« 冬の装いが… | トップページ | 何か良いことが… »

2011年11月18日 (金)

どこに技量が

18iragamayu
何気なくカエデの枝先を追ったら、小さい丸いものが目にとまりました。
灰色をした卵のような地に、茶色い不思議な模様が描かれています。
イラガの幼虫が冬越しするための繭で、1.5cmほどしかありませんが
指ではつぶせないほど固かったです。
夏のころ、この幼虫は葉裏にいて、うっかり触れてしまうとチクリと刺さ
れて、飛び上がるほどの激痛が走ります。
それにしても、この模様は鳥から守る偽装なそうですが、それを描く
技量が幼虫のどこにあるのかと、びっくりさせられるだけです。

« 冬の装いが… | トップページ | 何か良いことが… »

」カテゴリの記事

コメント

見た目はすごくやわらかく感じるのに
すごく硬いんですね。
そんなに硬いのにこの殻を破って
中から虫が出てくるんですよね??
不思議ですΣ(・ω・ノ)ノ!

☆ macky16 さんへ♪
 小さい幼虫が、こんな模様の繭を作ること、そして
 指でもつぶれない固い繭にすることなど、不思議が
 いっぱいですね…
 また、固い殻をどのようにして破るのでしょうか。
 殻を破る時期をどのようにして知るのでしょうか…

~☆ 風恋さんへ ☆~
自然の中で生きるってそれなりに
強く生きているんですね。
でもここまで来るのも親の愛や
周りの環境などに守られて生まれてくるんですね。

風恋さん☆こんにちはぁ~(・∀・)/

この卵?スズメの卵のように可愛い
ですよねぇ?
でも、卵ではなかったのですねぇ?
イラの繭だったなんてぇ。
でも、ほんとに、木の枝の模様が
あって上手く野鳥たちを騙していますよね?
でも、出てくるときは、このような厚い殻を
どうやって出てくるのでしょうねぇ?
そちらのほうも気になってしまいます。
以前にこのようなのが真っ二つに綺麗に
割れているのをみかけましたよ。
何なのかなって思っていました(^-^)☆rain

☆ 異邦人 さんへ♪
 自然の中では、ほんと巧みに、したたかに生きて
 いるって思いますね…
 この不思議な模様の作り方は、親から引き継いだ
 遺伝子のなせる技なのでしょうね。
 自然の驚異って感じがします。

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 そう言えば、このイラガの繭玉はスズメの卵に似て
 いますよね。
 不思議な模様がそっくりって感じがします。
 指でもつぶれない固い殻の中で、イラガのさなぎは
 安心して暖かい眠りに入っていることでしょう…
 春になると、上の方をきれいに切り取って羽化して
 いくのでしょうが、いちどその様子を見てみたいと
 思うのですが…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の装いが… | トップページ | 何か良いことが… »