« 愛しい小花 | トップページ | 良いことが… »

2012年11月15日 (木)

黒い宝石

74nubatama
75nubatama
暑い夏のころに、オレンジ色の花を咲かせていたヒオウギが実を
結びました。
大きなベージュ色のサヤが弾けて、この艶やかな黒いタネが出て
きました。
この宝石のような輝きを目にして、たいへん心が躍りました。
このタネは射干玉(ぬばたま)と呼ばれているようです。
和歌で、「夜」や「黒」「暗い」などにかかる枕詞「ぬばたまの」は
このタネの色から来ているのだそうです。

« 愛しい小花 | トップページ | 良いことが… »

」カテゴリの記事

コメント

風恋さん、今晩は。
本当に黒い宝石のようですね(o^-^o)
夏にオレンジ色のお花を咲かせていたヒオウギと
いう名前なんですか。
黒い実を結び素敵ですねcherry
タネは.ぬばたまと呼ばれているんですか。
初めて聞きました.和歌の夜.暗いなどから来ている
んですか.色々と解らない事も風恋さんのブログで
覚える事もありありがとうこざいますhappy01

☆ mikko さんへ♪
 オレンジ色の花から黒い実が生まれました。
 この漆黒の実は万葉のころから注目されていた
 ようで、ぬばたまという歌枕になったようです。
 ツヤツヤとした輝きがあり、まるで宝石のよう
 です。
 早速ご訪問いただき、ありがとうございました。

風恋さん☆こん晩はぁ~☆

ほんとに、黒い宝石の名にふさわしい種
ですねぇ?
一見、実のように思ってしまいますけれど、
種子だったのですね?
まだ、見たことないのですけれど、種の
大きさって南天の実くらいでしょうか?
あのイヌホウズキを思い出しましたけれど、
あちらは実ですよねぇ?同じ黒でも、こうも
輝きが違うのかと、あらためてヒオウギの種の
美しさに感動してしまいます☆winenight

オレンジの鮮やかな花とはちがって
実はすごく大人な雰囲気ですね。
つやつやしておいしそうです。
大人の味がするのかな???

~☆ 風恋さんへ ☆~
枕詞「ぬばたま」のヒオウギの実って
これなんですか。初めて見ました。
あのオレンジの花からこのような
実が出るとは思いませんね。
勉強になりありがとうございました。

ヒオウギの果実が裂けて艶のある種子が顔を出しましたね、
本当に宝石のように輝いてて綺麗です、
今年は合うことができなかったので、見られて良かったです。

☆ オレンジ(^-^)/☆ さんへ♪
 ツヤツヤと輝いていて、黒い宝石のようですよね。
 そうですね、ナンテンの実ほどの大きさです。
 イヌホウズキ…、小鳥が運んできたのか、風恋の
 庭にも一本生えています…(笑)
 まだ白い花も咲いていますが、黒い実をたくさん
 つけています。
 ヒオウギのような輝きはありませんが…

☆ macky16 さんへ♪
 花は、鮮やかでお洒落な感じもしますが、実は
 ほんとうに地味で、大人の感じですよね…
 おいしそうには見えますが、試していません(笑)

☆ 異邦人 さんへ♪
 あのオレンジ色の花から、こんな黒い実が生る
 なんて、想像もできませんよね…
 この黒光りのする「ぬばたま」を、万葉の人々は
 どんな思いで眺めたのでしょうね~
 歌に読みこむとは強烈な印象だったのでしょうね。

☆ igagurikun さんへ♪
 この間まではベージュの鞘だったのですが、つい
 最近になって黒い種が覗くようになりました。
 近くで見ると、ツヤツヤと輝いていて、きれいだと
 思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛しい小花 | トップページ | 良いことが… »