« 春になって… | トップページ | 輝く笑顔に… »

2012年3月20日 (火)

遅咲きの雪割草

88yukiwarisou
89yukiwarisou
紫色の雪割草が咲いています。
これまで色々な花姿を見せてくれましたが、これが一番遅咲きの
花となりました。
とても優雅な色合いで、2段に咲いたところが気に入っています。
キラキラと輝くシベも、花の色に負けない美しさがある…と思って
います。
来年も元気に微笑んでもらえるよう、これからもしっかりお世話を
したいと思っています。
 *アップした後、タイトルと記事の一部を訂正しました。

« 春になって… | トップページ | 輝く笑顔に… »

」カテゴリの記事

コメント

~☆ 風恋さんへ ☆~
これは何と言う雪割草なんですか。
目の覚めるような紫の雪割草は
初めて見ました。
控えめに咲いているようで
愛おしさが残りますね。

最後の、と言うのはいやです。
でも品のある紫色ですね。
あるいは花びらの展開の形がよいのでしょうか?
シベとの対比もいいですね。

☆ 異邦人 さんへ♪
 この色合いには、とても惹かれているんです…
 2段咲きなのですが、名前は分からないのです。
 しばらく前に知り合いの方からいただいたもの
 だからです。
 これが最後の雪割草となってしまいました。

☆ Yamamoto さんへ♪
 次々と雪割草が咲き、目を楽しませてくれましたが
 一番遅れて咲いたので「最後の…」としました。
 一生懸命咲いた花に申しわけないし、ことばの響も
 よくないかも知れませんね…
 濃い目の花色なのでシベの輝きが映えて見えるの
 でしょう。
 たいへん大切なことを教えていただき、どうもあり
 がとうございましたm(__)m

おはようございます、
鮮やかな紫色が綺麗ですねぇ~
ウチの方より開花が早いですね、自生の雪割草は此れから咲きだすようです。
今日も雪がちらついて蕾が萎むのではと心配してます。

☆ igagurikun さんへ♪
 今朝も雪が積もりましたね。
 これから咲き出す春の花たちにとっては
 きびしい天候です。
 露地の雪割草は震えていたことでしょう。
 庭のクロッカスも閉じたままでした…

風恋さん、今晩は☆
綺麗な紫色の雪割草のお花が咲きましたね(o^-^o)
もうすぐ春下のスノードロップもとても可愛い
私も雪割草のシベキラキラしてガンバレとエールを
貰ったようです。
雪割草の二輪とても清楚で微笑みかけていますねmaple
一枚お借りできますでしょうかsign02
私も出来る事を徐々に目標があるので痛いの我慢して
明日たがあるからそして信じていればですgood
お花も同じですよね大事に風恋さんが育てているから
咲いてくれるんですものねheart04

☆ mikko さんへ♪
 次々と咲いてくれましたが、この紫の雪割草で
 お終いになりました…
 透明なシベは濃い花びらに映え、宝石のようだ
 と思いました。
 来年も元気に微笑んでもらえるように、お世話
 していきたいと思っています。
 もし気に入ったものがありましたら、ご自由に
 使ってくださいね。

ribbon
素敵な紫の「雪割り草」・・、
歌舞伎十八番「助六」を
思い出しています。
紫の鉢巻をして
和服を膝までめくり上げ
舞台いっぱいに
踊ってた光景を
思い出しています。
あまりにも
子供の頃 観た歌舞伎演目なので
内容まで記憶してませんが
あの
「助六」の粋で素敵な
姿が、いまも瞼に浮かんできます、
この
「雪割り草」の向こうに
助六が
“ 見得を切る ”
姿が重なる
粋な「雪割り草」、
とっても
垢抜けている
紫色の「雪割り草」
素敵です・・、
bud
[あとがき]
いつも勝手なイメージのコメントをお詫びいたします。
イメージが幾日も感じない時もありますが・・・、
UPされた写真に突然に湧き出すコメント。そのイメージの湯気が冷めないうちに それを打ち込む私です。
そぐわないコメントがなされた時は、お恐れながら目を瞑ってくだされば、幸いに思いますので、宜しくお願い申します。

こんばんは。
はなびらが段になっているのですね。
風恋さんの愛情をたっぷり注がれて幸せな雪割草さん!

☆ どんぐり さんへ♪
 格調の高い歌舞伎に結び付けてコメントして
 いただき、この雪割草はたいへんな幸せもの
 だと思いました。
 すてきなコメントに、心から感激しています。
 ありがとうございましたm(__)m
 また、どんぐりさんの知見の深さには改めて
 感心させられました…☆
 あとがきまで入れていただき恐縮しています。
 いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
 これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

☆ さちこ さんへ♪
 花びらが2段に重なっているので2段咲き
 なそうです…^_^;
 雪深い北国であれば、春の訪れへの期待が
 いっそう高いのかも知れません。
 できるだけ早く春の花が見たくて、雪割草
 を溺愛(笑)してしまいます…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春になって… | トップページ | 輝く笑顔に… »