« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

鮮やかに映えて

54nanten
55nanten
コムラサキやウメモドキも、小鳥たちについばまれて見る影もありません。
それに代わるようにして、ひと際彩りを増して目を楽しませているものに
ナンテンの実があります。
とくに雪が降った朝は、赤い実がいっそう鮮やかに映えて心が躍ります。
赤と白の取り合わせはとても心地よく、幸せに包まれた気分になります。
新しい年が、希望に満ちたすてきな年になるように祈りたいです。

この一年間、みなさんからお寄せいただいた温かいお励まし、たいへん
ありがとうございましたm(__)m

2010年12月25日 (土)

雪中花

52sazanka 53sazanka
昨日からの雪で、風の丘はすっかり銀世界に変わりました。
大きくふくらんだ山茶花のつぼみも、この突然の雪には咲くのをためらって
いるようです。
いくら遅咲きとは言い、咲き出したばかりの花にはやはり厳しすぎるようで
震えているように見えました。
ウチでは古い方に入る庭木ですが、真紅の色合いには魅せられています。
まだ、雪は降り続いていますが、山茶花のためにも早く止んでほしいです。

2010年12月23日 (木)

うしろ美人…

50versicolor1
51versicolor1
暖かい窓辺に寄せてあげたら、たくさんつぼみをつけるようになりました。
そして、数日前からかわいらしい笑顔を振りまくようになったんです。
前から見るとふつうの白い花ですが、下から覗くと花びらの縁が赤く彩ら
れていて、ワクワクするような美しい花なのです。
この赤と白のきれいな花模様には、ほんと魅せられてしまいます。
日が沈む頃になると、開いていた花びらを閉じて静かに眠りにつくのです。
うしろ美人(?)のオキザリス・バーシーカラーです。

2010年12月20日 (月)

あなたに憧れます

48tokiwahaze1
49tokiwahaze1
うっかり踏まれても、あなたはすぐ立ち上がりましたね。
夏のカラカラ天気でも、テラスの縁でがんばっていましたね。
そして、どんなに風が冷たくても、あなたは元気に咲き続けています。

そんなあなたの姿に、わたしはいつも感心させられてきました。
いったい1cmにも満たないあなたのどこに、その力があるのでしょうか…
わたしは、あなたにとても憧れます。

春から冬まで、力強く咲き続けるトキワハゼ(常磐ハゼ)という野草です。

2010年12月17日 (金)

愛くるしくて

46begonia1
47begonia1
身が縮むような寒い日が続いていますが、それにも負けず元気に笑顔を
振りまいている花があります。
初夏のころ、買い物の景品としていただいてきたベゴニアの花たちです。
その愛くるしい表情には、抱き寄せて頬ずりしたくなります。
どこでも見られるセンパフローレンス系ですが、名前が分からないので
呼んであげられないのがちょっと残念です。
ツヤツヤした葉っぱとみずみずしい花模様を、いつまでも失わないように
見守っていきたいと思っています。

2010年12月15日 (水)

初 雪

44nanten1_2
45tokiwaikarisou1
風の丘にも、いよいよ初雪が舞いました。
周りの野原や林は雪化粧をして、静まりかえっています。
白一色に変わってウキウキする思いと、これからの長い冬眠生活(?)への
ユウウツな気持ちとが交錯し合って複雑な心境です。
玄関先のナンテンに積もった様子と、白くなったトキワイカリソウの葉です。
冷たい雪にも負けず、彩りを失わないようにがんばって…、とエールを送り
たくなりました。

2010年12月11日 (土)

あなたの名前

42fukuronadeshiko1
43fukuronadeshiko1
   あなたの優しい笑顔に、いくら励まされ、元気を
   いただいてきたことでしょう。
   でも、あなたのことが分からず、名前を呼ぶことも
   ありがとうを言うことも出来ませんでした。
   それが、ようやく探し当てることが出来たんです。
   あなたは、フクロナデシコちゃんだったんですね~

春のころから桜色のかわいい花をつけていましたが、名前が分からず
アップ出来ないでいました。
ようやく、その名前をネットで知ることが出来ました。 
木枯らしが吹く季節にもかかわらず、今も健気に咲き続けている姿には
胸が熱くなる思いです。

2010年12月 9日 (木)

金色に輝いて

40hekusokazura1
41hekusokazura1
裏山に冬芽を探しに行ったとき、茶色に染まった実に出合いました。
木枯らしにさらされ、どれもうち震えているようでした。
でも、みんな金色の輝きを放っていて、「寒さなんかに負けないよ…」と
言っているようでもありました。
帰宅して図鑑を見たら、ヘクソカズラの実だということが分かりました。
花芯を赤く染めた白いかわいい花を思い出しました。
こんなすてきな実なのに「ヘクソ・・・」とは、あまりにもかわいそうな気が
しました。

2010年12月 7日 (火)

絵の中の花たち

39hananoe1
お絵かき仲間で開いたチャリティ美術展へ出品した作品で、F0号という
大きさに描いた油絵です。
寒さが厳しくなってきたので、花壇の花たちを部屋で咲かせてあげたい
と思い、花瓶に挿していたものです。
赤と白の花は小菊たち、黄色の花はイソギク、赤い実はウメモドキです。
洗面所にいたものを、アトリエへ急に連れ出して描きました。
主役の花が左右に分かれてしまい、中心のない絵になったと反省して
います。

2010年12月 3日 (金)

黒い果実

37yamabuki1
38yamabuki1
これも花壇の後片づけをしていたときに見つけた果実です。
すぐ近くにある赤いウメモドキは、ヒヨドリたちに食べつくされようとして
いましたが、これには目が留まらなかったようで無事でした。
春のそよ風にシロチョウのように舞っていた白花山吹の実です。
渋味のある黒い果実は、まるで木を削って着色しワックスで磨き上げた
彫刻作品のような雰囲気を漂わせていました。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »