« 夢の世界 | トップページ | 鎮魂と絆 »

2012年2月18日 (土)

冬咲きぼたん

57kanbotan
58kanbotan
雪灯篭まつりがあった米沢の北に、高畠町というところがあります。
ここでは時を同じくして「冬咲きぼたんまつり」が行われていました。
深い雪の中に色鮮やかな牡丹の花がたくさん立ち並んでいました。
健気に咲く姿には心が温かくなる思いでしたが、やはり寒そうで
風恋の目にはとてもかわいそうに映りました。
この季節に咲くように、ビニールハウスの中で促成栽培されたもの
だということでした。

« 夢の世界 | トップページ | 鎮魂と絆 »

」カテゴリの記事

コメント

ribbon
【寒牡丹と冬牡丹と春牡丹】
・・・「牡丹」は露地ものでの普通の開花時期は4~5月頃なのです。
bud「寒牡丹」
    二期咲き性の品種で春に付いた蕾摘み取り2回目に秋に出て来た花芽を育て秋    から初冬に掛けて咲かせた牡丹。
bud「冬牡丹」
    春の牡丹と同品種を人工的に季節をづらせて真冬の時期を春と思わせ咲かせる    牡丹。
bud「春牡丹」
    そして当初述べた「牡丹(春牡丹)」が4~5月に咲き誇るのです。
heart01
寒い季節に咲かせる植木職人さん達の心意気、嬉しいですね。
興味深かったのは「藁ぼっち」の形が地域のよってそれぞれなのが素敵に思います。
素敵な冬牡丹に見惚れました、勿論「藁ぼっち」の素朴さにも心惹かれました。

風恋さん☆こんばんはぁ~☆

こんな時期にボタンなんて、ほんとに
珍しいですよねぇ?まだ、こちらでは、
見たことないです。それに、こちらで
見てもあまり感動がないかもしれないです。
雪の風恋さんの所で、見るから感動も
一入なのだと思います。
白い雪と赤いボタンのコントラストが
がほんとによく合って綺麗ですよねぇ?
それに、藁のお家が暖かそう。鎌倉の
ようですねぇ?ボタンに代わって
入ってみたい気分で~す♪winenight

☆ どんぐり さんへ♪
 寒牡丹と冬牡丹などの違いを分かりやすく教えて
 いただき、たいへん勉強になりましたm(__)m
 冬牡丹を見る目も変わってくると思います。
 わらボッチの作り方も、ここでは入り口にひさし
 がある感じでした。
 今日はどうもありがとうございました…☆

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 雪の中で健気に咲いている姿には、ほんと
 感動させられました。
 こんな寒さが厳しい時に、牡丹の花を目に
 できるなんて想像したこともありません。
 わらボッチの中に入ってみたいですね~
 かまくらのように暖かいのかも知れません。

雪よけの中にちょこんと咲く様はかわいいですが、やはりハウス栽培なんですね。。。
確かに寒そうでかわいそう感がにじみ出てます。
(T_T)

冬のこの時期に咲くぼたん...
周りのわらの家がまたいい感じを
演出してくれてるんですよね。

なんか見てると寒さも和らぐ気がします。

☆ 凪々さんへ♪
 周りの白い雪に映えて、とてもきれいに見え
 ましたが、やはり寒くてかわいそうな気持ち
 になりました…
 この季節に咲くようにハウス栽培されていた
 とは、風恋も知りませんでした…^_^;

☆ macky16 さんへ♪
 冷たい風をさえぎるための「わらボッチ」は
 とても風情を感じますよね…
 きれいな花とともに、なんか心が安らぐ思い
 がしました。

冬は花枯れの季節。その季節に明るくなる花を咲かせたいという
気持ちですね。温室や室内で大切に栽培することはわかりますが、
雪のある戸外に出すとは、みんなで楽しみたいというココロでしょう。
雪に白さに鮮やかな花が映えますね。ツバキだけにまかせておけない
白と赤の対比ですね。

☆ Yamamoto さんへ♪
 この冬咲きぼたん祭りには、大ぜいの観光客が
 押しよせて感嘆の声をあげていました。
 白一色の何もないところに鮮やかな彩りの花が
 ある風景は、何とも言えない美しさでした…♪
 でも、温室育ちの花にとっては、いい迷惑かナ
 とも思われました。
 いつもご訪問いただき、ほんとうにありがとう
 ございましたm(__)m

こんにちは、
冬咲き牡丹、雪よけの藁の囲いがいい雰囲気を出してますねぇ~
今年は見ることができませんでした、見られてよかったです、ありがとうございました。

☆ igagurikun さんへ♪
 冬咲きぼたんを、いちど見てみたいと思って
 いましたが、ちょうど雪灯篭祭りに合わせて
 ぼたん祭りも行われていましたので見学して
 きました。
 白い雪にわらボッチに入ったぼたんはとても
 風情がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢の世界 | トップページ | 鎮魂と絆 »