« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

紫色の花

84kikyou
85kikyou
まだ梅雨も明けないのに、風の丘では秋の花々が咲き出しています。
万葉の昔より、秋の七草に数えられてきたキキョウもその一つです。
夕方に覗いたときはつぼみだったのに、日が明けてから見に行ったら
紫色に染まった花が、風に揺れながら微笑んでいました。
みんなが夢を見ている頃、星の精でもやって来て銀の杖を触れたので
しょうか…
ひと際涼しげな表情に、心の中まで風が通りぬけたようで、爽やかな
一日になりました。

2013年7月28日 (日)

透明感がある花

82nejibana
83nejibana
ピンクのかわいい花をらせん状につけて、風に揺れています。
道ばたや芝草の中などで、よく見かけるネジバナです。
この可憐な花姿に魅せられて、花壇で育ててきました。
マクロで撮ってみたら、ガラス細工のような透明感のある花でした。
自然はすばらしい芸術家であるということを、改めて知らされたような
気がしました。
同じ株からこぼれた種でも、花のつき方が右巻きと左巻きが出てくる
から不思議です…

2013年7月26日 (金)

かわいい友だち

80noshimetonbo
81benishijimi
ヤマユリが咲く里山で出合った、かわいい友だちです。
上は翅の先に黒く染まり、黄色い胸の紋からノシメトンボでしょうか…
枯れたススキの先端に止まり、こちらを見たまま動こうとはしません
でした。
こちらの仕草や心の中を見透かされているようで怖くも感じました(笑)
下のチョウはオレンジの紋があるので、ベニシジミでしょうか…
白いハルジョンにやって来て、蜜を吸うのに夢中のようでした。
緑に映え、とてもきれいで、いつまでも心から離れませんでした…♪

2013年7月24日 (水)

爽やかな花

78tsuyukusa_2
79tsuyukusa
庭の片隅で、空の色を映したような色合いの花が咲いています。
この爽やかな色には、心が吸い込まれてしまいそうです。
黄色いシベが、いっそう鮮やかな花にしているようです。
精いっぱい咲いたのに、昼ごろにはすぼんでしまうツユクサです。
その命の儚さには、哀れさえ感じてしまう風恋です。
花言葉は「心変わり」なそうですが、冷めた色と見たのでしょうか…

2013年7月22日 (月)

繊細で華麗

76kawaranadeshiko
77kawaranadeshiko
秋の七草のひとつ、カワラナデシコが咲き出しています。
ピンク色の花びらは細く裂けて、繊細で華麗な花模様を形作って
います。
ヤマトナデシコとも呼ばれ、その昔、可憐な日本女性の代名詞と
して使われたそうですが、今は女子サッカーの「なでしこジャパン」
として馴染み深いですね…
まだ梅雨明けもしていない風の丘ですが、知らず知らずのうちに
秋が覗きにきているようです。

2013年7月20日 (土)

秋の気配が…

74yamahagi
75yamahagi
ヤマユリが咲く里山では、ヤマハギもほころび始めていました。
赤紫色の花が、緑に映えてたいへんきれいです。
一つひとつは小さい花ですが、たくさん寄り集まると印象が強まります。
風に揺られても止まったチョウは少しも飛び立とうとはしませんでした。
ヤマハギのころになると、風の丘にも秋の気配が感じられるようになり
ます。

2013年7月17日 (水)

とてもお洒落

72yamayuri
73yamayuri
里山の縁を通ったら、ほのかに良い香りが漂ってきました。
さらに前へ進むと、山百合の花たちが笑顔で出迎えてくれました。
白い花びらには赤い斑点があり、真ん中には真っ赤なシベが揺れて
とてもお洒落に見えました。
この色の取り合わせに魅せられ、何度かお絵かきのモチーフに使い
ました。
山百合が咲きだすころにはヤマハギもほころび始めて、秋の兆しを
感じるようになります。

2013年7月15日 (月)

涼しげな花

70namikisou
71namikisou
青紫をした涼しげな花が、ふたつ並んで咲いています。
横から見ると、伸びやかにうねり、寄せてくる波のようにも思われます。
昨年、日本海の海岸で出合い、色の美しさに惹かれて、ひと株連れて
帰ったものです。
タツナミソウの仲間で、ナミキソウ(波来草)という花です。
すてきな名前と、さわやかな印象にはすっかり魅了させられています。

2013年7月12日 (金)

「ありがとう」

68saboten
69saboten
透明感がある艶やかな花びらを広げ、絹糸のようなシベを長く垂らして
咲いたクジャクサボテンです。
この優雅で燃えるような花姿を目の前にした時、どのように表現したら
いいのか…言葉が見つかりません。
古くなった株ですが、今年は4個も咲いてくれ、「ありがとう」の一言しか
思い浮かびませんでした。
少し涼しいところへ引っ越しさせて、ゆっくり休ませてあげようと思って
います。

2013年7月 7日 (日)

「かき氷」

66ichigomilk
67ichigomilk
赤い鳥のような花が咲いています。
どれも二つ仲良く並んでいて、とても微笑ましく映ります。
チェリーセージの一つでイチゴミルクというかわいらしい名前がついて
います。
今日は風の丘でも30℃を記録し、ぐったりするような日となりました。
この花のような、イチゴミルクの「かき氷」が欲しかったです(^o^)/
これから猛暑日が続くそうですが、毎日食べたらお腹を悪くするし…、
困っています(笑)

2013年7月 4日 (木)

優美な佇まい

62hanashoubu
63hanashoubu
64hanashoubu
65hanashoubu
花菖蒲園へ行ってきました。
見ごろは過ぎた感じでしたが、いろいろな花菖蒲が咲き競っていて
その優美な佇まいには心がとりこになりました。
この花のように、しっとりとしたところが少しでもあったらいいのに…、
と思いながら家路につきました(*^_^*)
1枚目の紫の花は江戸系の「天女の冠」、2枚目は「新朝日の雪」と
いう肥後系の菖蒲です。一番下も肥後系の花で、「玉津島」という
名札がついていました。
3枚目の黄色い花は「愛知の輝き」という菖蒲でした。

2013年7月 2日 (火)

蔵王の花たち

59zaou
60komakusa
61hakusanchidori
仕事を休ませてもらい、お絵かき仲間でスケッチ旅行をしてきました。
目的地は蔵王で、まず頂上の「お釜」を見下ろせるところに行きました
天気も良く、「お釜」の水はエメラルドグリーンに彩られていました。
でも、風恋は冷たい風に手が凍えて、スケッチできませんでした(>_<)
頂上から下ったところに、「こまくさ平」という見晴らしの良い場所があり
そこで、風恋は「お釜」の後に見える残雪のある山を描くことにしました
付近にはコマクサが自生していて、私たちの目を和ませてくれました。
また、ピンク色のハクサンチドリが、優美な佇まいを見せていました。
中腹にあるホテルでは夜遅くまで話しに花が咲き、楽しく過ごしました。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »