« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

秋風のよう…

93toteiran

94toteiran

さわやかな青紫に染まった花が咲きだしています。
この花を目にすると、秋風に包まれたような心地になります。
数年前に、お友だちのところからやって来たトウテイランという花です。
漢字では「洞庭藍」と表し、花の色が中国の洞庭湖の藍色のようだと
いうことで名づけられたようです。
花はもちろんですが、銀白色の葉にも目が惹かれます…☆

2014年9月26日 (金)

可憐な花姿

91yuhzengiku

92yuhzengiku

日を浴びて、輝くような笑顔を見せる友禅菊です。
薄紫色の花びらと黄色いシベのコントラストがとても美しい花です。
華麗な赤紫色もありますが、こちらは可憐さがいっそう目を引きます。
友禅というと加賀友禅を思い浮かびますが、こんな花模様の着物を
一度は着てみたいものです…(笑、無理ですね…)

2014年9月21日 (日)

季節の花

88umebachisou

90umebachisou

高原への道ばたで、白い花が風に揺れていました。
この花も季節を忘れることなく、涼しくなったのに合わせて
咲きだしたようです。
清楚で可憐な姿をしたウメバチソウの花です。
花が「梅鉢紋」に似ているので、こう名づけられたようです。
花言葉は「いじらしい」なそうですが、ぴったりですよね…

2014年9月17日 (水)

華やかな花

86higanbana

87higanbana

庭の隅で彼岸花が咲きだしました。
今年は猛暑が続いたので、咲くのが遅れるのでは…と心配でしたが
やはり季節の訪れを忘れてはいませんでした。
むしろ例年よりも早めにほころんだ感じがします。
踊るような赤い花びらにはウキウキしますが、伸びやかにカーブした
シベの美しさには息をのむ思いがします。
この花の開花を境にして、風の丘ではいよいよ秋が歩み出します。

2014年9月14日 (日)

珍しい花姿

83tsurifune

84tsurifune

85tsurifune

里山の脇の湿ったところで、赤く染まった花がちらちら見えました。
よく見ると、長い花茎に吊り下がるようにして揺れていました。
筒状の花には大きめの下舌が伸び、中を覗くと赤い斑点がたくさん
あります。
後ろの方には巻いたしっぽのようなものがあり、一風変わった姿の
ツリフネソウです。
薄ピンク系の花がほとんどでしたが、濃い花も交じっていました。

2014年9月10日 (水)

繊細な花

81waremokou

82waremokou

小さな秋を探しに、高原の道をドライブしました。
道脇にはワレモコウの花が風に揺れていました。
赤褐色に染まった花はぼんぼり玉のようで、とてもかわいらしいです。
マクロで撮ってみると小さな花の集まりで、とても繊細な姿をしており
びっくりさせられます。
花の色も落ち着いた色合いで、風恋の好きな色のひとつです。
この花を目にすると、秋の足音が間近になったような気がします。

2014年9月 7日 (日)

裏庭の花

79hototogisu

80hototogisu

裏庭で咲きだしたホトトギスの花たちです。
上はヤマジノホトトギスで、斑点が少なく質素で清楚な感じがします。
日当たりのよい前庭では、初夏のころに一度笑顔を見せていました。
下は薄紫に染まっているタイワンホトトギスで、とても優雅に映ります。
ヤマジノホトトギスは7、8年前に山の川沿いから連れ帰ったもので、
タイワンホトトギスはお茶の稽古仲間からいただいたものです。

2014年9月 5日 (金)

初めての花

77ichibi

78ichibi

牧草地の脇の草むらで、黄色い花が咲いていました。
顔を寄せてみると、黄色いシベの周りにハート形をした花びらが
お行儀よく5枚並んでいました。
3cmほどしかないですが、笑顔がすてきな花だと思いました…♪
初めて出合いましたが、ネットで調べたら「イチビ」という花でした。
牧草などといっしょに日本にやって来た帰化植物なそうです。

2014年9月 2日 (火)

赤い鳥、青い鳥…

75sawagikyou

76sawagikyou

庭のウメモドキが赤く色づいてきました。
朝早くからヒヨドリがやって来て、賑やかについばむようになりました。
いよいよ実りの秋が近づいてきたようです。
花壇では赤いサワギキョウと、紫のサワギキョウが競演を始めました。
まるで赤い小鳥、青い小鳥が羽ばたいているようです。
赤い実や青い実を食べたのでしょうか…(^O^)/

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »