« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

夏の花へ

40tsuyukusa
41tsuyukusa
間もなく6月、北の国にもやがて梅雨の季節がやってくることでしょう。
花壇でも、春の花から夏の花へと変わろうとしています。
この季節を彩る花の一つにムラサキツユクサがあります。
普通に見かける花は爽やかな青紫ですが、これはピンク色に染まって
いて、優しく可憐な印象を漂わせています。
近くの道の駅に立ち寄ったとき、ひとめぼれをしてしまい、連れ帰った
ものです。
白い花はお茶の稽古に行ったとき、仲間からいただいてきたものです。
飾ることもなく静かに佇む姿はとても清らかで、心が洗われる思いが
します。

2012年5月27日 (日)

星の精

38hotarukazura
39hotarukazura
いつも通る里山の脇で、青い小花がたくさん咲き乱れていました。
近寄ってみると、5枚の花びらには白く盛り上がった線があって
その美しさには心が吸いこまれそうでした。
私たちが夢の世界をさまよっている間に、天から舞い降りた星の
精たちではないか…と、目を疑いたくなりました。
ホタルカズラという花で、この青い色がホタルの光りを思わせる
ことから名づけられたということです。
風恋の思いからはちょっとかけ離れた名前でしたが、ホタル…と
名づけた方のすばらしい感性には驚かされますね…

2012年5月25日 (金)

白サギが…

36sagigoke
37sagigoke
湿り気のある庭の片隅で、ムラサキサギゴケが咲き誇っています。
花の形がサギの頭を思わせることから、この名前がついたそうです。
2cmほどと小さく、うっかりすると踏んでしまいそうになります。
黄色い斑点がわずかに彩りを添えているだけの控え目な花です。
白い花は、数年前に友だちからいただいてきたものですが、これを
もともとはサギゴケと呼んだのだそうです。
白サギが空を飛んでいる姿と思い浮かべると、限りなく夢が広がる
ような気がします。

2012年5月22日 (火)

奥深い色合い

34kuroyuri
35kuroyuri
きれいな彩りの花が多い中で、黒い色をした花に出合いました。
今年も庭の片隅でひっそりと咲き出しました。
見た目には黒くしか映りませんが、日を透かして見ると赤紫色に見え
その妖しく奥深い色合いには驚かされます。
2cmほどの小さい花ですが、とても存在感のあるクロユリの花です。
もし、甘い香りが漂うなら、もっと好きになるかも知れないのですが…

2012年5月18日 (金)

何の花…

32ichigo
33ichigo
プランターから逃げた花が、花壇の脇で伸びやかに咲いています。
白い花はさわやかな笑顔で空を仰ぎ、初々しい表情のピンクの花は
可憐な女の子を連想させてくれます。
どちらもも3cmほどの大きさで、間もなく赤い果実を結ぶことでしょう。
どこのスーパーでも、この甘く色鮮やかな果実が並んでいます。
バースデーケーキなどでも欠かせないフルーツの一つです。
さて、この果実が生る花は何でしょう…?

2012年5月14日 (月)

愛おしくて

30fuhrinodamaki
31fuhrinodamaki
うす紫色の花が風に揺られています。
ミヤマオダマキの傍らで、吊り下がるようにして咲き出したフウリン
オダマキです。
種から育ててきた花で、とても愛おしく感じられ、頬ずりをしてあげ
たいほどです。
小振りで可憐な花姿にすっかり魅了させられています。

2012年5月11日 (金)

和の風情

28yamashakuyaku
29yamashakuyaku
今年も白いヤマシャクヤクの花が咲きました。
うす緑色だったつぼみが、次第に大きな白い玉となり、期待が高まり
ました。
いつ咲いてくれるのか…と、毎日のように覗いていましたが、数日前
ついに麗しい笑顔を見せてくれました。
ふわふわとした白い花びらは、まるで柔らかい和紙で出来たようです。
花の中には黄色いシベが見え隠れし、揺れる炎のようでもあります。
和の風情が漂う明かりのようで、静かに和んでいくのを感じました。

2012年5月 8日 (火)

よろこびが…

26lilac
27lilac
ライラックの花が咲き出しました。
さわやかな風に揺られながら、甘い香りを漂わせています。
数年前、根もとのところで虫に食べられてしまいました。
だめかと1度はあきらめましたが、うれしいことに新しい枝を伸ばして
くれたのです。
その枝の成長を見守りながら、花芽をつけてくれるのを待ちに待って
いました。
まだ若木なので花付きはよくありませんが、何年ぶりかで出会えた
よろこびを噛みしめているところです。

2012年5月 6日 (日)

華やぎの

24niwazakura
25niwazakura
さわやかな風に追われるようにしてニワザクラが微笑み始めました。
ピンクに染まった花は2cmほどと小さいですが、幾重にも花びらが
重なり合っていてたいへん華やいで見えます。
今年は桜まつりに行けませんでしたので、この麗しい花姿を借りて
そのなぐさめにしようと思っています。
季節の巡りが遅い風の丘にも、初夏の花たちが咲き始めようとして
います。

2012年5月 3日 (木)

妖怪のよう…

22rashoumonkazura
23rashoumonkazura
きれいな紫色はよく目立ちますが、異様な花姿にはたいへん驚か
されます。
つぼみは首をそろえて獲物を狙う動物のようでもあり、咲いた姿は
目玉をむき出し口を大きく開けて、こちらを伺っているようです。
口元には不気味なヒゲが生え、大きな舌には紫の模様があります。
名前も恐ろしい妖怪を連想させるラショウモンカズラと言います。
羅生門で討ち取られた鬼の腕に見立てて名づけられたそうです。

2012年5月 1日 (火)

白い鳥

20tokiwaikarisou
21tokiwaikarisou
うす黄色に染まったイカリソウや濃い紫色に彩られたイカリソウなどに
交じって、白いドレスをまとったトキワイカリソウが咲き出しました。
彩りのあるものはそれぞれ魅力的ですが、なぜか、風恋はこの白い
イカリソウに心がいっそう惹かれるのです。
どこまでも清らかで澄んでいる表情に魅了させられたばかりではなく
その麗しい花姿が、まるで白鳥が翼を広げて大空を飛んでいるように
思われたからです。
悲しみを乗り越え、どこへ飛んで行こうとしているのでしょうか…

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »