« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

まぶしい花

07takasagoyuri
08takasagoyuri
白い妖精が舞い下りたのではないか…、とも思われました。
鉄砲百合にも似た、タカサゴユリ(高砂百合)が咲いています。
1mもある茎の先に咲いた花は真っ白で、とてもまぶしく映ります。
しずかに揺れ動く様子は、純白の花嫁がそぞろ歩く姿とも重なります。
そんなところから名づけられたのでしょうか、「高砂百合」という大変
目出度い名前なのです。

2013年8月25日 (日)

しゃれな花

05hiougi
06hiougi
庭の片隅で咲いたヒオウギ(桧扇)という花です。
葉のつき方が桧扇に似ているのでつけられた名前なそうです。
一本の花茎に4~5個の花を水平に開き、咲いたよろこびをみんなで
称えているようです。
オレンジ色の花びらには赤い斑点が入り、とても華やかでおしゃれな
花に映ります。
一日花ですが、つぼみがたくさんあるので次々と咲き、庭を賑やかに
してくれています。

2013年8月23日 (金)

香りの良い花

03kuchinashi
04kuchinashi
この間友だちのとこを訪ねたとき、何とも言えない良い香りが出迎えて
くれました…♪
門の脇で白い花が咲いていて、甘酸っぱい匂いが漂っていたのです。
チャイムを押す前、胸いっぱいに香りを吸い込み、とても幸せな気分に
なりました。
友だちとの会話も弾んだことは言うまでもありません…(^o^)/
八重咲きのクチナシで、残念なことに実は生らないのだそうです。

2013年8月20日 (火)

好きな花色

01marubarukou
02marubarukou
2cmにも満たない花ですが、この鮮やかな朱色は目を引きつけます。
毎朝10数個の花をつけ、玄関先を賑やかに彩っています。
葉っぱに細かい切込みがあるハゴロモルコウソウとちがって、これは
アサガオのような丸い葉をしたマルバルコウです。
鮮やかながら落ち着いた朱色…、クンシランの花色にも似ていますが
風恋が好きな色の一つです。
花壇から逃げ出した花を、道ばたなどでよく見かけることがあります。

2013年8月18日 (日)

暑くはないの…

98gagaimo
99gagaimo
これも、里山の道脇で出合った花です。
やはり草むらにツタを絡ませ、顔を寄せ合うようにして咲いていました。
ピンク色に染まった花びらをそり返して、とてもかわいらしい表情をして
います。
でも、全体が白い綿毛に包まれていて、この炎天の下で暑くはないの
でしょうか…、ちょっと気の毒な感じがしました。
ガガイモという変わった名の花ですが、葉がガガ(スッポン)に似ていて
地下に芋があるのでつけられたのだそうです。

2013年8月14日 (水)

「あぶく」の花

96kusafuji
97kusafuji
里山の脇を通ったら、草むらにツタを絡まるようにして咲いている花に
出合いました。
涼しげな色合いに惹かれて、車を止めるてみると、蝶のような姿をした
花が群がるように咲いていました。
水槽の下から舞い上がる「あぶく」の花のようでもあり、暑さも忘れて
佇んでしまいました。
カラスノエンドウを大きくしたような葉っぱをしていたので、家に帰って
から調べてみたらクサフジのようでした。

2013年8月11日 (日)

いつまでも清純で

94sennou
95sennou
ひと株だけ白い花が咲いたのです。
お茶の先生からいただいていたマツモトセンノウを、種から育てて
きました。
思いがけない白い花にドキドキするやら、ワクワクする思いでした。
周りの赤い花に負けないで、いつまでも清純な姿を持ち続けてほしい
と願わずにはいられません。
秋になっら種を採って、来年はたくさん咲くように育てたいと思います。

2013年8月 8日 (木)

いっそう優雅

92natsuzuisen
93natsuzuisen
友人のとこを訪ねたら、門の脇で優しく出迎えてくれた花がありました。
ヒガンバナの仲間のようで、ナツズイセンという花です。
淡いピンク色に染まった花からは、シベがしなやかに伸びていました。
この花を、いっそう優雅なものにしているようです。
友人との話も、何となく穏やかな雰囲気で進んだように感じられました。
花言葉は、「くつろぎ」なそうですが、ぴったりのような気がしました。

2013年8月 6日 (火)

折り目のある花

90rukousou
91rukousou
仕事に出かけるとき、かわいい笑顔を振りまきながら見送ってくれる
ハゴロモルコウソウの花たちです。
「今日も、子どもたちの幸せのためにがんばろう…♪」と思いながら
仕事先に向かう風恋です。
玄関先のプランターで、毎朝10数個の赤い花を咲かせてくれます。
小さい花ですが、花びらには星型の折り目がくっきりとついていて
とても印象に残る花です。
葉っぱには細かい切り込みがあり、たいへん涼しげに感じられます。

2013年8月 4日 (日)

可憐な美しさ

88rengeshouma
89rengeshouma
うつむき加減に咲く、この可憐な花姿に魅せられて、数年前、生協の
カタログ販売で求めました。
昨年はつぼみが4個ほどでしたが、今年は株も大きく育ってつぼみが
10個もつきました。
大きく開いた薄紫色の萼片の下には、濃い紫色をした釣鐘状の花が
ついています。
この和紙を染めたようなグラデーションの美しさは、自然が作ったもの
とは思えず、ただ見とれてしまうばかりです。
 *追記 レンゲショウマという花です。

2013年8月 1日 (木)

庭の仲間たち

86nukegara
87hanaabu
庭の片隅で、羽化したばかりのセミの脱け殻を見つけました。
空ろな姿に一抹の寂しさを感じましたが、どこかで麗しい歌を奏でて
いるかも…と思うと、心が和らぎました。
その隣りの紫陽花へ目を移すと、ちょぅどハナアブがやってきました。
縞模様の入った黄色いドレスを身につけ、大きな翅は銀色に輝いて
いて、とても華麗な出で立ちです。
紫陽花のステージで、すばらしい舞子ぶりを見せてくれました。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »