« 明日へ向かって | トップページ | いよいよ春が… »

2012年3月14日 (水)

輝く笑顔に…

82fukujyusou
83fukujyusou
微笑み出したころ、一度ブログに出てもらったことがある福寿草です。
その後、何度か大雪に見舞われ、すっかりおびえきっていました。
ここ数日の暖かさに、ようやく庭の雪解けも進んで、また笑顔を見せ
始めました。
大震災から1年が経ち、TVなどで当時の悲惨な状況を報道しました。
その映像に触れるにつけ、暗い気持ちになりがちでした。
でも、庭先で輝いている福寿草を目にしたら、がんばらなくては…と
いう思いになりました。

« 明日へ向かって | トップページ | いよいよ春が… »

」カテゴリの記事

コメント

福寿草の花の黄色は幸せいっぱいの
幸福を運んでくれそうな色ですね。

震災の映像は見るたびに去年の
ことを思い出せますよね。
忘れてはいけないけど、思い出すと
心が折れそうになってしまいますね。

風恋さんも自分も頑張りましょう。

風恋さん☆こんばんはぁ~(・∀・)☆

福寿草、ほんとに元気と勇気を
もらえるお花ですよねぇ?
この福寿草は、まだ出合ったことが
ありませんけれど、福寿草って名前の
お店がありますので、いつもこの花を
思い出して元気いただいてますよ。
被災地にも、たくさんのお花が咲いて、
人々の心が少しでも和むと良いですよねぇ☆night

~☆ 風恋さんへ ☆~
福寿草。幸福を運んでくれそうですね。
あっそう言えば我が家にも福寿草がありました。
まだ見ていないんですけど、もう咲いたかな!
探してみます。それにしてもしっかりとした
輝きを持った花ですね。

風恋さん、今晩は☆
大震災から一年経ちまだ年数は掛かると思いますが
皆さん反対に私達が応援していても被災している人達に
勇気を頂きますね。
福寿草も雪が解け明るい微笑みで黄色い素敵で綺麗な春を呼ぶお花ですものねmaple
昨日はまた地震が夜ありましたね関東も随分揺れてさいたま市は震度3と出ましたが4くらいのような感じかしました。
今は書きたいことをブログ更新しようと今日更新しました(*^-^)
主人も裏のスーパーに行けるようになれないと困るよな
イラつくの解るといってますけどねsad
1日がやることなくて福寿草のお花を見て生きていれば
良い事はいずれあると思いますcoldsweats01
有難う御座いましたheart04

☆ macky16 さんへ♪
 この黄色い福寿草を見ると、心もはずんできます。
 ほんと幸せいっぱいの色ですよね…
 明日の幸せを信じて一歩一歩進んで行きましょう。

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 この輝くような福寿草を見ると、元気がいっぱい
 みなぎってくる感じがします…
 いよいよ北国のこちらも春めいてきたので、色々
 な花が咲き誇り、心を癒してくれることでしょう。
 「福寿草」っていうお店があるんですか…?
 どんなお店なんでしょう…
 明るいすてきなお店なんでしょうね~
 

☆ 異邦人 さんへ♪
 輝くような花色や縁起のいい名前から、幸せを
 いっぱい運んできてくれるような気がします。
 毎年増え続けて、今年は13個咲いてくれました。
 異邦人さんとこでも、笑顔を振りまいていること
 でしょう…

☆ mikko さんへ♪
 大きな地震がありましたね…
 地震がある度に、すぐ大震災のことを思い出して
 しまいます。
 被災した人たちは、それぞれ明日の幸せを信じて
 精いっぱいがんばっています。
 とにかく前に進む以外に道はないからです。
 福寿草を目にすると元気がみなぎってくるような
 気がします。

ribbon
月まで約38万km(光りの速さで1秒少々)・・、
太陽まで約1億5千万km(光りの速さで8分ほど)・・、
木星まで約8億km(光りの速さで45分ほど)・・、
おとめ座(スピカ)まで260光年(光りの速さで260年)・・。
福寿草は
壮大な宇宙からやってくる電磁波(パルサー)をキャッチするパラボラアンテナのよう、
「福寿草のお花」なんて素敵なんだろう!
もしかすると
福寿草を見る人の幸せ電波(脳波)を受信すると開花するお花なのかも、
福寿草っていいなぁ!
bud
写真を見て、そんなメルヘンの世界・・・、
notehappy01scissors

☆ どんぐり さんへ♪
 福寿草の花姿が、宇宙からやって来る電磁波を受け
 とめるパラボラアンテナのよう…、なんてスケールの
 大きいすてきなお話しでしょうか…♪
 すぐ外に出て、春の夜空を眺めてみたくなりました。
 そして、幸せ電波を受けて開花するお花かも…
 夢が大きくふくらんできます。
 子どものように、胸の鼓動を感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日へ向かって | トップページ | いよいよ春が… »