« 山鳩が… | トップページ | 瑞巌寺参道 »

2012年2月 9日 (木)

雪の松島

49godaidou
50yuhransen
しばらくぶりに、松島を訪ねてみました。
雪に包まれた松島は初めてで、新たな感動を覚えました。
これは五大堂という建物で、朱塗りの「透かし橋」を渡って行きます。
このすぐ側には観光桟橋があり、ちょうど遊覧船が入ってきました。
震災では背ほどの津波に襲われ、観光客も一時途絶えていました。
あれから1年が経とうとしている今、ようやく以前の賑やかさが戻って
きたように感じられました。

« 山鳩が… | トップページ | 瑞巌寺参道 »

」カテゴリの記事

コメント

~☆ 風恋さんへ ☆~
雪の松島。おお~松島や松島や
夏に行って遊覧船に乗ったことが
ありましたが、雪の松島も綺麗ですね。
沢山の島にさいぎられて津波は幾らか
和らいだのではないでしょうか。
以前の賑やかさが戻って
来たそうで良かったですね。

☆ 異邦人 さんへ♪
 松島は雪が少ないので、このようなシーンにはなか
 なか出合えないんです…
 でも、松島を楽しむのなら、やはり夏ですね。
 異邦人さんは遊覧船で島巡りを楽しんだことがこと
 があったんですね~
 ここはたくさんの島々にさえぎられて津波の被害は
 大きくなかったそうです。

同じ日本とは思えない
景色です。
とってもきれいですが
まだ震災から1年たって
ないのですよね。
また以前のような賑やか
さを早く取り戻してほ
しいです。

おはようございます。
松島に雪が降るとこのような感じになるのですね。
夏に松島を訪ねたことがあります。
少しずつでも、賑わいが戻るといいですね。

五大堂は津波か地震で壊れて修復中とかニュースで
見たような記憶があります。記憶違いでしょうか?

穏やかな水面だからこそ、絶景となる松島ですね。

風恋さん、こんにちは~☆
雪の松島素敵な景色ですね。
五大堂は、震災で壊れ今修復中ではsign02
違ったかしら、他の間違いだったごめんなさい。
震災からまだ1年経ってないんですよね。
この遊覧船もいいですねship
早く、賑やかな松島になってほしいですねgood

でも、雪の松島の風景は綺麗ですね(o^-^o)

前の山鳩が、巣作りを始めたのですか可愛い鳩の仕草に
癒されましたchick
有難う御座いましたheart04

風恋さん☆こんばんはぁ~☆

わ~雪の松島ですね~
やっぱり、雪の松島も最高に綺麗
ですよね~
綺麗な名所は、やっぱり綺麗なの
ですね。
あれから、まだ一年たってないので
すよね?感覚としましては、もう数年
たっているような感じですよ。
やっぱり、距離感があるからでしょうか?
でも、こちらから、どんどん被災地へ
観光に行こうツアーが行われていて
積極的に皆さま参加しています。
中韓の観光客が、こちらでも本とに
多いですけれど、松島でもドンドン
来ていただけるようになると良いですよね?☆cakenight

まだまだ震災の爪痕は残りますが、こうして雪旅情も良いかなぁって思います。
とても素敵なシーンですね!

☆ macky16 さんへ♪
 3階のレストランから撮ったのですが、もっと高いところ
 からとらえたかったです…
 ほとんどのお店は前の状態に戻ったようですが、まだ
 訪ねてくる観光客は少ないようでした。

☆ さちこ さんへ♪
 松島は雪が少ないところなので、夏の写真が多いん
 です…
 夏祭りのころ、機会があったらもう一度松島を訪ねて
 みてください。

☆ Yamamoto さんへ♪
 五大堂は地震で傷んだところがあり、しばらくは見学
 できませんでした。
 修復できたかどうかは、近くに住んでいながら確かめ
 てはいませんでした…(>_<)
 この日は、レストランから眺めただけでした(笑)
 ご訪問いただき、どうもありがとうございましたm(__)m
 〔追記〕五大堂は震災の影響も少なく、以前のように
      見学できるそうです。

☆ mikko さんへ♪
 この五大堂も震災の影響を受け、しばらく見学ができ
 ませんでしたが、その後修復が済んだかは確かめて
 いませんでした…
 この日は五大堂には行かず、撮影してから瑞巌寺へ
 向かってしまいました…(>_<)
 〔追記〕五大堂は震災の影響も少なく、以前のように
      見学できるそうです。

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 雪の松島はめずらしいんです。
 レストランの3階から窓越しに撮ったので、イマイチと
 いう感じです…^_^;
 機会があったら雪が降って青空が広がった日にでも
 また出かけてみたいです。
 震災の影響や原発のことがあって、観光客は東日本
 の沿岸へはまだ足が向いていないようです。

☆ 凪々さんへ♪
 仕事があると雪の松島に出かける機会も制限されて
 しまいます。
 良い撮影ポイントを探すのも、とてもむずかしいような
 気がしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山鳩が… | トップページ | 瑞巌寺参道 »