« 翼を広げて | トップページ | 心が洗われる »

2012年4月25日 (水)

高貴な色合い

16okinagusa
17okinagusa
春の花にはピンクや黄色などの優しい色が多いのですが、この花は
個性的な色合いをしていて、存在感があるように思われます。
花びらのように見えるガク片は白い綿毛に包まれ、その内側は濃い
赤紫色をしていて、とても高貴な感じがすると思いました。
花が終わると白く長い毛をもつ実を結び、その様子が白髪の老人の
ように見えるので、オキナグサと名づけられたそうです。
いつも冬越しに失敗し、ことさらに寒かった今年は諦めていましたが
テラスの隅で元気に花芽をつけてくれ、毎日のように覗いては微笑
み出すのを待ちわびていた花です。

« 翼を広げて | トップページ | 心が洗われる »

」カテゴリの記事

コメント

ふわふわして気持よさそう

すぎゆく冬を惜しんで
真っ白な雪をまとってるかの
ようですね。

~☆ 風恋さんへ ☆~
白い綿毛に包まれたガク片は
まるで芥子の様にも感じ取れますね。
オキナグサと言う名の花なんですね。
特徴のある花なので覚えやすいですね。

ribbon
百人一首に
紫式部を詠んだ
句がある・・、

『めぐりあひて
見しやそれとも
わかぬ間に
雲に隠れにし
夜半(よわ)の月かな』
(久しぶりに幼馴染みである貴女とあったのに、美しくなられ貴女であるのかどうかもわからぬうちに、あわただしく帰ってしまわれた。まるで雲の中に姿を隠す夜半の月のように)

心に秘めた愛しい貴女、
あれから
幾年月が経ち
やっと逢えた心のときめきを
この「オキナグサ」の
素敵な紫色と白髪の翁に
思いを馳せました・・、

☆ macky16 さんへ♪
 ふわふわした綿毛は、ほんと雪をまとっている
 ようにも見えますね…
 この綿毛に包まれて、冬の寒さに耐えてきたの
 でしょう。

☆ 異邦人 さんへ♪
 そう言えば芥子の花も綿毛に包まれていますね…
 花が終わると白く長い毛をたくさんつけて老人の
 ヒゲのようにも見えるんです…^_^;
 オキナグサという名前は、覚えやすいですよね。

☆ どんぐり さんへ♪
 深い紫色と白い綿毛から、紫式部の詠んだ歌を
 思い浮かべ、ときめきを感じながらも月が雲に
 隠れるように姿を消した愛しいひと…
 雅な美しさと哀しを醸しだしてくれたすばしい
 コメントに、ただ感激するばかりです…♪
 風恋は幸せを噛みしめているところです。
 ありがとうございましたm(__)m

花にも様々、色々種類があるものだと、
まじまじと見ました。
防寒用に見える「花びら」のそとの白い綿毛、
その目的は何なのでしょう?
紫は、特に深紫は目立たない色です。
ましてや、綿毛の裏で下を向いていては。

なにが理由なのでしょうか?
各花の最適の環境を作って越冬させることは
難しいですね。再び花開いた喜びが分かります。

☆ Yamamoto さんへ♪
 このオキナグサは、つぼみが大きくなるまでが
 けっこう長いので、綿毛のような防寒着が必要
 なのかも知れませんね…
 「花びら」は見た目には白く映り内側の紫色は
 まったく見えないのです。
 考えれば、ほんとうに不思議な花ですよね…
 自然科学的な疑問に気づかせてもらいたいへん
 ありがとうございましたm(__)m

おはようございます、
下向き加減に咲くオキナグサ、銀色の毛で覆われて魅力のある花ですよね、
花後の老人の髭のような種子もいいです、まだ今年は見てないので探してみます、

☆ igagurikun さんへ♪
 全体が銀色の毛に包まれ、とても個性的な花ですよね…
 中を覗くと濃い赤紫色に彩れていて、心がひきつけられ
 ます。
 花が終わったあとの「白いヒゲ」も楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 翼を広げて | トップページ | 心が洗われる »