« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

心が洗われる

18eizansumire
19eizansumire
数年前に、お茶の先生からいただいてきたエイザンスミレです。
葉っぱの切れ込みが深く、花がなくてもすぐそれと分かります。
山地に自生しているものはうすピンク色をしていますが、これは
真っ白でわずかに紫の線が彩りを添えているだけです。
汚れのない清楚な花姿には、心が洗われる思いがします。

2012年4月25日 (水)

高貴な色合い

16okinagusa
17okinagusa
春の花にはピンクや黄色などの優しい色が多いのですが、この花は
個性的な色合いをしていて、存在感があるように思われます。
花びらのように見えるガク片は白い綿毛に包まれ、その内側は濃い
赤紫色をしていて、とても高貴な感じがすると思いました。
花が終わると白く長い毛をもつ実を結び、その様子が白髪の老人の
ように見えるので、オキナグサと名づけられたそうです。
いつも冬越しに失敗し、ことさらに寒かった今年は諦めていましたが
テラスの隅で元気に花芽をつけてくれ、毎日のように覗いては微笑
み出すのを待ちわびていた花です。

2012年4月23日 (月)

翼を広げて

14shunran
15shunran
今年は雪が深く厳しい寒さが最近まで続いたので、花は咲かない
のではないか…と思っていました。
ところが、春花壇の準備をしようと枯れ葉などを片付け、青々とした
葉っぱの中を覗いてみたら、隠れるようにひっそりと咲き出していた
んです、シュンランです…♪
やはり、ここにも春がやってきていたんだ…、と思うとうれしさがこみ
上げてきました。
地味な色合いをしていますが、大きな翼を広げて飛び立とうとして
いる鳥のようで、心がはずむ思いがしました。

2012年4月21日 (土)

優しい世界…

12kikuzakiichige_2
13kikuzakiichige
春の陽射しを浴び、静かに花びらを広げたキクザキイチゲです。
スミレなどといっしょに、春の訪れを喜び合っているようでした。
薄紫に染まった花は慎ましやかで、優しい世界へと誘ってくれます。
そして、シベの間からは清らかな鈴の音色が響いてくるようでした。
ようやく桜の花がほころび出した風の丘の昼下がりです。

2012年4月17日 (火)

幸せの色

11hyuugamizuki
12hyuugamizuki
急に春めいてきて、こちらでは春の花がいっせいに咲き出しました。
レンギョウやユキヤナギ、サンシユなどが庭先を彩り、にぎやかに
なってきました。
このヒュウガミズキも居間から窓越しに笑顔を振りまいています。
優しさに包まれた色合いには、とても幸せな感じになります…♪
花咲く春に、希望がいっぱい満ちてきます。

2012年4月14日 (土)

かわいい色合い

09uguisukagura
10uguisukagura
里山の縁を通ったとき、薄紅色の花がチラチラと見え隠れしている
のを見つけました。
近づいてみると、たくさんの小花たちが春の陽射しを楽しんでいる
ようでした。
ウグイスカグラという花で、かわいらしい色合いにはたいへん心が
惹かれました。
初夏のころには真っ赤な果実が生るので、ぜひ口に含んでみたい
と思っています。

2012年4月11日 (水)

遊覧飛行…

07katakuri
08katakuri
暖かい陽射しを受け、花びらを軽やかにそり返しています。
その様子は春風に乗って、遊覧飛行を楽しんでいるようでした。
下から覗いてみると、シベの周りには紫色の葯がいくつか吊り
下がっていて、きれいな鈴の音を奏でていました。
優雅な色合いで春を彩る野草のカタクリの花です。
野山を散歩するのがうれしくなってきた北国の春です(^o^)/

 *締め切りが迫った公募展の油絵制作のため、返信、訪問、
  更新が遅れてしまい、たいへんすみませんでしたm(__)m

2012年4月 7日 (土)

幸せな気分

05crocus
06crocus
白や紫色のクロッカスと咲き競っていた黄色の花です。
黄色の花はよく目につき、春の訪れをいち早く告げてくれるような
気がします。
そして心に安らぎをもたらし、幸せいっぱいな気分にしてくれます。
桜前線は関東までやってきたようですが、まだ雪の舞う北国では
春へ一歩を踏み出したばかりなのです。
クロッカスが春の使者を終えた頃、ようやく桜の花がほころび出す
ことでしょう…

2012年4月 5日 (木)

乙女の微笑み

03yukinoshita
04yukinoshita
赤いガクに包まれながら、咲くのを待っている桜色のつぼみたち…
なんて初々しいく、かわいらしい姿でしょうか…?
間もなく咲き出した丸みを帯びた花、まるで乙女の微笑みのように
まぶしく感じられます。
厳しい寒さにも耐えながら、春を告げてくれたヒマラヤユキノシタと
いう花です。
サクラに似た表情に、とてもウキウキした気分になりました(^o^)/

2012年4月 3日 (火)

灯かりのよう…

00crocus
01crocus
早々と春を告げる花ですが、この間まで続いた寒さのため、ようやく
微笑みだしました。
暖かい陽射しを浴びて、花びらをふわっと広げたクロッカスの花です。
黄色いシベは、優しく抱かれた灯かりのようでもあり、見る人の心を
和ませてくれます。
紫色の他にも白や黄色なども咲き出して、淋しかった花壇に彩りが
添えられ、たいへんうれしくなりました。

2012年4月 1日 (日)

シベが舞い

98harutoranoo
99harutoranoo
星型に開いた花は米つぶほどしかなく、それらが寄り集まって一つの
花穂を形づくっています。
花びらには紫のシベが舞い、いっそうかわいらしさを演出していている
ようです。
ピンク色に染まったつぼみも、たいへん印象深く感じられます。
口をそろえて春の歌でも歌っているのでしょうか…、とても明るく愉快な
雰囲気が漂っているように思われました。
お茶の先生からいただいて育ててきたハルトラノオという花です。
名前と花の印象がちょっとかけ離れているような気がしました…

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »