« 肩を寄せ合って | トップページ | 桃の節句 »

2013年3月 1日 (金)

雛飾り

51hinakazari
52hinakazari
いよいよ弥生、三月…、なんて心地よい響きをもった言葉でしょうか…
急に春が加速したようで、心もウキウキしてきます。
そして、桃の節句…、あちこちで雛飾りが公開されているようです。
隣町のふるさとセンターで、旧家の古い雛飾りを展示しているという
ことを聞いたので、早速友だちを誘って出かけてきました。
二十段ほど飾られていましたが、その中からうまく撮れたもの(?)を
アップすることにしました。
これは優美な顔立ちをした雛で、上品な雰囲気が漂っています。
子どもの健やかな成長を祈り、この壇飾りの前で和やかに過ごした
当時の情景が浮かんでくるようでした。

« 肩を寄せ合って | トップページ | 桃の節句 »

」カテゴリの記事

コメント

風恋さん☆こんばんはぁ~☆

ほんとに、そうですよねぇ?
でも、関西人より風恋さん所の人たちの
場合は、3月という月が待ち焦がれて
一入のものがおありなのでしょうねぇ?
昔のお雛様って今からすれば素朴な
ように思いますけれど、見ていると
安らぎを与えてくれるように思いました。
いつの時代のものなのでしょうねぇ?
いよいよ明後日ですよね?梅も見ごろで
素敵なひな祭りになることでしょう☆winenight

~☆ 風恋さんへ ☆~
今日関東地方では春一番が吹きました。
春って何となく空気や風が違いますよね。
だからおひな祭りは嬉しくなりますね。
このお雛様、顔立ちやお召し物にも
歴史を感じますね。

☆ オレンジ(-^*)/♪さんへ♪
 三月とは言え、まだ庭には雪が残っています。
 雪国では、春を待ちこがれる気持ちはひと一倍
 なのかも知れませんね…
 昔の雛人形は色褪せて、少し華やかさに欠ける
 ようになってしまいましたね。
 これは江戸末期の雛飾りかと思われます。
 こちらで桃の花が咲くのは4月になりそうです。

☆ 異邦人 さんへ♪
 春の訪れを肌で感じる「春一番」が吹いたの
 ですね…
 ほんと、ウキウキした気分になりますよね。
 江戸末期の雛人形のようですが、長い歴史を
 感じさせるものでした。
 この雛飾りの前で、どんな祭り模様が繰り
 返されてきたのでしょうね…

春が加速すると同時に花粉も
加速して飛んできてるようで
鼻水が止まりません><

江戸のひな人形...
時代を感じさせますね。

☆ macky16 さんへ♪
 そうですね…、春といっしょにやって来るものに
 花粉がありましたね。
 風恋は、今のところは大丈夫のようです…。
 こちらの旧家には、けっこう江戸雛が残っている
 ようで、それを見せてもらうのが楽しみなんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肩を寄せ合って | トップページ | 桃の節句 »