ちゃんと秋の草花は咲き出してくるの
ですね?
今年の秋は、ほんとに短いような予報
なのですけれど、風恋さんのところ
一気に冬の訪れがありそうな予感ですね?winenight

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 39度なんて、信じられませんよね…(>_<)
 体温を越えた高温では、健康を害してしまい
 ます。
 今度は台風…、ちょっと涼しくなって過ごし
 やすいのですが、被害が出なければいいです。
 台風から伸びた前線の影響で、昨晩風の丘の
 近くで突風が吹き荒れて、神社の神木が倒れ
 たり民家の屋根が飛ばされたりしたようです。
 天気の長期予報では、今年は秋がなく一気に
 冬がやって来るそうですね…
 いったいどうなっているのでしょうね~

風恋さん、こんにちは♪
あら、また可愛らしいお花が微笑んでいますね
シュウカイドウのこの薄ピンク色が何とも
優しい感じで可憐ですねconfident

今日は少し涼しげです台風の関係で雨降りで
気温も30~31℃くらいで過ごしやすいですhappy01
黄色いシベがまたこのピンク色に合いますネmaple
段々と秋が訪れようとしていますね
秋明菊も蕾を膨らませているんですかbud
それじゃもう秋ですねshine
紅葉の季節ですね

今日も優しい可愛いピンクのシュウカイドウのお花
を見せていただいて外は雨模様でもrain
私はいい日になりそうですnotes

☆ mikko さんへ♪
 赤い茎の先に、ピンク色のかわいい花をたくさんつける
 シュウカイドウ…、秋が来るのを待ちかねたようにして
 咲き始めました。
 ボンボリのような黄色いシベが、いっそうかわいらしさを
 高めているようです。
 昨日、今日と過ごしやすい日でしたが、これで秋明菊も
 はずみがつくかも知れません…(*^_^*)
 早く秋になってほしいですね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高貴な色合い | トップページ | 風に身をまかせて »