« 凛と咲く | トップページ | 雪の花 »

2013年12月26日 (木)

癒されて

93seiohbo_1

94seiohbo_1

今年も、大船渡にある「世界の椿館」へ行ってきました。
ここへは大震災で大被害を受けた高田市を通らなければなりません。
そこでは大型ダンプが行き交い、道路沿いには新しい建物も見えず、
まだ復興半ばという感じがして、たいへん胸が痛みました。
「椿館」では、咲いているのは半数ほどでしたが、明るく微笑む椿に
心が癒されました。
この薄ピンク色に染まった「西王母」は控えめで初々しい印象があり
茶花にもよく使われるようです。

« 凛と咲く | トップページ | 雪の花 »

」カテゴリの記事

コメント

~☆ 風恋さんへ ☆~
早い復興を望んでいますが、
なかなか建設などが進まないようですね。
今年ももう僅か!
そんな中励ますように冷静に咲いている椿に
安堵感が過ります。

☆彡 異邦人 さんへ♪
 復旧、復興が思うように進まないことに、焦りを
 感じる今日この頃です…
 椿館では侘助や早咲きの椿が咲き出していました。
 どれも可憐で穏やかな表情をしていて、たいへん
 心が和みました…♪

風恋さん、今晩は~night

今日から寒波で、気温も一桁で30日くらいまで
寒いようですねsad
「世界椿館」へ行かれたんですか。
大震災の彼我に遭われた.高田市を通らなければ
行けなくその震災の跡は見るも無残できっと私も
行っていたら、心が痛むと思います。
復興はまだまだ先になりそうですし

でもそんな時、淡いピンク色の椿のお花を見ると
心が癒され勇気を貰えますねmaple
可憐な優しく微笑む椿のお花を今年最後に見せて
頂いて、今年は大晦日はマスターのお店で年越ですnoodle
風恋さんも、風邪に気を付けて良いお年をお迎え
下さいね。
来年も宜しくお願いします(/ ^^)/アリガトネ

「セイオウボ」って言うのですね。
読み方が分からないので検索してみました(笑)
一重咲きのお花は茶花にもピッタリですね♪

名前にまつわるお話も味わい深く
より一層素敵に感じます~♪

風恋さん☀こん日はぁ~☀

優しさを、そっと掌で包み込んでるようで
ほんとに温さに心が和みます。
この前、ベトナムの椿(未アップ)を撮り
ましたけれど、これは、中国原種なの
でしょうか?そういえば、家庭の庭に
椿が植えれれているところって、ほんとに
少ないのではないでしょうか?
ほとんど、サザンカのようなイメージが
あります。でももう、椿が嫌われるって
ことも少なくなってきているのでしょうねぇ?☀sunsnowcamera

☆ mikko さんへ♪
 復興半ばの街路を通ったときは、ほんと心が
 痛みました。
 咲いていた椿の中から、50種ほどを撮って
 きましたが、いちばん優しさが漂う西王母を
 まずアップすることにしました。
 寒波がやってきましたが、お互いに風邪など
 引かないようにしましょうね…
 一年間、たいへんお世話さまでした

☆ きょんきょん さんへ♪
 この「西王母」は簡素な中にも、奥深い雅な
 印象があり、茶花としてよく用いられますね。
 お気に入りの椿なので、庭に2本ほど植えて
 あります。
 名前の由来を知ると、愛着が深まりますよね。

☆ オレンジ(-^*)/♪さんへ♪
 この「西王母」は半開きのときが、もっとも
 きれいかナ…と思っています。
 名前の印象から中国原産かと思いがちですが
 石川県で作出されたもののようです。
 散る様子が悪いイメージがあるということで
 昔は庭に植えないようにしていたようですね。

陸前高田は、酷かったですからね。。。
どなたかがおっしゃった復興なんてまだ先、復旧がまだまだ追いつかないと言う言葉が心に刺さりました。
政府は、無関係なところに金を使うが、とにかく被災地に人物金を回して欲しいです。
西王母、優しいピンクに温かく包まれる印象です。

☆ 凪々さんへ♪
 大震災で壊滅的な被害を受けた沿岸部などでは
 まだ復旧復興がままならず、見たり、聞いたり
 するたびに、むなしさを感じてしまいます…
 優しい色合いで控えめに咲く「西王母」の姿に
 すっかり心がとりこになりました…♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 凛と咲く | トップページ | 雪の花 »