« 松島の桜 | トップページ | 儚げな花 »

2014年4月22日 (火)

白いタンポポ…

83senbonyari_1

84senbonyari_1

白いタンポポのような花が咲きだしました。
タンポポを一回りも小さくしたようなかわいい花です。
花びらの外側は薄紫色に彩られていて、目を楽しませてくれます。
この花姿のイメージとはちょっとかけ離れた名前なのが残念です。
センボンヤリ(千本槍)という怖い名前です。
秋に再び咲く花の姿を、槍に見立てて名づけられたのだそうです。

« 松島の桜 | トップページ | 儚げな花 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

可愛い花ですね。
シロバナタンポポとは違うのですね。
そういえば花弁が少ないような。
花弁を槍に見立てた命名、なるほどと思います。

~☆ 風恋さんへ ☆~
可愛い花ですが千本槍とは
これまさにそのように見えますね。
花びらの外側は薄紫色も特徴ある花びらですね。

こんにちは、
もうセンボンヤリが咲きましたか、
いつもフデリンドウを見に行った時に見てました、
裏側が紫色になることからムラサキタンポポとも言われるそうですね、
今度の週末にでも見に行ってみます、

☆ jun さんへ♪
 このセンボンヤリは見逃してしまいそうな
 小さい花なんです。
 花びらの数も少なくシロバナタンポポとは
 違うようです。
 秋にも閉鎖花を咲かせますが、この花姿を
 槍に見立てて名づけられた名前なそうです。

☆彡 異邦人 さんへ♪
 小さくかわいい花なのに、千本槍という名前は
 ちょっとかわいそうな気がします。
 この春に咲く花を見て、名づけられていたなら
 すてきな名前になっていたかも知れませんね…
 花びらの外側が薄紫色に染まっていて、とても
 心が和みます。

☆ igagurikun さんへ♪
 小さい花なので、咲いたのを気づかないで
 いました…
 ムラサキタンポポと呼ばれているんですか?
 花びらの外側が紫色をしていますからね…
 フデリンドウも咲いているんでしょうね~♪

風恋さん、今晩は~☆
タイトルがタンポポとあり珍しいと思い見ていました。
上から見ると、白いタンポポ外側は薄紫の彩られて
白と薄紫色と二色楽しめますねbud
小さいお花で可憐ななのに、お花の見たイメージから
かけ離れた名前は残念ですね( ゚д゚)ポカーン
名前が、千本槍とは怖いというか恐ろしい名前で
このお花が可哀想な気持ちですsad
秋に再び咲く姿を、槍に見立てて名付けられたんですか
もう少し可愛い名前なら良かったですねcoldsweats02
初めて見たお花なのでじっくり見せていただきましたhappy01

風恋さん☀こん日はぁ~☀

わ~ほんとにしばし、白花タンポポって
思ってしまいましたよ~。
センボンヤリだったのですねぇ?ほんとに
センボンヤリとは相応しくない名前ですよねぇ?
どうして千本ヤリって思ってしまいますぅ。
それに、千本もないですよねぇ?
この名付け親の方、歴史好きだったのかも
しれませんねぇ(笑)たぶん男性の方でしょうね?
女子でしたらこのような名前にはなってなかったよ
うに思います。
でも一度聞けば忘れられないようなインパクト性は
大なように思います。
年に二度咲きって珍しいのでしょうか?四季桜を
連想してしまいました。四季桜は、春が花数も
多くて満開感が強いですけれど、センボンヤリは
春も秋も同じ状態のお花を咲かせるのですか?☀suncamera

おはようございます。

千本槍というのですか。
初めてみました。

きれいな花ですね。
東京にも咲いてるのかな??
薄い紫っていいですね。
すごく好きな色です。

☆ mikko さんへ♪
 小さい花なので、山野では見逃してしまい
 そうなんです。
 白いタンポポのような表情をしていますが
 花びらの裏は紫色に染まっています。
 秋に咲く花は、槍のようなものがたくさん
 伸びるんです。
 春の花からは千本槍のイメージは感じられ
 ないですね…

☆ オレンジ(-^*)/♪さんへ♪
 秋に咲く閉鎖花が一株から何本も立ち上がり
 その様子が槍のように見えるので、千本槍な
 そうです…
 この春の花からは想像もできませんね…
 一度聞いたら忘れられない名前ですが、少し
 怖い印象ですよね。
 この春の花を見て、名づけてもらいたかった
 です。

☆ さちこ さんへ♪
 きれいな花にはふさわしくない名前のように
 思われました…
 もっとかわいい名前はなかったのでしょうか。

☆ macky16 さんへ♪
 花びらの裏が紫色に染まっているんです。
 優雅な感じがして心が惹かれますよね…
 東京の大きな庭園などでは見られるかも
 知れませんね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松島の桜 | トップページ | 儚げな花 »