« 空の色 | トップページ | 幻の花 »

2012年7月 5日 (木)

優美な花姿

67hanashoubu
68hanashoubu
今、こちらではあちこちで花菖蒲祭りが開かれています。
しっとりとした佇まいは、梅雨空にとても似合うような気がします。
ウチの庭でも、白地にうす紫の絞りが入った花と、江戸紫に染まった
ものが咲いています。
この優美で気品にみちた花姿を目にすると、ちょっぴり上品になった
ような気分になります…
これらも、お茶のお稽古で一緒になった方からいただいたものです。

« 空の色 | トップページ | 幻の花 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
花菖蒲花の形、花色も多彩で美しい花を咲かせて楽しませてくれますよね、
此方でもあっちこっちでまつりが開かれてますが、まだ見に行ってないです、
今日見られてよかったです、ありがとうございました。

~☆ 風恋さんへ ☆~
梅雨空に似合いの花菖蒲は
繊細な花びらと気品に満ちた花姿は
人の目を引付けますね。
見ているだけで心が和みます。

降り続ける雨に逆らわず、
梅雨が明けるのを忍耐強く
待っているようです。

いえ、そうではなく、
忍耐強く待つように
人間を慰めているのでしょうか。

☆ igagurikun さんへ♪
 花菖蒲にはいろいろな種類があるようですね…
 花の前に立つと、いつまでも眺めていたくなります。
 天気に恵まれたら、友だちを誘って近くの花菖蒲を
 見に行って来ようか…と思っています。

☆ 異邦人 さんへ♪
 薄い和紙で出来たような花びらと気品のある花姿
 には、ほんと魅了させられてしまいますね…
 しっとりと佇む姿は、シトシトと降りそそぐ梅雨空に
 お似合いだと思いました。

☆ Yamamoto さんへ♪
 梅雨と聞くと鬱陶しくて、早く明けてほしいと願い
 たくなりますね…
 この花菖蒲は、それを厭わずに仲良く咲き続けて
 いるようです。
 私たちは見習わなければなりませんね…
 ご訪問、ありがとうございましたm(__)m

あじさいも花ショウブも梅雨の時期にさくのにどうしてこんなにさわやかな印象をうけるのでしょう!
見ているだけでじめじめ感が吹き飛びますね。
きっと梅雨の時期を楽しくするために神様が日本人にプレゼントしてくれたのでしょうね。

風恋さん☆こんばんはぁ~☆

そうなんですねぇ?こちら関西では
もう終わってしまいましたけれど、
やっぱり一月近く遅いようですねぇ?
でも、秋の訪れは風恋さんの所の
ほうが早いのは、どこで逆転するの
でしょうねぇ?ほんとに考えてみれば
面白いですよねぇ?
こちらは、七夕祭りで盛り上がって
いますよ。風恋さんのところは8月で
しょうか?♪winenight

風恋さん、今晩は☆
花菖蒲綺麗ですね~o(*^▽^*)o
白い色のも良いけれど紫色の濃い色が素敵
風恋さんのところでは今花菖蒲祭りですかいいですね。
濃い紫の色優美で上品で花姿も美しいですねbud

風恋さん.今日ピー助腫瘍がみつかった日です。
ピー助に言われた感じで前回の更新の記事から立ち直り
早く少し明るく更新供しましたhappy01
有難う風恋さんheart02

ribbon
ほのかな
風に揺れる
大きな花びらを持つ
優雅な「花菖蒲」、
平安時代の
歌会遊び
「曲水の宴」
を思い出しました。
bud
とてもゆったりと
素敵な表情の
花菖蒲を
すてきに
捉えた写真ですね・・、
notehappy01scissors

☆ macky16 さんへ♪
 しっとりと落ち着いた雰囲気の中にも、さわやかな
 印象がありますよね…
 なぜか、心も軽やかになるような気がします。
 梅雨の季節、紫陽花や花菖蒲はすばらしいプレゼ
 ントですよね…

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 寒い冬の季節が長く続くので、花たちもそれに合わ
 せて遅くなるのでしょう…
 厳しい季節を辿ってきたので、今咲く花たちも輝いて
 いるように思われます。
 今宵は七夕ですが、梅雨空のため天の川は見られ
 ないようです。
 8月の夏祭りに合わせて、七夕祭りが行われます。

☆ mikko さんへ♪
 今が花菖蒲の見ごろで、あちこちで祭りが行われて
 います。
 この花姿はとても優美で上品な感じがしますよね。
 ピー助ちゃんの病気が見つかった日だったんですね。
 つらい思い出だと思いますが、明るく歩んでいくこと
 をピー助ちゃんも願っているのかも知れませんね…

☆ どんぐり さんへ♪
 この花菖蒲が、優雅な平安絵巻を思い起こさせて
 くれる…、なんて奥ゆかしいすてきな感性なんで
 しょう…♪
 いつもドングリさんのお言葉には感動させられます。
 「曲水の宴」、毎年平泉の毛越寺の庭園で催されて
 いると聞いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空の色 | トップページ | 幻の花 »